ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 防犯ガラス価格・費用の決まり方・相場|耐熱・耐風・防音・遮熱効果

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

防犯ガラス価格・費用の決まり方・相場|耐熱・耐風・防音・遮熱効果

防犯ガラス価格・費用の決まり方・相場|耐熱・耐風・防音・遮熱効果

ガラスの防犯性を強化したいときの手段として、防犯ガラスに交換するという方法があります。防犯ガラスに交換することで、ガラスが簡単に割れるのを防ぐことができるので、不審者が家の中に侵入しにくくなるのです。

この記事では、防犯ガラスについて詳しくご説明します。防犯ガラスの費用、ほかのガラスとの防犯性の違いについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

防犯ガラスとは

まずは防犯ガラスの特徴についてご説明します。防犯ガラスの購入を検討している方は、以下の内容をしっかり理解しておきましょう。

防犯ガラスの基本構造

防犯ガラスとは

防犯ガラスはガラス板とガラス板の間に「中間膜」と呼ばれる板を数枚挟んだもののことです。中間膜を挟むことによって、ガラスが貫通しにくくなるのです。そのため、不審者がガラスを割って室内に侵入してくることを防止する効果があります。

また、防犯ガラスの中には、「ポリカーボネート」という板が入っていることもあります。ポリカーボネートが入った防犯ガラスは、中間膜のみのものよりも高い防犯性を期待できるのです。

【防犯性1】こじ破りに強い

防犯ガラスは、こじ破りに強いのが特徴です。こじ破りとは、ドライバーなどの道具を使ってガラスを割り、そこから鍵を開けて侵入する方法です。防犯ガラスは、特殊フィルムで貫通しにくい構造なので、こじ破りに強いのです。

【防犯性2】打ち破りに強い

防犯ガラスは、打ち破りにも強いです。打ち破りとは、石を投げたり道具で叩いたりしてガラスを割ってそこから侵入する方法です。

ただし、防犯ガラスは打ち破りを完全に防ぐことができるわけではありません。防犯ガラスは強い衝撃が加わると割れてしまうこともあります。あくまでも不審者がガラスを割って侵入するまでの時間稼ぎだと考えましょう。

【防犯性3】焼き破りに強い

焼き破りとは、バーナーやライターなどで熱することによってガラスを割り、家の中へ侵入する方法です。防犯ガラスは、中間膜の厚みにより通常のガラスに比べて焼き破りまでの時間を長くすることができるのです。

防犯性以外にもメリットはたくさん

ここまで防犯ガラスの防犯性についてご紹介してきましたが、このほかにも防犯ガラスには「UVカット率が高い」「防音性が高い」「飛散防止効果がある」などのメリットもあります。防犯ガラスに特殊な中間膜があるため、このような機能を期待できるのです。

このように、防犯ガラスを取り入れることによって防犯性以外のメリットもあるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

防犯ガラスについてもっと知りたい場合は?

このように、防犯ガラスを取り入れることによって防犯性以外のメリットもあるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

弊社では、全国に多数の加盟店があり、実績のあるスタッフが在籍しています。また、状況に合わせた最適な提案をいたしますので、防犯ガラスについての知識がない方でもご利用いただけます。防犯ガラスについてお悩みの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

防犯ガラスの価格

防犯ガラスは、性能や加工方法などさまざまな要素で価格に差が出ます。そこで、ここでは防犯ガラスの価格を決定する要素や費用相場についてご説明します。価格についての知識を深めて賢く業者を選ぶためにも、ぜひ参考にしてみてください。

価格の決まり方1防犯性能レベルを選ぶ

防犯ガラスの価格

価格を決めるひとつ目の要素は、防犯性能です。基本的に、ガラスに厚みがあるほど防犯性能レベルが高まるので、費用が上がります。

価格の決まり方2形状を選ぶ:カットや加工方法

業者の中には、ガラスの側面をカットしたり、円形にしたりする加工をおこなってくれるところもあるようです。このような加工をおこなう場合、追加で料金がかかります。また、ガラスの大きさやカットするガラスの厚みなどによって料金が変わるので、覚えておきましょう。

価格の決まり方3特殊加工の有無

業者によっては、防犯ガラスをすりガラスにしたりプリント柄を入れたりする加工をおこなっている業者もあるようです。このような特殊な加工をおこなう際は、費用が追加でかかります。

防犯ガラスの費用相場は?

防犯ガラスの交換費用は、だいたい3万円~5万円くらいが相場なようです。さらに場合によっては6万円~8万円程度かかる業者もあるようです。

しかし、これまでご説明したように、ガラスの交換費用は状況によって大きく費用が変動します。そのため、正確な料金を知るためには、業者に見積りを依頼することをおすすめします。

このとき、複数業者から見積りを取るとよいでしょう。複数業者から見積りを取ることで、より多くの費用を比較できるので、自分に合った業者が見つけやすくなるのです。

業者の中には、見積り無料の業者もあり、費用を気にせずに施工料金を知ることも可能なので、まずは見積りを取って正確な費用を知ることをおすすめします。

緊急性が高いなら

防犯ガラスを取り付けたい方の中には、「これまで使っているガラスが割れてしまったので今すぐ防犯ガラスに交換してほしい」「不審者に侵入されて怖いので今すぐにでも防犯ガラスを取り付けたい」といったように、できるだけ早く防犯ガラスに交換したいという方もいらっしゃるかもしれません。

緊急性が高い場合は、弊社にお任せください。弊社では、24時間365日電話対応しているので、いつでもお電話いただけます。そして、全国に数ある加盟店の中からスタッフが伺い、スピーディーに対応します。「できるだけ早く防犯ガラスを取り付けたい」という方は、まずは弊社までご連絡ください。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

防犯効果が最も高いのはどのガラス?

防犯ガラスと似たようなものに、「網入りガラス」や「強化ガラス」といったものがあります。これらは独自の機能を持つガラスですが、残念ながら防犯効果は期待できません。ここでは、防犯効果を持っていると誤解されやすい網入りガラス・強化ガラスと、防犯ガラスの違いについてご説明します。

【1】網入りガラスは防犯効果が低い

防犯効果が最も高いのはどのガラス?

網入りガラスとは防火ガラスの一種で、火災が起きたときに延焼を防ぐ役割を果たします。そんな網入りガラスは、中にワイヤーが入っていて、格子状になっています。

網入りガラスはワイヤーが入っていて一見割れにくそうですが、強度は決して強くありません。打ち破りによって簡単に割れてしまうのです。そのため、防犯効果を期待したい方は、網入りガラスではなくて防犯ガラスを選ぶとよいでしょう。

【2】強化ガラスより防犯ガラスの方が強い

強化ガラスとは、熱処理をして急速に冷却することで強度を高めたガラスで、通常のガラスに比べると割れにくいのが特徴です。万が一割れてしまったとしても割れた破片が粉々になり、ガラスの破片でケガをする心配もないので、安全ガラスとも呼ばれています。

強化ガラスは強度が強く簡単には割れないため、防犯効果が高いと思いがちですが、工具などでガラスの表面に傷がついたり、温度が急激に変化すると割れてしまうのです。一方、防犯ガラスは先ほどもご説明したとおり、こじ破りや打ち破り、焼き破りに強い特徴を持ちます。

そのため、強化ガラスよりも防犯ガラスのほうが防犯効果を期待できます。防犯効果を期待したい方は、強化ガラスよりも防犯ガラスを選ぶとよいでしょう。

ガラスでのお悩みはプロに相談しよう!

ガラスについてお悩みの方は、業者に相談することをおすすめします。ガラスは種類によって機能が異なりますが、業者に相談すれば希望に応じたガラスを提案してもらうことが可能です。

弊社では、24時間365日電話受付しています。また、無料見積りもおこなっているため、「料金を見てから決めたい」という方でもご相談いただけます。見積り後は追加料金もかかりません。ガラスについてお悩みの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー