ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 窓ガラスの熱割れってどんな現象?熱割れの見分け方・予防法をご紹介

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

窓ガラスの熱割れってどんな現象?熱割れの見分け方・予防法をご紹介

窓ガラスの「熱割れ」は、直射日光や冷暖房などが当たることでの温度差によって、ガラスが膨張して割れてしまう現象です。

そんな熱割れは、「窓ガラスに遮熱フィルムを貼らない」、「黒いカーテンの使用を避ける」などの、熱を集めない対策をおこなうことで防ぐことが可能です。また、熱割れを防ぐには「耐熱強化ガラスに交換する」手段もあります。

ここでは、熱割れが起こる原因や対策、耐熱強化ガラスについてご説明します。予期せぬ熱割れを防ぐためにも、ぜひ参考にしてみてください。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

突然窓ガラスが割れる「熱割れ」とは?

熱割れが起こる原因を理解することで、割れてしまったときの対処に役立てることができます。そこで、まずは熱割れが起こる原因についてお伝えします。

熱割れは何が原因で起こるの?

熱割れは何が原因で起こるの?

熱割れは、窓ガラス全体で「温度差」が発生すると起こります。直射日光や冷暖房の送風などが当たっている部分のガラスは温度が高くなりますが、サッシなどで隠れている部分の温度はそのままです。結果、窓ガラス全体で温度差が生まれます。

温度が高くなったガラスは、膨張する性質があります。つまり、温度差が発生することによって、窓ガラス全体で膨張する部分とそうでない部分とができるのです。日光や冷暖房によって熱せられた部分のガラスが膨張し、サッシなどに隠れている部分は膨張しないということになります。

その膨張している部分としていない部分の、膨らみの差が限界を迎えると、ガラスは割れてしまうのです。この現象のことを熱割れといいます。

熱割れは、冬に起こりやすいといわれています。窓ガラス全体のうち、直射日光が当たったガラス部分は温められますが、サッシなどで隠れていて直射日光が当たっていない部分は熱が伝わるのに時間がかかってしまいます。

冬は気温が低いため、熱が当たった部分と当たっていない部分の温度差が大きくなるため、熱割れが起こりやすいのです。

熱割れを見分ける方法

熱割れの見分け方は、ヒビの状態を確認することです。

熱割れの場合、あまり熱せられていない部分、つまり熱せられていないサッシに近いほうから割れます。また、熱割れの場合は1本または2本の線が入るのが特徴です。

一方、モノがぶつかったことによってガラスが割れた場合は、モノが当たった部分から割れます。また、ヒビがクモの巣のような放射状になるのも特徴です。

熱割れが起こりやすい窓ガラスがある

「網入りガラス」はとくに熱割れが起こりやすいガラスです。網入りガラスとは、クロス状の線が入っている、火災が起こった際に延焼を防ぐ効果のあるガラスです。

網入りガラスは中に金属製のワイヤーが入っているため、熱が伝わりやすくなって膨張しやすくなります。そのため、熱割れを起こしやすいのです。

窓ガラスが割れたら修理・交換をお早めに!

窓ガラスが割れたりヒビが入ったりしたら、早めに交換することをおすすめします。割れたガラスを放置しておくと不審者が入ってくるおそれがあります。

また、ヒビ割れたガラスを放置しておくと、何らかの衝撃によってガラスが割れ、飛び散った破片によってケガをするおそれがあるのです。そうなることを防ぐためにも、早めに修理や交換をおこないましょう。

弊社では、全国各地に加盟店がございます。お電話いただければ、実績のある加盟店スタッフが現場へ駆けつけ、丁寧に作業をおこないます。また、割れたガラスは無料で処分いたします。ガラスが割れたりヒビが入ったりしたときは、ぜひ弊社にご相談ください。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

窓ガラスの熱割れを普段から予防するには?

ここからは、窓ガラスの熱割れを防ぐ方法についてご紹介します。熱割れを防ぐ方法を知らないと、知らないうちに熱割れを引き起こす行動をとってしまうかもしれないので、以下の内容をしっかりと理解しましょう。

【予防法1】窓ガラスにシールや遮熱フィルムを貼らない

【予防法1】窓ガラスにシールや遮熱フィルムを貼らない

窓ガラスにシールや遮熱フィルムを貼らないことで、熱割れを防ぐことができます。シールや遮熱フィルムは、部屋の中に熱が入ることを防ぐために熱を吸収するものです。その結果、熱によってガラスが膨張しやすくなり、熱割れの危険が高まってしまうのです。

そのため、なるべく窓ガラスにシールや遮熱フィルムは貼らないほうがよいでしょう。どうしても遮熱フィルムを貼りたいという方は、製品によっては熱割れを起こしにくいものも販売されているようなので、そういったものを利用することをおすすめします。

【予防法2】冷暖房を直接窓ガラスに当てない

熱割れを防ぐには、窓ガラスを冷暖房に当てないことも重要です。冷暖房を直接窓ガラスに当てると、当たっていない部分との温度差が大きくなって熱割れしやすくなるのです。そのため、エアコンを使う際は、窓ガラスに直接当たらないよう風向きを調節してください。

【予防法3】家具や家電を窓ガラス付近に設置しない

熱割れの防止には、家具や家電を窓ガラス付近に設置しないことも有効です。家電や家具と窓ガラスをくっつけて設置すると、家電や家具と窓ガラスの隙間に熱がこもりやすくなります。

そうなると、窓ガラスが熱によって膨張して熱割れを起こしてしまうのです。そのため、窓ガラスからは家具や家電を離して設置しましょう。

【予防法4】黒っぽい色のカーテンをかけない

黒っぽいカーテンをかけないことでも、熱割れを防ぐことができます。黒は光を吸収しやすい色なので、黒いカーテンをすると窓ガラス付近に熱が集まって熱割れが起きてしまう危険性があるのです。

また、黒以外の濃い色であっても、熱を吸収しやすく、熱割れを起こすおそれがあります。なるべく淡い色のカーテンを選ぶとよいでしょう。

それでも熱割れが不安な場合は……

ここまで、熱割れを防ぐ方法についてご説明してきましたが、熱割れを起こしにくいガラスへ交換する方法もあります。熱割れが不安な方は、熱割れを起こしにくいガラスに交換してみてもよいかもしれません。

ガラスの交換は自分でもおこなうことができますが、業者に依頼するのがおすすめです。業者に依頼することで、手間や時間をかけずに交換してもらうことができます。

弊社では、ご相談内容から最適なガラスをご提案いたします。そのため、「どのガラスがよいかわからない」という方でもご相談していただけます。

また、お電話は24時間365日受付しているので、ご都合のよい日時にいつでもご相談していただくことができます。作業日に関しても、「平日は忙しい」という場合は、土日の中から調整することが可能です。ガラスの交換をご希望の方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

熱割れに強い窓ガラスに交換してみよう!

ここからは、熱割れしにくい窓ガラスについてご紹介します。熱割れを防ぐためにも、ぜひ参考にしてみてください。

熱割れに強いガラスの種類

熱割れに強いガラスの種類

「耐熱強化ガラス」は、熱割れに強いといわれています。耐熱強化ガラスは、防火機能のあるガラスですが、網入りガラスとは異なり、ワイヤーが入っていないため熱割れが起こりにくいのです。

「耐熱強化ガラスは高そう」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、耐熱強化ガラスにすれば、熱割れによる修理費がかからなくなります。そのため、長年使うことを考えれば、耐熱強化ガラスに交換したほうがお得な場合が多いのです。

ガラス交換の費用目安

耐熱強化ガラスへの交換を検討している方の中には、「耐熱ガラスに交換したいけど、やっぱり費用面が心配……」と思われている方もいらっしゃるでしょう。ここからは、耐熱強化ガラスに交換した際の費用目安についてご説明します。

耐熱強化ガラスに交換する際は、20,000円~50,000円程度が費用相場です。また、中には60,000円程度の料金がかかるところもあります。

耐熱強化ガラスは、防火や熱割れを防ぐ役割を持っているので、通常のガラスと比較したら高額になってしまうようです。また、このほか業者によってはガラスの処分費や出張費がかかるところもあります。

ただし、ガラスの交換費用はサイズや厚みによって大きく変動します。そのため、「耐熱ガラスはいくら」と明確にはお伝えできないのです。明確な費用を知るためにも、一度業者に見積りを依頼してみるとよいでしょう。

熱割れによる窓ガラス交換は保険が使える場合がある

熱割れによる窓ガラス交換には、火災保険が適用できることがあります。火災保険は「予測不能で突発的な事故」の際に適用できるので、窓ガラスの熱割れも保険の補償対象になることがあるのです。

そのため、一度窓ガラスの熱割れで火災保険が使えるかどうか、保険会社に問い合わせてみることをおすすめします。

もし、窓ガラスの交換を保険を使わずにおこなう場合は、できるだけ費用を抑えて交換をおこなうためにも複数業者から相見積りを取ることがおすすめです。相見積りを取ることで、複数業者の費用を比較することができ、お得な業者が見つけやすくなります。

また、このとき、見積り無料の業者を選ぶのがおすすめです。そうすることで、費用を気にせずに多くの業者から見積りを取ることができるので、よりお得な業者を見つけやすくなります。

弊社では、ガラス交換の見積りは無料でおこなっております。そのため、「依頼するかは費用を見てから決めたい」という方も、お気軽にご相談いただけます。また、正式な見積り後から、追加料金は一切発生しません。さらに、作業日に関しては土日・祝日いつでも対応することが可能です。

「窓ガラスが割れたので修理や交換したい」「耐熱強化ガラスに交換したい」という方は、お気軽に弊社までご連絡ください。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー