ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 暑さ対策は窓から!自分でできる対策と窓ガラス交換や補助金について

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

暑さ対策は窓から!自分でできる対策と窓ガラス交換や補助金について

室内に侵入する熱は、ほとんどが窓を経由してやってきています。そのため、暑さ対策を始めたいという方は、窓から着手することをオススメします。

ここでは、その対策のための遮熱カーテンやすだれなどのアイテムの紹介だけでなく、断熱タイプの窓ガラスについてもご紹介していきます。より快適な生活環境を手に入れるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暑さ対策は窓から攻めるのが基本!

前述の通り、室内に侵入する熱のほとんどは窓から侵入しています。つまり、これを解決することで、室内をより快適にすることが可能になります。

ここでは、室内の熱の原因だけでなく、自分でできる暑さ対策についてもご紹介していきます。暑さ対策を始めたいという方は、ぜひ一読してみてください。

部屋が暑い原因は窓からの熱が7割!?

部屋が暑い原因は窓からの熱が7割!?

室内にある熱の空気の50~70%は、窓からくるものだという研究結果があります。残りの数値は壁や天井などから侵入する熱ですが、窓から侵入してくる熱のほうがはるかに上回っていることが分かります。

つまり、この窓からの熱を防いでしまえば、暑さ対策になるということになります。年々、暑さが増すように感じる夏ですが、こうしたところから暑さ対策を始めることで、熱中症等の予防にもつながるのです。

【自分でできる暑さ対策】

昨今では、窓まわりの暑さ対策として多種多様なアイテムが販売されています。ここでは、そのなかでも効果の高いものをご紹介していきます。100均にあるアイテムを使った対策もあるので、手軽に始めたいという方もぜひ参考にしてみてください。

■遮熱カーテン
遮熱カーテンとは読んで字のごとく、熱を遮るためのカーテンです。遮熱カーテンを取り付けることで、窓から侵入する直射日光を遮ることができます。

■遮熱フィルムと断熱フィルム
遮熱フィルムは、直射日光を防ぐためのフィルムです。これを窓ガラスに貼ることで、窓にさす直射日光からの熱を抑えることができます。

もう一つの断熱フィルムについてですが、遮熱フィルムと使い方は同じものの、その効果は異なります。断熱フィルムは直射日光を防ぐのではなく、室内の熱を保つためのものです。室内の熱の発生を抑えるものではないため、エアコン等の設備が必要です。

■アルミシート
アルミシートを窓ガラスに取り付けることで、直射日光による熱を室内に入らないよう抑制することができます。100均にも売られている安いものなので、窓を改善するだけで暑さ対策になるのかが不安な方は、こちらから試してみるのをオススメします。

■プチプチシート
窓に張り付けられたプチプチシートは、室内外の熱の通り道を防ぐ層として機能します。この層によって断熱性が高まりますが、室内の温度を保つという特性上、エアコン等の設備が必要です。こちらも100均にある商品を使った方法なので、手軽に始められるのが魅力といえます。

窓の外、ベランダまわりも工夫して暑さを防ごう

窓ガラスだけではなく、その外にあるベランダの床や室外機まわりからでも暑さ対策ができます。代表的なものとして挙げられるのは、すだれやよしずです。この二つには直射日光を防ぎながら風の通り道を作るという効果があるので、ベランダの外に設置することで暑さ対策になります。

また、植物が好きという方は、グリーンカーテンもオススメです。つる性の植物を育てることで、まるで緑色のカーテンのようになるグリーンカーテンは、暑さ対策にもなりますし、季節感も感じられます。

「まだ暑い」「見た目が気になる」そんな時は

これまで窓ガラスやその周辺からの暑さ対策について書いてきましたが、そこで気になってしまうのは、やはり景観ではないでしょうか。遮熱カーテンは多様な種類が売られているので気にはなりませんが、それ以外のものだと少し景観を崩してしまうかもしれません。

窓まわりの景観を損なわずに暑さ対策としての効果を得るためには、窓ガラス自体を交換してしまうことです。暑さを防ぐことができるガラスに交換することで、暑さ対策として高い効果が得られます。景観を崩したくないという方は、一度窓ガラスの交換を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

一番の暑さ対策は窓ガラスの交換

前章でさまざまな暑さ対策グッズを紹介していきましたが、多くの商品がある分、見た目や効果が100点満点とはいかないものもあります。そこで暑さ対策として高い効果を持つ窓ガラスを取り付ることで、室内の温度がより快適になるのはもちろん、景観も今まで通り保つことができます。

ここでは、窓ガラスを交換することで得られる効果や、どのような種類を選択すればよいのかをご紹介していきます。

窓ガラス交換の遮熱効果はどのくらい?

窓ガラス交換の遮熱効果はどのくらい?

次の項目で詳しくご紹介する二種類のガラスは、通常のものよりはるかに高い断熱効果を誇っています。ペアガラスと呼ばれるものは通常よりも2倍、真空ガラスはその2倍、つまり通常のガラスより4倍もの断熱効果を発揮します。

暑さに適した窓ガラスはこれ!

■ペアガラス
ペアガラスとは、ガラスを二重にしたものです。具体的な仕組みは、二重にした際にできる間の空気層が、室内に侵入しようとする熱を止めるという断熱性に優れた窓ガラスです。断熱性に優れるということは、夏だけではなく冬の室内環境も快適なものにしてくれることを意味します。

■真空ガラス
真空ガラスとは、ペアガラスによく似た構造ですが、間にある空気層が真空になっているという点が異なります。真空には熱が伝わらないため、その特性を利用した窓ガラスになります。

窓ガラスの交換はメリットがたくさん

断熱とは、暑さや寒さにかかわらず室内の温度を一定に保つ効果のことを指します。そのため、エアコンを作動させれば、そのエアコンの効果は強く長く持続するものになります。また、温度を一定に保つため結露対策にもなるのです。

このように、窓ガラスの交換にはさまざまなメリットがあります。室内の暑さに悩まされている方は、ぜひ窓ガラスの交換を考えてみてはいかがでしょうか。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

窓ガラス交換の費用は?補助金が出る条件とは?

窓ガラスの交換には、費用がかかります。ガラスの性能によってはその費用は高くなりますが、じつは窓ガラスの交換には補助金が出ることがあります。ここでは、窓ガラスの交換にかかる費用と補助金制度についてご紹介していきます。

窓ガラス交換の費用相場

窓ガラス交換の費用相場

暑さ対策を目的とした窓ガラス交換の費用相場は以下のようになります。

  • 施工費:2000円前後
  • 出張費:3000円前後(業者との距離による)
  • ガラス台:5000円~40000円(ガラスの質による)

この三つの要素から、窓ガラス交換の費用が算出できます。しかし、出張費は業者との距離によって変動しますし、ガラス代は性能を求めれば求めるほど高くなるため、正確には把握できません。

窓ガラスの交換費用を詳しく知りたいという場合は、業者から見積もりをとることをオススメします。見積りをとれば、詳細な金額を把握できるだけでなく、業者の受け答えや態度を確認することにもつながります。

窓ガラスの交換に補助金が使える場合がある

一般社団法人である環境共創は、環境に関連するものに対して補助金を出す「SII制度」をおこなっています。この制度のなかに「断熱リノベ」という項目があり、この項目内にある対象商品から商品を決定し申請することで、補助金が出ます。

窓ガラスの交換には、最大で40万円の補助金が出ることもあるようです。

窓ガラスの交換、まずは気軽に質問してみませんか?

窓ガラスの交換というとあまり経験のないことのため、分からないことが多いかもしれません。「窓ガラスを替えただけで本当に暑さ対策になるの?」といった疑問や、費用について不安になる方がいらっしゃることでしょう。

そのような場合は、気軽に質問をしてみましょう。弊社では、365日24時間体制でご相談を受け付けております。窓ガラスに関するお悩みがある方は、ぜひ、弊社にご連絡ください。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー