ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 窓ガラス防音対策|カンタン防音DIY法と防音ガラスの効果を解説!

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

窓ガラス防音対策|カンタン防音DIY法と防音ガラスの効果を解説!

「近所でおこなわれている工事の音がうるさい」「電車の音がうるさい」など、家の外から聞こえてくる騒音に悩まされている方は意外と多いのではないでしょうか?騒音問題は、睡眠や勉強の邪魔にもなることもあるため、早急に解決したいものです。

そこで今回は、自分でできる窓ガラスの防音対策について解説します。窓ガラスの種類や二重窓の設置方法、窓のリフォームにかかる費用相場などについてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

騒音の原因は窓ガラスに有り!

騒音対策をおこなうためには、騒音の原因をつきとめることが大切です。そこでまずは、具体的にどのような音が騒音となるのか、なぜ窓ガラスを閉めていても騒音が入ってきてしまうのかなどについてご紹介していきましょう。

騒音とは?こんな音も「騒音」に含まれます

騒音とは?こんな音も「騒音」に含まれます

電車の走行音や工事現場の作業音など、さまざまな音が“騒音”の原因となります。子どもが遊ぶ声や、近隣住民の井戸端会議なども、ボリュームが大きいと騒音となることがあるでしょう。

また、外から入ってくる音だけが騒音となるわけではありません。テレビや音楽を大音量で流していると、自分の家が騒音の発信源となってしまうこともあります。騒音対策をきちんと施していないと、「知らないうちに近隣住民へ迷惑をかけていた」といったこともありえるのです。

窓ガラスを通して音が入ってくる理由

「窓をピッタリと閉めているのに、どうして騒音が聞こえてくるのだろう?」と疑問に思う方もいるでしょう。窓ガラスは壁と比べると非常に薄いため、たとえピッタリと閉めていても音が貫通してしまうのです。

また、ガラスが厚ければ騒音がしないのかといえば、そういうことでもありません。どんなにガラスが厚くても、サッシの部分などに隙間があると、結局そこから騒音が入ってきてしまうのです。

窓ガラスを工夫することで防音ができる!

上記でご紹介したとおり騒音が入ってきてしまう原因は、窓ガラスの薄さやサッシの隙間にあります。逆にいえば、この2つの問題を解消することができれば、防音対策ができるということです。

「窓ガラスを厚くしたい」「サッシの隙間を埋めたい」という場合は、ぜひ一度プロの窓ガラス業者に相談してみましょう。弊社にご連絡いただければ、お客様のご自宅を管轄とする窓ガラス業者を迅速にご紹介することが可能です。

ご紹介料はいただいておりませんので、安心してお問い合わせください。弊社のコールセンターでは、24時間体制で業者探しに関するご相談を承っております。

窓ガラスの防音対策とDIY

「自分で騒音対策をおこないたい」という場合は、DIYで防音対策をおこなうことも可能です。ここでは、窓ガラスの防音対策を自力でおこなう方法についてご紹介しましょう。

自分で簡単にできる防音対策

自分で簡単にできる防音対策

自分で簡単にできる防音対策には、以下のようなものがあります。

・窓に防音カーテンをかける
一般的なカーテンよりも高密度の布で作られたカーテンのことを、“防音カーテン”といいます。繊維の密度が高いため、音を通しにくくする効果があります。完全に音を遮断するのは難しいかもしれませんが、騒音の大きさを抑える程度であれば、窓に防音カーテンをかけてみるとよいでしょう。

・窓ガラスに防音シートをはる 
最近では、響いてくる音を跳ね返してくれる“防音シート”というものもあります。防音シートとは、厚手のゴムなどで作られた柔らかいシートのことであり、これを窓ガラスにはっておけば、騒音の音量を下げることができるでしょう。

・防音シートをサッシ部分にはる
  サッシからの騒音が気になる場合は、窓ガラスだけではなく、サッシ部分にもかかるように防音シートをはってみてください。サッシからの音の出入りを少なくすることができるはずです。

・隙間をテープで塞ぐ
サッシの隙間から騒音が侵入している場合は、その隙間を埋めることで防音対策をおこなうことができます。テープなどでサッシの隙間を塞いでみましょう。

・吸音シートをはる
音を跳ね返すのではなく、“吸収する”という方法で騒音を防いでくれるのが“吸音シート”です。室内から漏れ出る楽器音やテレビ音など、いわゆる“音漏れ”の防止に効果があります。

吸音シートは室内で発生した音を吸収しやすいよう、シートの表面がデコボコしているのが特徴です。なお吸音シートは、窓ではなく、その付近の壁にはって使います。

それでも解決しない騒音には二重窓!

防音シートなどをはりつけても騒音が改善しない場合は、“二重窓”の導入をおすすめします。二重窓とは、既存の窓の内側にもうひとつ窓を設置したもののことです。二重窓は防音性に優れているほか、断熱性も高いため、最近の住宅でははじめから導入されていることも多いでしょう。

なお二重窓は、既存の窓の木枠を利用して設置するため、木枠の奥行が浅すぎると設置できない場合があります。木枠の奥行は、少なくとも3~4cmはあったほうがよいでしょう。どうしても木枠の奥行が足りない場合は、“ふかし枠”と呼ばれる後付けの枠を取り付けることで長さを出すことも可能です。

二重窓に向かない窓に注意

二重窓は、すべての窓に設置できるわけではありません。以下のような窓は二重窓には向いていないため、設置しないほうがよいでしょう。

・ルーバー窓
カーテンの代わりに使用する“ブラインド”のように、複数枚重なったガラス板をハンドルによってずらすことで開閉をおこなう “ジャロジー窓”は、二重窓に向いていない窓です。二重窓を設置すると、ハンドルの操作ができなくなってしまう可能性があります。

・内倒し窓
ガラスを内側に倒すことで開閉をおこなうタイプの窓も、二重窓の設置には向いていません。二重窓は基本的に既存の窓の内側に設置することになるため、内倒し窓だと、既存の窓の開閉が難しくなってしまうからです。

・ドアクローザー付きの窓
窓を開けた状態で手を離すと、自動的に窓を閉めてくれる部品のことを“ドアクローザー”といいます。ドアクローザーは内側に少し出っぱっていることが多いため、二重窓を設置するのが難しいことがあるでしょう。

・障害物がある窓
二重窓を設置する場所に防犯ブザーなどの障害物がある場合も、設置ができないことがあります。

二重窓を自分でDIYすることもできる

二重窓は、自分でDIYすることも可能です。手先が器用な方や日曜大工に自信がある方は、以下の手順にしたがってチャレンジしてみてもよいかもしれません。

<準備するもの>

まずは以下の道具を準備しましょう。

【材料】

・プラスチック段ボールまたはポリカーボネイト中空構造板
DIYにおいて本物のガラスを使用するのは大変難しいものです。上記のものは重量が軽いわりに強度が高い素材であるため、DIYの際は窓ガラスの代用品として使用することができます。

・カブセ(窓の高さと同じものを2本)
板の保護材として使われるのが“カブセ”です。板の切り口にカブセを取り付けることで、強度を高めることができます。

・2連レール(上側用と下側用)
窓のサッシとなる部分です。このレールに板をはめ込むことで二重窓を作ります。

【工具】

  • プラスチック用ノコギリ
  • カッター
  • 強力両面テープ
  • やすり
  • 定規やメジャー

<手順>

二重窓の設置手順は、以下のとおりです。

【手順1】設置できるかどうかを確認する
二重窓は、既存窓の木枠に一定の奥行がないと設置できません。メジャーで木枠の奥行を測り、3cm以上あることを確認してから作業をはじめてください。また、既存窓の鍵が二重窓に引っかからないかどうかも事前に確認しておきましょう。

【手順2】窓幅に合わせて材料をカットする
設置できることがわかったら、次は材料を適切なサイズにカットしていきます。2連レール(上側用と下側用)は、窓の横幅(内寸)に合わせてカットしてください。カブセは、木枠の高さ(内寸)-1.5cm程度でカットします。

プラスチック段ボールまたはポリカーボネイト中空構造板は、以下の大きさでカットしたものを2枚作りましょう。

  • 高さ:木枠の高さ(内寸)-レールの厚み+0.7cm
  • 横幅:木枠の横幅(内寸)×1/2+3cm

【手順3】二重窓のレールを設置する
材料のカットができたら、強力両面テープを使って上下のレールを木枠部分に固定します。レールが木枠にぴったりとはまらない場合は、やすりを使って微調整しましょう。

【手順4】二重窓を設置する
レールが完成したら、プラスチック段ボールまたはポリカーボネイト中空構造板にカブセを取り付けて、窓ガラスの代わりとなるパネルのようなものを2枚作ります。そしてそれをレールにはめ込んでいきましょう。

上側のレールにパネルを引っ掛けたら、下側のレールに向かってパネルを押し込みます。2連レールの各レールに、1枚ずつパネルをはめ込めば完成です。

【手順5】きちんと開閉できるか確認する
最後に完成した二重窓の開閉をおこない、きちんと動作するかどうかをチェックしましょう。動きに不自然な点がある場合は、紙やすりなどで調整してください。

窓ガラス防音作業で気を付けたいこと!

さてここまで、自分でできる窓ガラスの防音対策についてご紹介しました。作業自体はさほど難しくないものばかりですが、工具を使う場合はケガをすることもありますし、誤って既存の窓を割ってしまうこともあるかもしれません。

安全に、そして確実に防音対策をおこないたいのであれば、やはりはじめから窓ガラス業者に頼ったほうがよいでしょう。

弊社にご相談いただければ、高い実績を持つ優良な業者をお客様にご紹介することができます。弊社のコールセンターは年中無休で稼働しておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

二重窓のよさは防音効果だけじゃない

防音対策のひとつとしてご紹介した二重窓ですが、その“よさ”は防音効果だけにとどまりません。実はほかにもメリットがたくさんあるのです。ここでは、二重窓の効果や二重窓の種類、そして二重窓リフォームにかかる費用などについてご紹介しましょう。

防音だけじゃない二重窓の効果

防音だけじゃない二重窓の効果

二重窓には、音だけでなく温度を遮断する力(断熱性)もあります。外部からの温度を遮断できるとエアコンやストーブの効きがよくなるため、二重窓は省エネ対策として利用されることも多いのです。

また、冬の時期は室内と室外の温度差によって窓に結露が発生することがありますが、二重窓にしていれば結露の発生も抑えることができます。二重になった窓と窓の間に隙間ができることで、外気からの冷たい空気が多少温まり、室内との温度差を少なくすることができるからです。

このように、二重窓は防音効果だけではなく、断熱効果、省エネ効果、結露対策まで期待することができるでしょう。

二重窓に使用するガラスのタイプ4つ

二重窓として使用するガラスには、いくつかの種類があります。以下にその一部をご紹介しますので、用途に応じてどのガラスを採用するか判断してみてください。なお迷ってしまった場合は、プロに相談するとよいでしょう。

・シングルガラス
従来よりよく使われている、ごく普通のガラスです。価格が安いというメリットがある一方で、あまり高い防音性や断熱性は見込めません。

・ペアガラス
2枚のガラス板を重ねて作られたガラスです。ガラスとガラスの間に空気が入り込んでいるため、シングルガラスと比べると断熱性に優れています。しかし防音性に関してはシングルガラスとそこまで大きな違いはありません。

・防音合わせガラス
防音性に特化したガラスが“防音合わせガラス”です。ガラスの中に薄いフィルムのようなものが挟み込まれています。防音向けのガラスのため、断熱性はそこまで高くありません。

・高断熱複層ガラス
“高断熱複層ガラス”とは、2枚のガラスを重ね、ガラスとガラスの間に乾燥した空気を入れ込んだものです。ガラスの内側には特殊な膜が貼られており、これによって高い断熱性を発揮します。

二重窓リフォームの費用相場

二重窓リフォームにかかる費用は、【5万円~12万円程度】が相場です。もちろんこの金額は目安ですので、ガラスのサイズやガラスの素材などによっても変動が生じるでしょう。

「具体的な金額が知りたい」という場合は、窓ガラス業者に見積りを提示してもらうのがおすすめです。よりコストパフォーマンスに優れた業者に依頼したい場合は、複数社から相見積りを取るとよいでしょう。

もっと安く防音対策したいなら?

「防音対策をしたいけれど、二重窓は高いかも……」という方には、窓を二重にするのではなく、既存の窓ガラスを防音仕様のガラスに交換してしまうのがおすすめです。

安価なシングルガラスであっても、厚みが5mm以上のものであれば、一般的なシングルガラスよりは高い防音性を期待することができます。

窓ガラスの交換を検討される場合も、ぜひ弊社にご相談ください。弊社にご連絡いただければ、加盟店のスタッフを派遣し、無料でお見積りを実施させていただきます。「まだ検討段階なので、見積りだけ欲しい」といったご依頼も大歓迎です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー