ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > ガラスの曇り止め対策|フロントガラスが曇る原因と対処法を解説!

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

ガラスの曇り止め対策|フロントガラスが曇る原因と対処法を解説!

ガラスの曇り止め対策|フロントガラスが曇る原因と対処法を解説!

車を日ごろから運転する方なら、雨が降っていたり寒い日にフロントガラスが曇ってしまうというような経験をしたことがあるでしょう。フロントガラスが曇ってしまうと前の車との間隔を見誤ったり、視界が狭まって横から接近する人や車に気付くのが遅れてしまい、事故につながってしまうことも十分に考えられます。

こういった事態がおこらないようにするためにも、フロントガラスが曇ってしまうしくみを理解し、その上でガラスの曇り止めについて効果的な方法を実践していきましょう。

フロントガラスはなぜ曇るの?

フロントガラスが曇ってしまう理由は、結論からいうと車の外と中の温度差による結露が原因です。冬の寒い日にメガネをかけながらマスクをしているとレンズが曇ってしまうのと同じ原理です。

空気に水蒸気として存在できる水の最大量は、飽和水蒸気量と呼ばれています。この飽和水蒸気量は、空気の温度が高いと多くなり、反対に、温度が低いと少なくなります。

例えとして、外が寒く、車の中が暖房によって暖かくなっている場合について考えてみましょう。車の中の空気は暖かいので、飽和水蒸気量も多くなり、空気中には多くの水蒸気が存在できます。しかし、外は寒いので、ガラスは冷たい状態です。この冷たいガラスが車内のガラス付近の空気の温度を低下させ、飽和水蒸気量も必然的に少なくなります。

飽和水蒸気量が少なくなると、今まで水蒸気として存在することができていた水が、そのままでは存在できなくなり、ガラスの表面に水滴として現れます。これが、フロントガラスが曇る原理なのです。

また、雨の日や車に乗っている人が多いときにフロントガラスが曇りやすいと感じたことはないですか?これにもきちんとした理由が存在しています。人の呼気に含まれる水蒸気で車内の湿度が高くなって飽和水蒸気量を超えてしまい、結果的に結露が発生するのです。

フロントガラスが曇りやすいのは雨の日だけ?夏・冬も要注意

ガラスの曇り止め対策|フロントガラスが曇る原因と対処法を解説!

車内の湿度の高い日は結露が起こりやすいので、梅雨の時期などは要注意です。しかし、フロントガラスが曇りやすい原因は、車内の湿度が高いからだけではありません。さきほども説明したように、外と中の境界であるガラスの裏表での温度差が大きいことでも結露は発生しやすくなります。

車のエアコンの冷房や暖房機能を使うことの多い夏や冬は、車の外と中で温度差が生まれやすいので、フロントガラスが曇りやすくなるのです。ここで、夏と冬両方の場合においてフロントガラスが曇りやすい理由を、具体的に説明します。

まず、夏の場合です。近年では、夏の気温が30℃を超える日も多くなっています。そういった場合、多くの人は車の冷房機能を使うと思います。すると、車内の冷たい空気で冷やされたフロントガラスに外側の空気が触れることで結露が発生し、ガラスが曇ってしまうのです。

しかも夏は気温が高いだけでなく、冬と比較すると湿度も高い傾向にあります。以上のことから、夏は車の外側に結露が発生しやすい時期といえるのです、

冬の場合は夏の逆で、車内の気温が高く、外側の気温が低い状態になります。また、乗車している人の呼気により、車内の湿度も高くなります。その結果、車内の空気が冷たいフロントガラスに当たることで、結露が起こるのです。

ガラスの曇り止め対策をおこないましょう

フロントガラスが曇ってしまうメカニズムがわかったところで、具体的な対策方法をご紹介します。

窓を開ける

曇ってしまう原因は、車内と外の空気の温度差でした。なので、窓を開けて車内と外を同じ気温にしてやれば、ガラスが曇るという問題もなくなります。

しかし、雨風が強い日や冬の寒い日に窓を開けると、雨が車内に入ってきたり、手がかじかんで運転に支障が出ることも考えられます。その日の天候に応じて窓を開けるか開けないかを判断しましょう。

エアコンを利用する

寒い日や雨の日だと、車の窓を開けるのには抵抗があるといった方も少なくないと思います。そこで、活躍してくれるのが車に搭載されているエアコンの空気循環機能です。これには外気循環モードと内気循環モードがあり、これらを使い分けることで窓を開けなくとも曇りを解消することができます。

〇外気循環モード
外気循環モードでは、窓を開けなくとも外の空気を取り入れることができます。外気が乾燥していれば車内の湿度を下げることができるため、結露が起こりにくくなるのです。また、車内の臭いや酸素濃度の低下による眠気を防止する効果もあります。

〇内気循環モード
内気循環モードでは外の空気をシャットアウトして、車内の空気を循環させます。これにより、梅雨の時期や雨の日に外の湿気をシャットアウトして車内の湿度を保つことができ、ガラスが曇りにくい状況を作ることができます。主に夏場の車内の湿度が高くなりやすい有効なモードといえるでしょう。また、乗車直後など、すぐに冷房を効かせたいときにも有効です。

デフロスターを使う

デフロスターはフロントガラスの下にある吹き出し口から、乾燥した暖かい風をフロントガラスに吹きつけてくれる機能です。このため、車内の空気がフロントガラスに当たっても結露を起こしにくくなります。

また、結露によって内側に付着した水滴を蒸発させて曇りとることもでき、冬場には非常に心強い機能といえます。ただ、消費電力が多く、長時間使用すると吹き出し口が熱くなってしまう危険があるので、長時間の使用には注意が必要です。

ガラスの曇り止め用品を使う

ガラスに水滴が付着して曇ってしまう理由としてほかにもあげられるものとして、ガラスについた汚れが考えられます。ガラスに汚れが付着していると、汚れを中心に水滴が付いて曇りやくなってしまいます。ガラスを常にきれいな状態に保っておくことも非常に有効な曇り対策になるのです。

ガラスを掃除する際、よく使われるのがガラスクリーナーです。ガラスクリーナーにはガラスの上の汚れをキレイにするだけではなく、紫外線防止や曇り止めの効果もあります。

ただ、シリコン入りガラスクリーナーを使うと、ガラス表面に油の膜ができて逆に視界が悪くなってしまうおそれがあります。家庭用のガスクリーナーを使う場合は、シリコンが入っていないものか、自動車用のガラスクリーナーを使用することをおすすめします。

また、それでも曇りが気になる場合は曇り止め剤を塗布するのも効果があります。しかし、ガラスの汚れが残っているまま使用すると効果が減ってしまうので、フロントガラスをきれいにした後に使いましょう。

それでもフロントガラスの曇りが直らない場合は?

ガラスの曇り止め対策|フロントガラスが曇る原因と対処法を解説!

車のデフロスターやエアコン機能を使ってもうまく曇りが解消されない場合、それらが故障していて正常に機能していない可能性もあります。一度、正しく機能しているかどうかを確認してみて、必要に応じて修理に出しましょう。

また、最近では外気を取り込む際に、花粉などを取り除く空気清浄フィルターがエアコンについていることがあります。こうしたフィルターが汚れていると、フロントガラスの内側に汚れが付着し、曇りが起こりやすくなっていることがあります。曇りが解消されない場合は空気清浄フィルターを新しいものに交換してあげるのもよいかもしれません。

車のガラスに不具合がある場合は業者に依頼をしよう!

曇りやすいのを放置して視界が悪いまま運転するのは非常に危険で、大きな事故につながってしまうおそれもあります。そうなってしまわないように、日ごろから曇り止め用品を使ったり、ガラスの内側と外側をこまめに掃除して常にきれいな状態に保ったりして、曇りにくい環境にしておきましょう。

運転中に曇ってしまった場合には、デフロスターをつけたり、窓を開けたりし、慌てずに対応しましょう。また、ご自分でフロントガラスの曇り止めをするのが面倒な場合は、フロントガラスのコーティングを取り扱っているガラス業者に相談してみることをおすすめします。

プロのガラス業者であれば、気づかないうちについているヒビや傷を見つけてもらえることもあり、早期の交換や補修につながるため安心できます。また、個人では施工できない高品質の曇り止めのコーティングもあります。弊社ではガラスに関するご相談を24時間365日お電話で受け付けております。ぜひ、お気軽にご連絡ください。

まとめ

今回は、フロントガラスが曇ってしまう原因と、曇らないようにする方法をいくつか紹介しました。

フロントガラスが運転中に曇ってしまうと、気持ちよくドライブができなくなるばかりか視界が悪くなることで事故につながってしまうおそれがあります。しかし、フロントガラスが曇るという問題は、曇り止めの処理など、簡単な対策でも改善することが多いです。

フロントガラスの曇りを予防して、季節や天候に関わらず1年をとおして安全なドライブができるようにしましょう。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー