横浜市対応の弊社加盟店のご紹介

emp株式会社
emp株式会社は横浜のガラストラブルを長年解決し続けてきた会社です。ガラスは意外かもしれませんが、風が吹くだけで割れてしまいます。風速30メートル以上の風が吹き付けるだけでガラスというものは簡単に割れてしまうものなのです。割れたガラスはとても危険です。破片でけがをしてしまうのはもちろんのこと、破片が体内に残ってしまうと考えるととても恐ろしいです。そして何よりも怖いのはガラスは人の体を簡単に切断してしまえるくらいには鋭利なものであるということです。ガラスは時として凶器になります。人の命を簡単に奪ってしまえるようなものです。ゆえに取り扱いには細心の注意が必要です。専門の方でも必要以上に細心に注意を払うくらいです。困ったら迷わずに業者に相談することをおすすめいたします。早めの対応をすることが肝心になってくるのです。
アースホーム合同会社
アースホーム合同会社はガラスのことについて日々問題やお悩みを解決し続けてきた会社です。これまでに多くのガラストラブルを解決してきました。ガラスは様々なところに使われています。身近なところでは食器やコップなどにも使われており、最近だとスマートフォンの画面にもガラスが使われています。ガラスといえば窓ガラスを頭に浮かべる方も多くいらっしゃいますが、それ以外でもガラスは多く私たちの生活に密接にかかわっています。そしてガラスについてのトラブルは日々起きています。特に窓ガラスは簡単に割れてしまいます。ちょっとした衝撃や熱にとても弱いのです。もしそういったことが怖いという方には早急に強化ガラスや防火ガラスといった特殊ガラスへの変更をお勧めいたします。業者にご相談いただければこれからどうすればよいかという視野も広がってくるかと思います。
有限会社プログレス
ガラスが割れたりヒビが入ってしまった場合、皆様はどうしているでしょうか。有限会社プログレスはそんなガラスのトラブルを解決している会社の一つです。ガラスという物にはいくつもの種類がありますが、例え強化ガラスでも割れる時は割れてしまうのです。割れる原因は様々ですが、もしガラスが割れたりヒビが入ってしまった場合は危険ですので自分で処理しようとはせず、しっかりとした知識や経験を持っている人に任せたほうがいいでしょう。小さいお子さんがいる家庭ですと、子供の思わぬ行動でガラスが割れてしまったという経験をした事がある方が多いのではないでしょうか。子供というのは大人が考えている常識では考えて行動していないので、ガラスに物を投げて遊んでしまったり、叩いてしまうなんてことも十分にありえます。その際に割れて怪我をしては大変ですので、小さなお子さんがいる場合は割れにくいガラスに変えておくのがいいかもしれません。
横浜市のガラス修理交換サービス

横浜市のガラス割れ対策について

横浜市は夏場は高温多湿でじめっとした暑い時期を過ごさなければいけませんが、逆に冬場は乾燥しており、降雪量も少ない土地であるので、乾燥以外は気にしなくて良い土地になっています。そうではありますが、横浜市は海沿いの街であるので、一年を通しての寒暖の差が大きく、夏場は暑く、冬場は寒い気候であるので、1年を快適に過ごすには、窓ガラスをはじめとする住宅の工夫がとても大事です。特に窓に関しては、すき間風だけでなく、それが無くてもそのものの性能によって室内の温度に大きく関わってくるものです。住宅を快適に過ごすことが出来るようにする工夫として挙げられるのが複層ガラスです。こちらは横浜市内の8世帯の内1世帯が採用しており、こちらを利用することで、片方が割れてしまったときももう片方のガラスがあるので、防寒の面でとても安心です。また、さらに防犯面を高めるために、コーティングを施すと、割れにくく、破片も飛び散らなくなるので、安全面でも安心で、窓ガラス修理の際に一緒にコーティングを依頼する人も多いです。また、交換をしないで、コーティングのみでも充分な効果を得ることが出来ます。そうではありますが、交換の際に複層ガラスを選ぶことで、防犯性だけでなく、防音性や防寒性も得ることが出来るので、特に寒い冬場を乗り越えるにはオススメであると言えます。また、防湿性もあるので、特に蒸し暑い夏場であると、結露することによって窓枠にカビが生えてしまうことも少なくは無く、そのようなことも避けることが出来、家の衛生面を保つうえでもとても良いと言えます。基本的には、少しでもひびが入ってしまうと、その性能が劣ってしまう、また、性能が無くなってしまうので、すぐに業者に依頼して、修理・交換を行いましょう。また、近頃では複層ガラスよりも安価で防熱・防犯作用の高いものも多数ありますので、そちらを利用することで修理費用にあまりお金をかけないことも可能です。

横浜市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年11月03日
    エリア
    神奈川県横浜市神奈川区
    参考金額
    17,000円

    障子の下のガラスが割れてしまったため、交換をしたいとのことでした。縦800ミリメートル×横600ミリメートル、厚さ2ミリメートルのすりガラスでした。施工の希望日は相談をしてから決めるとのことでした。

  • 受付日
    2016年10月30日
    エリア
    神奈川県横浜市緑区
    参考金額
    20,000円

    勝手口にあるドアのガラスが破損したため修理をしてほしいというご依頼がありました。ガラスの種類はすりガラスで寸法は縦600ミリメートル横300ミリメートル、厚さが3ミリメートルとお伝えがありました。施工は急ぎではないが、一度様子を見に来てほしいとのことでした。

  • 受付日
    2016年10月28日
    エリア
    神奈川県横浜市瀬谷区
    参考金額
    17,000円

    ベランダの吹き出し窓の上下分かれている部分の下部の交換をご希望でした。すりガラスで、縦830-840ミリメートル、横は700ミリメートルとのことでした。まずは電話で概算について知りたいとおっしゃっていました。

  • 受付日
    2016年10月06日
    エリア
    神奈川県横浜市保土ケ谷区
    参考金額
    20,000円

    食器棚のガラスが割れてしまったので、交換したいという方からご相談が寄せられました。食器棚の扉部分のガラスで、ガラスの種類はフロートガラス、寸法は縦1000ミリメートル、横400ミリメートル、厚さは不明。お急ぎのご様子で、施工希望日は最短を希望されていました。

  • 受付日
    2016年08月26日
    エリア
    神奈川県横浜市栄区
    参考金額
    18,000円

    分譲の戸建住宅での作業中にガラスを割ってしまったため、至急の対応を希望されていらっしゃいました。そのため厚さとサイズは不明であるとのことでした。窓に使用されているもので種類はルーバーガラスであるとのことでした。分譲住宅の作業を依頼されている会社様より、ご依頼をいただきました。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼