ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 最新情報・レポート > ペアガラス交換で夏も冬も快適に!過ごしやすい家は窓ガラスに

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

ペアガラス交換で夏も冬も快適に!過ごしやすい家は窓ガラスに

 ペアガラス交換で夏も冬も快適に!過ごしやすい家は窓ガラスにあり

 

 

「ペアガラス」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?ペアガラスとは窓ガラスの一種のことなのですが、これに交換すると夏も冬も非常に快適に過ごせるようになるという優れモノです。

 

今回は、このペアガラスが一体どのような構造のものなのか、どうして夏や冬を快適に過ごせるのかをお伝えします。また、このペアガラスと混同されやすい、ある物についても簡単にですが説明していきます。

この記事を読んでペアガラスの魅力を是非とも知ってください。

▼ペアガラス…聞いたことがあるけど結局なに?

ペアガラスという名前は聞いたことがあるけど、実際どのようなものなのかを知らない人は結構多いようです。そこでまずは、ペアガラスというものはなんなのかを知っていきましょう。

 

簡単に言えば二重ガラスのこと

ペアガラスとは、簡単に言ってしまうと2重ガラスのことを指します。ペアガラスは2枚のガラスとその間の中間層に乾燥した空気が入っており、こうした構造にすると高い断熱効果が得られます。

一般的には6mmほどの空気層を作っているものが多いですが、中間層の空気が厚ければ厚いほど断熱効果も高まることから、高い断熱効果を発揮するために倍の12mmほどの空気層が作られているペアガラスも存在しています。

 

Low-Eガラスについて

ペアガラスについて調べていくと、Low-Eガラスという言葉が出てきます。これは、ガラスの片側表面を特殊な金属膜を薄くコーティング加工してあるもので、これにより太陽の日差しを和らげる効果が発揮されます。

これを採用したペアガラスは、より高い断熱効果を発揮します。Low-Eガラスには、遮熱タイプと高断熱タイプという2つのタイプが存在します。遮熱タイプは、夏場の強い日差しなどをさえぎることができ、外の高温を防ぐことで冷房の効果も高くなります。

 

高断熱タイプは、冬でも太陽光を多く透過する性質があるため、室内を暖かく保つことができます。また、暖房から発生する遠赤外線を反射する性質もあることから、暖かい空気を逃すことなく高い暖房効果が発揮されます。

どちらも断熱性能はほぼ同じなので、気候や風土、窓の方角などに合わせてタイプを選択することをおすすめします。

 

ペアガラス3種とは

ペアガラスにはいくつか種類があるのですが、基本的には3種類に分類されます。

 

●一般複層ガラス

Low-Eガラスを一切採用していないペアガラスのことを指します。ペアガラスの中では特に一般的なものですが、Low-Eガラスを採用しているペアガラスに比べると断熱効果は低いです。

●高断熱複層ガラス

室内側のガラスにLow-Eガラスを使用しているペアガラスです。室内側をコーティング加工することによって暖房熱などが窓から逃げるのを大きく防ぐ効果が発揮されます。断熱効果は一般複層ガラスに比べると約1.5倍あります。

●遮熱高断熱複層ガラス

Low-Eガラスを室外側のガラスに採用しているペアガラスです。外からの日差しを大きく和らげる効果があります。また、冷房などが稼動していなくても室内の涼しさを保つ効果があります。

強い日差しをさえぎる効果があるのですが、太陽の光を取り入れたい場合は、こちらではなく高断熱複層ガラスのほうがおすすめです。断熱効果は、一般複層ガラスと比べて約3倍になります。

▼ペアガラスを使用するとどんなメリットがある?

ペアガラスを使用するとどんなメリットがある?

 

ペアガラスを使用することで、いくつかのメリットが発生します。一体どのような効果が存在するのでしょうか?ここではそれを紹介していきましょう。

 

ペアガラスのメリット1:高い断熱効果

なんといってもペアガラスを使用することで生まれる最大のメリットは、高い断熱効果です。通常のガラスに比べて約3倍~5倍の断熱効果が期待できることから、夏は涼しく、冬は暖かく、1年を快適に過ごすことができます。

 

ペアガラスのメリット2:結露の発生を防ぐ

窓ガラスには結露が発生しやすいですが、暖かい空気が近くにある温度の低いガラスの影響で冷やされて水滴となって現れるものです。空気とガラスの温度差を減らすことができれば、結露の発生を防ぐこともできます。

ペアガラスには空気層が存在するため温度が保たれやすく、ガラス本体の温度が通常ガラスに比べると低くなりにくいです。そのため結露が発生する可能性がある気温も通常ガラスに比べると9℃ほど低くなり、よほど寒くない限り結露が発生する可能性は低くなります。

 

ペアガラスのメリット3:省エネも期待できる

ペアガラスは外の熱気や寒気を防ぐだけでなく、室内の冷気や暖気を逃さない効果もあります。その結果、冷暖房の稼働率が下がりエネルギー消費が削減されやすいです。結果として、光熱費の削減にも繋がるため夏季・冬季における家計への負担を減らす効果が期待できます。

▼よく間違える「二重サッシ」はペアガラスとは別物です 

ペアガラスは「二重サッシ」と呼ばれるものと、よく間違えられることが多いです。2重構造という点で間違えられやすいですが、二重サッシは窓枠の内側にさらに窓枠を取り付けることによって物理的に窓を2重構造にしたものを指します。

そのため、2枚のガラス板と空気層を使って形成されたガラスそのものを指すペアガラスとは、まったく異なります。二重サッシは、ペアガラスと同じく遮熱、断熱効果が高いですが、それ以外にも、防音や防犯といった部分にも効果があります。

 

つまり、ペアガラスが遮熱・断熱などに特化したものであることに対して、二重サッシはそれ以外にも存在する複合的な効果を目的として使われます。ペアガラスがガラス本体に対して、二重サッシは窓枠であるため取付工事にも違いが出てきます。

お住まいの住宅や風土、気候などに合わせて選択するようにしましょう。

▼ガラス交換は専門の業者へ依頼しましょう

ガラス交換は専門の業者へ依頼しましょう

 

ガラスをペアガラスに交換したい場合は、専門の業者に相談してみましょう。その際は、複数の業者に見積りを出してもらい、その内容を比べてみることをおすすめします。そして、もしも不明瞭な内容が存在する場合は、その見積りを出した業者に説明を求めるようにしましょう。

 

もしも、説明を聞いても内容が不明瞭な場合や、相手が見積りの内容を説明できない場合は、その業者に依頼するは控えたほうがよいでしょう。また、業者を選ぶ際には、口コミサイトなどで評判を調べるのも1つの方法です。

 

しかし、この際に気を付けてほしいのは口コミの内容です。多種多様な内容が書き込まれており、中には単なる誹謗中傷や自分勝手な意見も存在します。内容をしっかりと吟味したうえで判断するようにしましょう。

業者選びは、ガラス施工において非常に重要な問題です。後悔しないように、できる限りの判断をおこなって慎重に選ぶことをおすすめします。

▼まとめ

今回はペアガラスについて説明してきましたが、ペアガラスの魅力は伝わったでしょうか?ペアガラスは、高い断熱効果と遮熱効果により非常に快適な室内環境温度を整えてくれる優れものです。

またそれ以外にも、結露の発生をおさえたり、省エネ対策としても効果があります。ペアガラスと二重サッシは似て非なるものですので、もし取り付けを考えているのならそれぞれの特性を理解し、間違えないようにしてください。

 

この記事を読んで、ペアガラスがどれだけ優れた効果を持っているかを知っていただけたでしょう。これを機会にお家のガラスをペアガラスに交換するのも検討してみるとよいかもしれませんね。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008