ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 最新情報・レポート > 火災保険は窓ガラスに使える!最速で修理費用を補償する申請手順を解説

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

火災保険は窓ガラスに使える!最速で修理費用を補償する申請手順を解説

火災保険は窓ガラスでもOK!適用条件と申請手順をわかりやすく紹介

「窓ガラスにヒビが入ってしまった!最悪だ……」
子どもがボールをぶつけたり、台風のせいで亀裂が入ったりなどの急なトラブルで窓ガラスが割れてお困りではありませんか?

「直すしかないし修理費用が高そうで心配」と、何か使える保険や補償がないかと探している方に朗報です。
じつは、ご家庭で契約している火災保険を使うことで窓ガラスの修理費用の一部が保険金で下りる場合があります。

火災保険は火災のみならず、災害やトラブルなどのさまざまな被害で失った家財を補償する制度だからです。

そこで今回は、窓ガラスの修理費用を火災保険でカバーできるのか、ケース別でわかりやすくご紹介します。

また、実際にどのくらいの保険金が下りるのか、火災保険を申請する流れまで具体的に紹介しています。

この記事を参考にして火災保険を使い、ご家庭の生活にお役立てください。

危険なガラストラブルはプロにお任せ! 修理・交換にスピード対応。 累計問合せ件数210万件以上※ 24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-127-008 メールで相談する
※ 当サイト記載の累計問合せ件数について、弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。

火災保険は窓ガラスにも対応!保険が下りる4大ケース

保険が下りる可能性が高いケース
  1. 自然災害
  2. 熱割れ
  3. 不注意による過失
  4. 他人からの危害

火災以外の窓ガラスの破損で火災保険が下りるケースは、大きく分けて上記の4つです。
それぞれ具体的にどんな状況に対応しているのか見てみましょう。

ケース1:自然災害

火災保険では多くの自然災害に対応しています。
具体的には、以下のケースであれば自然災害事由による火災保険の適用が認められやすいです。

風災:台風や強風の風圧や飛来物で窓ガラスが割れた
雹災:雹(ひょう)やあられが窓ガラスに当たって割れた
雪災:積雪の重みや崩れで窓ガラスが割れた
水災:豪雨による流水や土砂崩れで窓ガラスが割れた

なお、地震により窓が割れるケースは火災保険の適用外です。
地震が原因で起こる被害の場合は地震保険の範囲となるため注意しましょう。

ケース2:熱割れ

熱割れとは、ガラスの極端な温度差により窓ガラスが割れてしまう現象のことをいいます。
熱割れは下記イラストのように、1~2本の亀裂ような形でガラスが割れるのが特徴です。

窓ガラス_熱割れ

熱割れは自然災害とは少し違うように思えますが、保険会社では以下のように保険金の対象に値する事例として認められることが多いです。

窓ガラスが熱割れの被害にあった場合、不測かつ突発的な事故として支払対象になりますか?
支払対象になります。
熱割れはガラスが熱によって割れる自然現象であり、不測かつ突発的な事故として扱います。
※損害の額が自己負担額以下の場合は保険金の支払いの対象となりませんのでご注意ください。
なお、自己負担額について、保険始期ごとに以下ご確認ください。

引用:損保ジャパン

また、熱割れが原因で窓ガラスが割れたなら、修理後にしっかりと対策しないと再発するおそれがあります。

冷暖房の風をガラスに当てない、ガラスに密接して物を置かないなど工夫をして、窓ガラスの中と外の温度差に気を付けましょう。

二度と窓ガラスを熱割れさせないために知っておくべき発生原因と対処法

ケース3:不注意による過失

「不注意で物をぶつけて窓ガラスが割れた」「子どものボール遊びで窓ガラスが割れた」
このような、不注意によって窓ガラスが割れた場合でも火災保険は使えます。

ただし、加入している火災保険のプラン次第では対応できない場合があるため注意が必要です。
ご家庭で加入しているプランで保険適用が認められるか、保険会社に相談しましょう。

ケース4:他人からの危害

空き巣犯に窓ガラスを割られたり、イタズラなどの迷惑行為により窓ガラスを割られたりした場合も火災保険の対象です。

また、窓ガラス以外に空き巣犯に壊されたものがある場合は、そちらにも火災保険が適用される場合があります。
そちらも含めて補償してもらえるか保険会社に相談してみましょう。

状況により火災保険の適用外となる場合もある

火災保険を使えば窓ガラスの修理費用を補償してもらえます。
しかし、以下のケースでは火災保険の適用外になります。

火災保険の適用ができないケース
  • 窓ガラスが割れた原因が不明である
  • 古い窓ガラスが経年劣化で割れた
  • 修理不要なほどの小さな破損
  • 火災保険の加入プランに窓ガラスの補償が入っていない
  • わざと窓ガラスを壊した
  • 地震によって窓ガラスが割れた
  • 修理費用が少額である

火災保険の補償額は「方式」により異なる

火災保険で補償される金額は、ご家庭で契約している火災保険が「免責方式」「フランチャイズ方式」かで変わります。
それぞれの方式について詳しく解説しますので、どのくらいの保険金が下りるのか確認してみましょう。

免責方式

免責方式とは、契約にて設定された免責金額よりも高い修理費用になる場合に、保険金が支払われる方式です。
保険が適用されれば免責金額分の自己負担額で済み、そうでない場合は全額自己負担になります。

なお、保険金として補償される費用は「修理費用ー免責金額」で求めることができます。
具体例として、免責金額が3万円だったときを想定としたシミュレーションを作りましたので参考にしてみてください。

【免責費用3万円でのシミュレーション】

・修理費用が10万円だった場合
10万円ー3万円=7万円
自己負担:3万円 保険金:7万円

・修理費用が3万円だった場合
3万円ー3万円=0万円
自己負担:3万円 保険金:なし

フランチャイズ方式

フランチャイズ方式とは、一定の金額を超えた修理費用を全額補償する方式です。
適用されれば自己負担額0円ですが、免責方式と同じく設定された金額未満の修理費用は一切補償されません。

こちらも、わかりやすくなるようにシミュレーションを作りました。
仮にフランチャイズ方式の設定額が20万円だった場合、修理費用の金額によって以下のようになります。

【フランチャイズ方式20万円のシミュレーション】

・修理費用が30万円だった場合
自己負担:0円 保険金:30万円

・修理費用が15万円だった場合
自己負担:15万円 保険金:0円

火災保険が適用されるまでの5ステップ

割れた窓ガラスに火災保険が使えるとわかったら、必要な手続きをおこなって保険金を受け取りましょう。

保険金を受け取るためには以下の5つのステップを踏む必要があります。
スムーズな手続きができるよう、これから解説する内容を覚えておきましょう。

補償までの手順
  1. 被害状況を確認・記録する
  2. 保険会社に相談する
  3. ガラス修理業者に相談する
  4. 必要な書類を保険会社に提出する
  5. 審査通過後30日以内に保険金が振り込まれる

ステップ1:被害状況を確認・記録する

まずは、窓ガラスが割れた状況をよく確認しましょう。
状況確認をする時に気をつけることは、割れた箇所に触らずにしっかりと記録を取っておくこと。

いつ、どのような状況でどれくらい割れたのかをメモ書きや写真などで記録してください。
これらの情報は、これから修理業者や保険会社に説明するときに必要となります。

ステップ2:保険会社に相談する

次に、保険会社に問い合わせをして先ほど確認した被害状況を伝えて、保険が使えるか確認します。

問い合わせには、火災保険の保険証や証券番号も必要ですので用意してから連絡しましょう。
証券番号等は、契約書類や保険会社の公式サイトへのログイン先のマイページにて確認できます。

ステップ3:ガラス修理業者に相談する

保険会社へ提出する書類の用意や修理費用の見積りのため、ガラス修理業者に相談をします。
この際、ガラスが割れたときの被害状況や火災保険を利用する旨をしっかりと伝えておきましょう。

ステップ4:必要な書類を保険会社に提出する

火災保険の申請に必要な書類
申請者が用意する書類 修理業者が用意してくれる書類
  • 保険金請求書
  • 被保険者を証明する書類
  • 被害原因を証明する書類
  • 調査報告書
  • 修理見積書

火災保険の申請には、おもに上記の書類が必要となります。
左の3種類の書類を、修理業者が報告書を作っている間に用意しておくと申請がスムーズにいきます。

各書類の詳細については、保険会社の公式サイトにて詳しい内容が載っている※ため、わからないことがあれば確認や問い合わせをしましょう。

また、保険金請求書は保険会社の公式サイトにあるフォームでダウンロードしたものを使用するか、保険会社に直接問い合わせて書類を取り寄せます。

※参考:保険金のご請求に必要な書類一覧|損保ジャパン

ステップ5:30日以内に保険金が振り込まれる

火災保険の申請が済んだら、あとは審査をしてもらい保険金の振込を待つだけです。
保険金の振り込みについては、保険法によると保険金の請求が完了した日を含む30日以内になります。

窓ガラスにおける火災保険のQ&A

ここでは、窓ガラスの火災保険で気になりやすい疑問をQ&A形式で回答しています。

Q1.賃貸住宅で窓ガラスが割れた場合、費用はどうなる?

賃貸住宅で窓ガラスが割れた場合は、状況により入居者か管理会社どちらが費用を負担するかが変わります。

具体的には、以下のように入居者に責任がある場合は入居者負担、そうでない場合は管理者負担が基本です。

入居者負担になるもの 管理会社負担になるもの
  • 不注意でガラスに物をぶつけて割った
  • わざとガラスを割った
  • 熱割れが発生した※
  • 外からボールが飛んできて割れた※
  • 経年劣化の影響で割れた
  • 自然災害の影響をで割れた
  • 空き巣被害で割れた

※原因が入居者の過失にある場合を除く

また、入居者負担でも賃貸の契約時に入居者が火災保険に加入していて、適用条件を満たしていれば火災保険が使えます。

いずれのケースにせよ、管理会社との相談の上で手続きを進めることになるため、賃貸で窓ガラスが割れたときはすぐに管理会社へ相談してください。

Q2.火災保険を使うと特級が下がる?

火災保険に特急制度はないため、利用してもデメリットはありません。
火災保険が使える状況なら、遠慮なく利用しましょう。

Q3.保険金の申請期限に時効はある?

火災保険料をさかのぼって請求できる期限は3年です。
期限に余裕がありますが、忘れないうちに早めに申請しましょう。

Q4.火災保険を使う場合、ガラス修理業者はどう選べばいい?

火災保険の申請について詳しいガラス修理業者に依頼したほうが、申請がスムーズです。
ガラス修理業者に依頼する際は、火災保険を使う旨をあらかじめ伝えましょう。

まとめ

窓ガラスの割れは多くの場合、火災保険で補償することができます。
今回ご紹介したケースでなら火災保険が使えるので、当てはまるなら保険会社に相談して手続きを進めましょう。

保険が下りる可能性が高いケース
  1. 自然災害
  2. 熱割れ
  3. 不注意による過失
  4. 他人からの危害

また、保険会社への相談の次は、ガラス修理業者に見積りや書類作成の準備をしてもらう必要があります。

弊社サイトであるガラス110番では、火災保険について詳しいガラス修理業者が多数加盟しています。
お見積りに必要な現地調査費用は基本無料※のため、お電話やメールにてお気軽にご相談ください。

※対応エリア・加盟店により無料での対応ができない場合がございます。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
ガラスのトラブルお電話1本で即日解決します! 今ならすぐにご対応可能です!24時間365日、日本全国対応! 無料通話 各種クレジットカードOK! 調査・見積り無料
メールで無料相談

現在、日本全国
最短10分で駆けつけます

0120-127-008