ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 最新情報・レポート > 窓ガラス結露防止を簡単に!もう悩まない効果的な窓ガラスの結露対策

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

窓ガラス結露防止を簡単に!もう悩まない効果的な窓ガラスの結露対策

窓ガラスの結露防止をしたいなら、室内外の温度差が起きないようにしましょう。結露は室内外の温度差が激しい場合に、空気中に含まれる水蒸気が冷やされて発生するからです。結露を放置しておくと室内がジメジメしたり、カーテンにカビが生えたりするため、早めに対策を講じることが大切です。

この記事では、室内外の温度差をなくす方法を紹介していきます。簡単にすぐできる方法ばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

それでも繰り返す結露を「根本的に抑えたい!」とのことであれば、窓ガラスの材質を変更するという手もあります。窓ガラスのリフォームについても最後に紹介しているので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

結露ができる原因は室内外の温度差

結露ができる原因は、室内外の温度差です。水は温度が高くなると水蒸気となって空気中を漂います。反対に、空気中に含まれる水蒸気が冷やされて凝縮すると水になります。

そのため、外気の寒さで冷えている窓に空気中の水蒸気が触れることで、気体から液体になって結露となるのです。この章では、そんな結露が発生しやすい家の傾向や結露を放置するリスクについてご紹介しています。

築年数が経った家ほど結露しやすい

築年数が経った家ほど結露しやすい

築年数が経った家ほど、結露がしやすいといわれています。築年数が経った家は、断熱材の劣化や断熱性能の低下により、外気や湿気の影響を受けやすいからです。また、サッシに隙間ができることで気密性が下がり、断熱効果が低下して結露しやすくなります。そのため、新築の家よりも、築年数が経った家ほど結露しやすいのです。

結露を放置するリスクは高い

窓に結露ができると見た目が悪いだけでなく、さまざまなデメリットを引き起こすことがあります。結露を放置すると「カビやダニの繁殖による健康被害」や「資材や床材を腐らせる住宅被害」が起きることがあるのです。

カビやダニは、温度と湿度が高く、ホコリなどのゴミがある場所に繁殖をします。結露ができる窓は温度と湿度が高い部屋です。結露ができると、水滴にゴミが付着しやすくなります。

そのため、結露ができる部屋はカビやダニにとって繁殖しやすい場所になるのです。カビやダニの発生は、アレルギーや鼻炎、喘息を引き起こすおそれがあります。

また、湿気が多い状況のままにしておくと、結露により資材や床材が腐食していくリスクを伴うのです。資材や床材が腐食すると、住宅の強度が落ちていきます。また、結露が多い窓の近くに家電製品やケーブルなどがあると、漏電を引き起こすこともありますので、注意をしましょう。

結露をどうにかしたいとお考えなら、弊社へご相談ください。弊社では、ガラス交換やリフォームをおこなっている業者をご紹介しております。ガラスやサッシを取り換えることで、気密性や断熱性が上がり、結露を解決することが可能です。まずはお気軽にご相談ください。

[CVボタン]

すぐにできる結露防止方法

低価格で、手軽に試すことができる結露防止方法を紹介していきます。結露の量を減少させるのに効果が期待できるとされている方法ばかりなので、この記事を参考に試してみてください。

1.換気

1.換気

結露は湿気がこもっていると発生しやすいです。そのため、換気をして湿気がこもらないようにしましょう。結露が発生しやすい時期は、常に換気扇を回すようにしてください。

また、洗濯機や加湿器、観葉植物、お風呂などは湿気の原因である水蒸気を発生させます。そのため、洗濯機やお風呂を使用したらあけっぱなしにしないことや、窓の近くに観葉植物や加湿器を置かないなどの工夫をおこないましょう。

2.結露防止シート・フィルムを貼る

結露防止シートやフィルムを貼ることで、窓ガラスを結露防止することができます。結露防止シートやフィルムは窓が外気で冷やされるのを防ぐ効果があるのです。

結露防止シート・フィルムは透明だったり、柄がはいっていたりするので、景観が損なわれる心配はありません。ただし、結露防止シートやフィルムを貼っても、シートのつなぎ目やサッシから結露することがある点がデメリットです。

3.食器洗い用中性洗剤を塗る

食器洗い用の中性洗剤を薄めずタオルなどを使って拭くと、窓ガラスの結露防止をすることができます。食器洗い用の中性洗剤には、界面活性剤が含まれています。界面活性剤は水をはじく特徴があるので、窓に塗ることで結露防止が可能になるのです。

洗剤を塗る前に、アルコールスプレーを吹きかけておくと、カビの発生を防ぐこともできます。洗剤の結露防止効果は1週間ほどしか持ちませんので、その都度塗り直す必要があります。

4.結露防止スプレーを吹きかける

結露防止シートやフィルムを貼るより手軽に結露防止したいなら、結露防止スプレーがおすすめです。結露防止スプレーには、水をはじく撥水効果や防カビ、断熱などの効果がある成分が含まれています。

キレイに拭いた窓に結露防止スプレーを拭きかけるだけで、窓ガラスの結露防止をすることが可能です。拭き取りが必要なタイプは、雑巾やスポンジで拭き取りましょう。

5.除湿器をかける

結露の原因である湿気を除湿することで、結露を防止することができます。とくに、洗濯物を外で干せない時期は、室内に湿気がこもりやすいです。そんなときに除湿器があると、部屋干しの洗濯物の乾きがよくなり、結露対策にも効果的です。

結露とおさらば!窓のリフォームで結露防止

先ほど紹介したすぐにできる結露防止方法では、まだ結露がつくことがあります。そのため、より確実に窓ガラスを結露防止したいなら、窓のリフォームをしましょう。費用はかかりますが、結露対策にはとても効果的です。窓のリフォームについて解説していきます。

熱を伝えにくい複層ガラス

熱を伝えにくい複層ガラス

結露が発生しにくい窓ガラスに交換をするなら「複層ガラス」がおすすめです。複層ガラスとは、2枚のガラスの間に空気層を挟んだ構造のガラスのことをいいます。

複層ガラスは、2枚のガラスの間に空気層を設けることで、高い断熱効果を発揮します。室内の暖かさを逃しにくく、外気が伝わりにくいので結露防止対策に有効です。

ただし、サッシがアルミ製のままでは複層ガラスでも結露が発生します。そのため、熱が伝わりにくい樹脂でできたサッシにまるごとリフォームするのがおすすめです。

防音や防犯にも効果的二重窓

二重窓にリフォームをすると窓ガラスの結露防止対策になるほか、防音や防犯にも効果があります。二重窓とは、既存の窓の内側にさらに窓を設置した構造になっている窓のことです。

窓が二重にあることで、温度が伝わりにくく低くなりにくいので、結露がつきにくくなります。また、気密性の高さから防音性があり、二重に窓があることから防犯性にも優れています。

窓のリフォームにかかる費用

窓ガラスの結露防止対策として、断熱性の高い窓にリフォームをする場合にかかる費用について解説していきます。既存の窓ガラスから複層ガラスへ交換する場合、約2万円~50万円が相場です。

ガラスだけを交換する場合や、サッシをまるごと交換する場合などリフォームの方法によって費用が異なります。また、ガラスの大きさによっても値段が大きく違います。

二重窓にリフォームする場合、約3万~17万円が相場です。こちらも設置する窓の種類や大きさなどによって費用が大きく変わります。窓のリフォームにかかる費用は○○円といいきることが難しいので、費用を正確に知りたい方は業者に見積りを依頼しましょう。

結露とおさらばしたいなら業者へ

窓ガラスの結露とおさらばしたいなら、窓のリフォームがおすすめです。結露防止シールやフィルムを貼って対策する方法もありますが、窓をリフォームするほうが確実に結露防止対策できます。

窓のリフォームを考えている方は、一度業者へ相談をしてみてはいかがでしょうか。弊社では窓ガラスのリフォームをおこなっている業者をご紹介しております。弊社にご相談いただければ、さまざまな条件の中から要望にあった業者をご紹介することが可能です。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー