ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 強化ガラスの割れ方の特徴!ほかのガラスとの違いや割れる原因について

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

強化ガラスの割れ方の特徴!ほかのガラスとの違いや割れる原因について

強化ガラスは衝撃に強く、割れにくいガラスです。しかし、場合によっては割れることもあります。なぜなら比較的割れにくい強化ガラスでも、いくつか弱点があるからです。

ここでは強化ガラスの割れ方や割れてしまう原因、知っておくべき強化ガラスの特徴について紹介しています。ガラスにはいくつかの種類があり、割れ方も異なるので強化ガラスと比較してみましょう。このコラムでガラスによって異なる割れ方を把握して、ガラスを交換する際の参考にしてみてください。

強化ガラスが割れる原因

割れたガラスは角が鋭いため、触るとケガをするおそれがありとても危険です。家のガラスを耐久性のあるガラスに変えるのなら、強化ガラスがおすすめです。しかし強化ガラスも割れることがあるので、ここでは事前に知っておくとよい強化ガラスの特徴と、割れる原因について紹介していきます。

強化ガラスとは

強化ガラスとは

強化ガラスは見た目が透明で、耐久性がとても強いのが特徴です。普通の透明ガラス(フロートガラス)よりも耐久性が約3~5倍あるとされています。人の出入りが多い学校やビルなどで多く使用されています。

フロートガラスの耐熱温度が約110度に比べて、強化ガラスは約150~200度となっています。熱にとても強く、火災が起きても割れる可能性が低いといえるでしょう。よって強化ガラスは、普通のガラスよりも強度と耐熱性が強いといえるでしょう。

強化ガラスでも割れることがあります

先ほど強化ガラスは熱に強いと説明しましたが、一点に集中して加わるような熱には弱いです。また、先の尖ったものでガラスをぶつける・ガーデニングをしている際に誤って鉢などをぶつけないよう注意をしましょう。

さらに傷が入っている状態を放置すると、触れていなくても勝手に割れてしまうこともあるようです。

ほかにも、急激な気温差にも弱い特徴があります。夏や冬に冷暖房を使うと、外気温と室内の温度に差が生じるため割れやすくなるのです。この現象を熱割れといいます。

ガラスは割れるとケガをするおそれがあるので、ふとした瞬間にガラスが割れてケガをするのを防ぐためにも、一度ガラスの表面を確認しておきましょう。強化ガラスの表面に傷がある・ひびが入っている場合は、新しいガラスに交換することをおすすめします。弊社は強化ガラスの交換にも対応しているので、気軽にご相談ください。

強化ガラスの割れ方にはどんな特徴があるの?

強化ガラスは割れてしまったとしても飛び散る破片が小さいため、ケガのリスクが低いといえます。しかし万が一破片に触れてしまうとケガをする可能性は十分にあります。割れた破片には触らないようにしましょう。次は強化ガラス以外のガラスがどのように割れるのかについてみていきます。

強化ガラス以外のガラスと割れ方を比較してみよう!

強化ガラス以外のガラスと割れ方を比較してみよう!

ガラスにはさまざまな種類があります。今回は通常のガラス・合わせガラス・網入りガラス・防犯ガラスの割れ方について説明していきます。種類によって割れ方が異なるので、比較をしながら確認してみてください。

(1)通常のガラス(別名:フロートガラス・透明ガラス)
通常のガラスは、ぶつかった箇所から周囲に広がるように割れていくのが特徴です。また、割れた破片は大きく、角が鋭利になっていることが多いため、ケガには十分注意をしましょう。

(2)合わせガラス
合わせガラスは、強化ガラスや通常ガラスと違い2枚のガラスが重なり合っているのが特徴です。2枚のガラスでできていることによって、割れてもガラスの破片が飛び散りにくく、ケガをするリスクもあまりありません。しかし、2枚のガラスは熱に弱い樹皮フィルムで接着されているため、高温には注意が必要です。

(3)網入りガラス
網入りガラスは、ガラスの間に金属製の網が入っています。金属製の網が入っていることで、衝撃に弱く割れやすいですが、網があることによって割れた際にガラスの破片が飛び散りにくいのが特徴です。また、割れたガラスの破片が大きくならないのもポイントです。

(4)防犯ガラス
防犯ガラスは、名前のとおり防犯性に特化したガラスで割れにくいのが特徴です。先の尖ったドライバーやバールなどを使って衝撃が与えられても、割れにくいです。しかし何度も叩いたりぶつけたりすると、当然のことながら割れてしまいます。

割れる際は一瞬にして割れるのではなく、小さくひびが入っていき少しずつ破片が落ちて割れていきます。そのため割れたとしてもケガをしにくいです。

ガラスは種類によって割れ方に特徴があります。ガラスが割れてしまった際にケガをするリスクを減らしたいのなら、合わせガラスを、防犯効果を高めて割れにくいガラスにしたい場合は、防犯ガラスがおすすめです。弊社はさまざまなガラスの交換に対応しているので、気になるガラスがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ガラスを交換したときの費用相場

今使っているガラスを割れにくいものに交換する場合、どのくらいの費用がかかるのか気になりますよね。ここではガラスを強化ガラスに交換する際にかかる費用について紹介していきます。

また、そのほかの通常のガラスや網入りガラスなどの交換でかかる費用も確認していきますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。詳しい費用が知りたい場合は、見積りを出してみるのがおすすめです。

強化ガラスへ交換した場合

強化ガラスへ交換した場合

強化ガラスへの交換でかかる費用は、ガラスの「大きさ」と「厚さ」によって変動します。大きさは縦横が90cm×80cm、厚さは5mm・8mm・10mmのものが多いです。交換時にかかる費用は、本体価格と作業費用を合わせて約2~4万円となります。

上記の費用は、透明な強化ガラスに交換した場合にかかる費用の目安です。強化ガラスにも、透明なものや外から室内が見えづらい擦りガラスといった種類もあるため、それらに交換をした際は費用が高くなることがあります。

このように強化ガラスにもさまざまな種類があるため、自分の好みに合った種類を選ぶことが可能です。詳しい種類や費用について知りたい場合は、直接業者に相談をしてみるとよいでしょう。

強化ガラス以外のガラスへ交換した場合

強化ガラスの交換にかかる費用をみて、「結構高いな……」と感じた方もいるかもしれません。また、強化ガラスの割れ方を知り、ほかの種類のガラスに交換したいなと思った方もいるかもしれません。ですので、ここでは強化ガラス以外のガラスに興味がある方向けに、ガラスの交換でかかる費用をガラスの種類別に紹介します。

・通常のガラス
約5,000~20,000円

・合わせガラス
約17,000~70,000円

・網入りガラス
約5,000~30,000円

・防犯ガラス
約30,000~50,000円

交換時の費用に差が生じているのは、強化ガラスと同様にさまざまな種類や交換費用について詳しく知りたい方は、一度業者に問い合わせてみるとよいでしょう。

ガラスを割れにくくするためにできること

強化ガラスは小さな傷やひびが生じることで、割れやすくなると説明してきました。ガラスを割れにくくするためにも、掃除の際にクレンザーを使わないようにしましょう。

ガラスに保護シールや防犯フィルムを貼るとさらに強度があがります。これらを貼ることで、ガラスを割れにくくするほかに、外から室内が見えにくくする「目隠し効果」が得られるものもあります。さらに種類によっては太陽光による紫外線を防ぐ「UV対策」がされているものもあるので、ご自身の好みに合わせて使用しましょう。

窓ガラスは種類によってそれぞれ弱点があります。強化ガラスは傷がなくきれいな状態だと、強度と耐熱性がとても高いです。しかし一点に熱が加わってしまうと割れやすくなるので気をつけましょう。ガラスの交換をする際は、設置する場所や目的に合わせて選ぶのがおすすめです。

弊社はガラスの交換に関する相談や依頼に対応しています。お電話をいただければ、いつでも対応が可能ですのでお気軽にご相談ください。また、電話はいつでも無料となっておりますので、ガラス交換を検討されている方はぜひ一度ご利用ください。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー