ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 窓の冷気はご勘弁!効果的に防ぐ方法と室内の温度を保つためのコツ

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

窓の冷気はご勘弁!効果的に防ぐ方法と室内の温度を保つためのコツ

 

せっかく暖まった室内の空気も、外気からのひんやりとした、冷たい空気が流れ込んでしまってきては台無しです。窓からの冷気侵入に、頭を悩ませている人は多いのではないでしょうか?心地よい室内空間も、一気に居心地が悪くなってしまいますよね。

 

窓からの冷気侵入を防ぐためには、できる限りの防衛措置(そち)を取ることが求められます。適切な方法を知り、対処方法を実践すれば、この歓迎できない訪問者を拒むことができるでしょう。今回のコラムでは、冬の窓からの冷気侵入対策を紹介します。

 

寒い冬。「突然入ってくる窓からの冷気対策をしたい」という人は、ぜひとも最後までお読みいただき、参考にして実践してみてください。

 

 

窓から冷気が入ってくる仕組み

“コールドドラフト”という言葉があるように、窓からの冷気侵入は幅広い人が持つ、共通の悩みです。コールドドラフトとは、窓で冷やされた空気が足元に流れていく現象のこと。窓面いっぱいから侵入してくる冷気は、まず足元に冷えを感じることが多いですよね。

 

断熱材を含んでいない窓は、壁などのほかの建具に比べて、熱と冷気のやりとりが頻繁におこなわれます。一説によると、窓からの冷気侵入、暖かい空気が逃げる割合は50%近くにまでなるのだとか。この事実は、これまでの体験からも納得がいくことでしょう。

 

冷えた外気の多くは、窓をとおって室内に侵入してきます。考えてみると明らかですが、窓は壁などに比べて厚みが少なく、触ってみると冷えていることが多いですよね。これは窓から冷気が侵入してきている、紛れもない証拠です。“窓は冷気の侵入口”なのです。

 

窓の冷気は結露の原因に!結露は熱が逃げている証拠!

 

冬の窓に生じる悩みのひとつが“結露”です。窓の表面に大量の水滴がびっしりと生じる結露はカーテンを濡らす原因にもなり、快適とはいいがたい存在でしょう。結露、その発生は実は窓から熱が逃げている事実を証明する存在ともいえるのです。

 

窓の結露はなぜできるの?

結露は空気中に含まれる水蒸気が水分となり、窓の表面に付着したものです。室内の暖かい空気が、外気によって冷やされた窓にぶつかることで急激に冷やされ、その結果として窓の表面に結露が生じているのです。結露はすなわち、空気が冷えた証拠なのです。

 

窓からの冷気を塞ぐことで電気代の節約にも!

結露が生じているということは、それだけ室内の暖かい空気が冷やされている、ということです。暖かい空気が損失している、といってもよいでしょう。暖房機器は必死に働きますし、比例して電気も消費しています。冷気対策をすることで、節約にもなるでしょう。

 

窓の冷気をお手軽に抑える方法

とはいえ、窓からの冷気を抑える方法がわからなければ、対策のしようもないでしょう。そこでここでは、すぐにできるお手軽な“窓の冷気対策の方法”を紹介していきます。

 

長めのカーテンをつける

日光を遮(さえぎ)るカーテン。その役割は日光を遮断することだけではありません。同様に、窓からの冷気を遮断する機能もあるのです。冬のカーテンを開けた瞬間に、冷たい空気が流れ込んできた、という経験がある人も多いのではないでしょうか?

 

長めのカーテンを取り付けることで、窓からの冷気の侵入を効率的に防ぐことが可能です。素材に厚めのものを選べば、その効果はさらに高いものになるでしょう。現在カーテンの取り換えを検討している人は、ぜひ長めのカーテンを選んでみてはいかがでしょうか?

 

窓に断熱シートを貼る

“プチプチシート”のような見た目の断熱シートは、窓に直接貼ることで、冷気の侵入を減らすことができる便利なアイテムです。市販されているため手軽に入手でき、値段も手ごろ、なおかつ貼るのも簡単と、3拍子揃った冷気対策アイテムのお手本といえます。

 

カーテンボックスを取り付ける

カーテンの上部、フック部分にあるスキマ。このスキマからも、窓の冷気は侵入してきます。これを防ぐためには“カーテンボックス”を用いましょう。カーテンボックスは、カーテン上部のフック部分を覆うことができるアイテムです。見た目もスマートですよ。

 

モヘヤシールで隙間を埋める

サッシ部分に貼る“モヘヤシート”は、短い毛が生えた窓のスキマに貼るシールのこと。サッシからのスキマ風を防ぐことができるため、冷気対策に効果を発揮します。

 

断熱ボードを置く

断熱ボードは、窓に立てかけて使用する断熱材。コールドドラフトという言葉に象徴されるように、窓からの冷気は主に下から流れてきます。断熱ボードで下半分でも覆うようにすれば、窓からの冷気侵入の効果的な対策方法となるでしょう。

 

もう一段階進んだ窓の冷気対策

 

前項で紹介してきたのは、いわば簡易版の窓の冷気対策方法。もちろん効果は高いですが、それ以上に本格的な冷気対策をするのであれば、下記を参考にしてみてください。

 

雨戸やシャッターを活用

雨戸やシャッターを閉めることは、窓からの冷気対策として非常に効果が高い方法です。窓と外気の接触を物理的に回避させることができます。ぜひとも活用してみてください。

 

窓の下にヒーターを置く

窓の下にヒーターを置くことで、効率的に室内を暖めることができます。また、窓の下に置くための専用ヒーターも市販されていますので、設置してみるのもよいでしょう。

 

二重窓にする

窓のサッシを二重に設置した“二重窓”。雪国などでは昔から用いられている、窓からの冷気対策の方法です。窓の間に空気の層を生み出し、冷気の侵入を防ぎます。

 

複層ガラスにする

複層ガラスは、ガラスを何枚も重ねて作られた、特殊なガラスのことです。通常のガラスよりも多くのガラスを使用しているため、その断熱効果が高いのはなんとなく思い描くことができるのではないでしょうか?複層ガラスに交換することでも冷気対策が可能です。

 

まとめ

ひんやりとした窓からの冷気侵入。この招かれざる訪問者の侵入は、誰しも避けたいと思うのが本音でしょう。そのための方法や知恵を、今回は紹介してきました。まずはご自宅で実践できそうなことから、試してみてはいかがでしょうか?

 

雨戸やシャッターを閉めたり、窓の下にヒーターを置いたり、効果的な対策方法はさまざまです。しかし、中でももっとも手間なく冷気対策ができるのは、窓ガラスの交換ではないでしょうか?設置してしまえば通年、例年、窓からの冷気対策が継続できます。

 

窓ガラスの交換をしよう、と考え始めた人に、まずは相見積りを取ることをオススメします。複数の業者に見積りを依頼し、内容や金額を吟味する方法です。ぜひガラス交換の業者選びの際は、活用してみてください。快適な居住空間が、あなたを待っていますよ。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー