ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 窓ガラスの結露防止に試せる対策法|原因を理解して早めに対処を!

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

窓ガラスの結露防止に試せる対策法|原因を理解して早めに対処を!

窓ガラスの結露にお困りの方に向けて、日ごろから試せる予防方法と道具を使った本格的な結露対策をご紹介します。どれも難しくありませんのでぜひお試しください。それでも改善されない場合は断熱ガラスへの交換も手段のひとつです。

このコラムでは、結露対策のほかに断熱ガラスの交換にかかる費用などを解説しますのでご参考ください。また、結露を放置しているとカビの発生など二次被害がおきてしまうことがあります。放置によるリスクも紹介していますのでしっかり対策をしましょう。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

窓ガラスの結露防止|原因と日ごろから試せる対策

まずは、窓ガラスの結露が起きる原因や日ごろからおこなえる結露を防ぐ対策方法までご紹介します。結露は道具などを用意しなくても防ぐことができるのです。

窓ガラスが結露する原因

窓ガラスが結露する原因

窓ガラスが結露する原因は、室内外の気温差と湿度の高さが関係しています。特に冬は、外では気温10度以下でも、部屋の温度は20度以上に温めているということがあります。この外と内の温度差が結露をつくりだすのです。

また、湿度も大きな原因となっています。冬の間は外気が冷たいため、換気をあまりおこないません。そうすると、人が発生させる湿度によって部屋に湿気が溜まりやすくなるのです。飽和水蒸気量を超えると気体から水に変化し、結露として窓ガラスに現れてきます。

【対策1】こまめな換気をする

湿度が高くなると結露は現れやすくなります。換気をおこなって湿気を外に流しましょう。部屋の2か所以上の窓を開ける自然換気や、一か所窓を開け、家の中の換気扇をすべてまわす強制換気という方法があります。

冬は換気を怠りがちですが、1日に1度以上はやっておきたいです。空気の入れ替えをおこなうことで結露を防ぐことができます。

【対策2】結露の原因になるものを置かない

結露の原因となりやすい、水を含んだものを窓の近くに置かないようにしましょう。観葉植物や水槽は常に水蒸気を発しています。窓際に置くと結露が起きやすくなってしまうので、もしも部屋に置く場合には換気扇やドアの近くなど空気の動く場所に置くとよいでしょう。

【対策3】外気温と室温の差が大きくならないようにする

外の気温と屋内の気温差があると結露が起きやすくなります。特に冬は部屋を暖めたくなってしまいますが、この気温差が大きいほど結露ができやすいため、むやみに暖房器具の温度を上げないようにします。

屋内でも厚着をするなど、少し過ごし方をかえてみるのもオススメです。また、石油ストーブやガスストーブは水蒸気を発生させますが、エアコンやハロゲンヒーターだと湿度をおさえることができます。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

窓ガラスの結露防止|本格的に対策するには?

窓ガラスの結露防止、まずは日ごろの対策方法をご紹介しました。次の章ではあわせて利用すると便利な結露対策グッズや方法をご紹介します。

【対策1】結露防止シート・スプレーなどを活用する

対策1】結露防止シート・スプレーなどを活用する

結露防止シートやスプレーなどを用いて窓の結露を解消する方法があります。結露防止シートとは、窓ガラスに貼り付けるシートで、透明なものや柄入りのものなどあります。

結露防止シートには2種類あり、ひとつめは何層にも重なって断熱構造になっています。温度差による結露を防ぐことができるというものです。ふたつめは、発生した結露を吸収して水滴が垂れないようにするというものです。窓の下の方にテープのように貼り付けて吸収します。あまりに結露が多いとあふれ出てしまうことがあるので注意が必要です。

結露防止スプレーは、結露防止シートのスプレー版です。窓に吹きかけることで、断熱の膜を作り出し、温度差による結露を防ぐことができます。湿気のひどい季節は効果が早く落ちてしまうことがありますが、手軽に対策したい方にはオススメです。

【対策2】エタノールと中性洗剤を使う

エタノールと中性洗剤(食器洗い洗剤)を用いて結露を防止することができます。まず、エタノールをキッチンペーパーやいらない布などに染み込ませてサッシの掃除をしてください。これでアルコール殺菌をおこなうことができます。

次に、中性洗剤を水で薄めたものをきれいな雑巾やタオルに染み込ませて、窓ガラスを拭きます。洗剤の界面活性剤が水をはじいて窓に結露を作らせないようにできるようです。効果はあまりもたないため、週に1度くらいで継続すると結露知らずの窓を作ることができます。

【対策3】断熱ガラスに交換するのも対策のひとつ

わざわざガラスに何かを張り付けたり塗ったりするのは手間という場合や、ちょうど窓ガラスを変えようとしていた時には、断熱ガラスに交換することをオススメします。

断熱ガラスは二層になっており、間に空気の入った隙間がつくられていることから外気の影響を受けません。窓の近くにいても外の温度を感じにくいため、冬には暖かく、夏には涼しくいられます。それから、部屋の温度が外に逃げることがなく一定にしやすいため、エアコンやヒーターなどの電気代やガス代を節約することができますよ。

便利な断熱ガラスですが高価であるのがネックで、普通のフロートガラスは6,000円~15,000円(100×100センチメートル)ほどが相場であるのに対して、断熱ガラスは30,000円~(100×100センチメートル)というのが相場です。確かに高価ではありますが、エアコンなどの電気代節約や結露予防の手間を考えたら魅力的ですね。

もしもガラスの交換をお考えでしたら、弊社におまかせください。全国の加盟店からご希望にあった業者をご紹介いたします。年中無休で電話相談を受け付けていますので、いつでもご連絡をお待ちしています。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

窓ガラスの結露を放置していると…?

窓ガラスの結露を放置していると、天井や床などまで被害が広がってしまったり、健康被害が出てしまったりといいことがありません。結露の放置によるおそろしい被害をご紹介します。

カビの発生原因になる

カビの発生原因になる

カビは水分のある場所に発生します。さらに暖かい場所を好むため、一年中温度が一定になっている部屋の窓はカビが生える条件が整っているのです。油断していると、窓枠の角やサッシのあたりなどにカビが発生していることがあります。

カビはアレルギー症状を起こすことがあるため、長期にわたってカビのある部屋で生活しているとアレルギーを発症してしまうかもしれません。健康に害を及ぼさないためにも、カビを見つけたらすぐに対処するようにしましょう。

木材の腐食やシミの原因になる

結露がひどいと壁や天井、床に水が染み込み、シミができることがあります。このシミからカビが発生することや、水が深く入り込んでしまっていると内側で腐食が起こるおそれがあります。

腐食が進むと柱などまで広がり、木造建築であれば建物の基礎部分までたどりついてしまうかもしれません。そうなると倒壊のおそれからその家に住むことは難しくなってしまいます。少し大げさですが、結露による壁の中の腐食は珍しくありません。そこからシロアリの発生など二次被害が起こりかねないので、しっかり結露の対策がしたいですね。

ダニの発生原因になる

ダニは湿気とカビとホコリが大好物です。結露によって窓枠に発生したカビを放置していると、そこにホコリが溜まっていきダニの好む環境が完成します。

ダニが繁殖してしまうと、ひとやペットに移るおそれもあるのです。また、ダニはアレルギー性鼻炎などの原因として知られています。ダニに噛まれる以外にも、ハウスダストとして吸い込んでしまうことによって、アレルギーなどの健康被害が起きてしまうことがあるため、注意が必要です。

窓ガラスの結露に悩まないために

窓ガラスの結露を放置していると私たちの健康にまで影響を及ぼすことがわかりました。結露が起こるたびに拭き取ったり、対策したりするのは大変です。家のリフォームなどのタイミングで断熱ガラスに変えてみるのはいかがでしょうか。すべての窓ではなく、リビングや子供部屋など、場所を限れば費用も抑えることができますよ。

もしも結露にお悩みでしたら弊社におまかせください。24時間いつでもお電話相談受け付けております。現地調査によるお見積りは無料ですので、ご納得のうえご依頼いただけます。お気軽にご相談くださいませ。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー