ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > ガラス・鏡の割り方と処分方法を解説!安全に作業するための準備とは

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

ガラス・鏡の割り方と処分方法を解説!安全に作業するための準備とは

使わなかったりヒビが入ったりした鏡を処分するために割る際には、安全のために服装や割り方に注意しましょう。なぜなら、ガラスで作られている鏡の破片はとてもするどいため、割るときにケガをする危険が高いからです。

この記事でご紹介する情報を参考に、安全な鏡の割り方で鏡を処分しましょう。

安全な鏡の割り方で重要なポイントは……準備と工夫!

鏡の割り方で重要となるのは、服装や道具です。この記事では、基本的にご家庭にあるものをご紹介していくので、用意しやすいです。また、割り方の工夫についても実践しやすい簡単な工程をお伝えします。万全な状態で鏡を割るために、ここでの内容を頭にいれておきましょう。

鏡を割るときの服装・道具

鏡を割るときの服装・道具

鏡を割るときには、体を保護するために、長そで・長ズボン、厚手のグローブや軍手、スリッパを着用しましょう。さらに、飛び散った破片が顔に向かって飛んでくる危険性も考えられるため、ゴーグルを着用するとより安全です。

道具については、鏡を割るためのカナヅチ以外に、破片が飛び散るのを防ぐために使うピクニックシート、ガムテープを用意してください。ピクニックシートがない方は、代用として新聞紙を用意しましょう。

破片が飛び散らない割り方

鏡を割るまえに、まずは鏡全体にガムテープをはって破片が飛び散りにくいようにしておきます。さらに、鏡全体をピクニックシート(新聞紙)でおおい、破片が飛び散ってしまった際の破片の広がりを防ぎます。このような対策ができたら、カナヅチで鏡を割っていきましょう。

強化ガラスの鏡の場合は、鏡の端から割ってください。強化ガラスは強度が非常に高いため、カナヅチで鏡をたたくときにカナヅチが跳ね返ってくることがあります。そのため、鏡に衝撃が伝わりやすい端から割っていくことで、カナヅチの跳ね返りを防ぐことができるのです。

割ったあとはていねいに掃除しよう

ガムテープやピクニックシートを使っても、周囲に細かい破片が飛び散ってしまうことがあるかもしれません。そのため、鏡を割ったあとは、鏡を割った場所とその周囲をしっかり掃除するようにしてください。また、掃除する際に手足をケガしないよう、鏡を割ったときのグローブとスリッパは身につけたまま作業しましょう。

もし大きな破片が飛び散ってしまっていたら、まずはそれらを拾います。掃除機をかけて細かい破片を取り除いていきます。拾った破片は、処分の際にケガしないよう、新聞紙で包んでおきましょう。

割った鏡の処分方法は自治体のルールをチェック!

鏡がどの種類のゴミに分類されるか、どのように回収されるかは、自治体によって異なります。

ここでは、一般的によくみられる鏡の処分方法をご紹介していきます。

【1】不燃ごみに出す

【1】不燃ごみに出す

ゴミ袋は、ゴミの分類ごとに指定されています。鏡をゴミに出す際には、分類に応じたゴミ袋を使用してください。 一般的に、鏡は不燃ごみに分類されることが多いです。

割れた鏡をゴミとして出す際には、回収する人がケガをしないよう、新聞紙などで包んで出すようにしましょう。また、自治体によっては「割れもの注意」などの注意書きをするよう指示があることもあります。

【2】粗大ごみに出す

姿見やドレッサー(化粧台)のような、もともと鏡がついていた家具の処分が必要な方もいらっしゃるでしょう。このような家具は、粗大ゴミに分類する自治体が多いようです。粗大ゴミの処分方法は自治体によって異なります。

たとえば、処分費用分のシールをコンビニやスーパーなどで購入し、家具にシールをはって粗大ゴミとして出す自治体があります。ほかにも、自治体が指定した処分場に持ち込んで処分費用を支払う自治体もみられます。

不用品回収業者を利用するのもアリ

ここまでは自治体による一般的な処分方法について解説してきましたが、自治体ではなく、民間の不用品回収業者を利用するのもひとつの方法です。

回収方法は業者によってさまざまで、直接店舗に持ち込んだり、出張で回収を依頼できたりする業者などがあります。処分費用は業者によって差があるので、よりお得に鏡を処分するためには複数の業者に問い合わせて費用を比較しましょう。

鏡の交換が必要な方はガラス業者に相談してみては?

不用品回収業者だけでなく、ガラス交換の業者のなかにも、鏡の交換といっしょに割れた鏡の処分を引き受けている業者があります。鏡の交換を検討している方は、処分をふくめてガラス交換業者に相談してみましょう。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

鏡を交換する際にかかる費用・おすすめの鏡の種類

この記事では鏡の割り方や処分方法を中心にご紹介してきましたが、さいごに鏡の交換についても簡単にご紹介していきます。鏡の交換を業者に依頼する際の費用や、おすすめの鏡の種類についてみていきましょう。

鏡の交換にかかる費用

鏡の交換にかかる費用

鏡の交換にかかる費用は、風呂場、洗面台などのように比較的小さい鏡であれば、10,000円から30,000円程度が相場です。いっぽう、クローゼット、玄関の収納棚についているような大きい鏡の場合、相場は15,000円から50,000円程度と、小さい鏡に比べて高くなります。

また、鏡の大きさ以外にも費用が高くなるポイントとして、鏡の取り付け方法や形状などがあげられます。ここでは相場費用をお伝えしましたが、実際の費用を知るには、業者に見積りを依頼しましょう。

鏡を交換する方におすすめの種類

鏡に使われる素材にはさまざまな種類があります。新しい鏡に交換する際には、違う種類の素材を検討してみてはいかがでしょうか。

たとえば、風呂場や洗面台には、水分によるサビや汚れがつきにくい防湿ミラーがおすすめです。また、衝撃を受けやすいクローゼットや玄関の収納棚の鏡には、割れにくいアルミミラーが安心です。このように、場所ごとに適した鏡の種類があるので、どんな種類の鏡がよいか業者に相談してみましょう。

鏡・ガラスの交換は弊社にご相談ください!

弊社のサービスには、鏡やガラスの交換に対応している全国各地の業者が加盟しております。そのため、鏡やガラスの交換のご相談をいただいたら、お客様のお近くの業者をご紹介いたします。

弊社の加盟業者がお客様のもとにうかがい、見積りや作業内容をご説明いたします。24時間お電話でのご相談を受け付けているので、ぜひお電話ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー