ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > マンションに雨戸がない!台風対策のポイントは窓ガラスの飛散防止

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

マンションに雨戸がない!台風対策のポイントは窓ガラスの飛散防止

マンションでのガラスの台風対策とは?雨戸がなくても窓を守る方法を紹介!

近年では、「いままでにない台風」や「○○年に一度の大きな台風」などといわれる台風が日本列島にやってきています。そのため、いままでは大丈夫だったことがそうではなくなっているのです。

実際に、強風によって車が飛ばされたり、高層階のマンションなどでは飛来物にて窓が割れたりすることも起こっています。いままでに予想したことのない事態が起こっているのです。そのため、私たち自身の台風への備えなどの考えを改めないといけないのかもしれません。

今回は、雨戸やシャッターのついていないマンションで、どのようにベランダの窓ガラスを守ればよいか、マンションでのガラスの台風対策を詳しくご紹介します。これからの時期、まだまだ台風はやってきますので、ぜひ参考にしてみてください!

雨戸などがないマンションでの台風対策とは?

雨戸やシャッターのついていないマンションの窓ガラスでは、台風対策としてどんなことをしたらよいのでしょうか。

マンションの窓は安全なの?

マンションなどの高層階では、雨戸やシャッターがついていないことがほとんどです。というのも、閉めた雨戸やシャッターと窓の間には少し隙間があり、高層階となると風圧の大きな風が吹き込むため、雨戸やシャッターが飛んでしまう可能性があるのです。

飛んだ雨戸やシャッターが、人やモノにあたって被害を与えることを避けるために、多くのマンションでは雨戸などがつけられていません。また、景観がよくないということから雨戸をつけていない場合もあります。

最近のガラスには簡単に割れないものも多く、強化ガラスを設置しているマンションなどもあります。そのため、ある程度の強風までであれば安全といえるでしょう。ただ、飛来物の衝撃によってヒビが入ったり、割れたりすることは十分に考えられるので不安な方は対策が必要です。

不安なときは、どんな対策をしたらいいの?

マンションなどのガラスは簡単には割れないようになっています。ただ、飛来物の衝撃などによってヒビが入ったり、割れたりすることがあるので対策方法をお伝えします。

・窓専用の養生テープやガムテープなどを使用する!

100円均一などでも購入できる窓保護のテープやガムテープなどを、窓の内側にバツ印になるように貼りましょう。養生テープや窓保護テープは簡単にはがせるテープですが、ガムテープを使用するときは、跡が残るので注意が必要です。

・飛散防止フィルムを貼る

フィルムは窓に一度貼っておけば、台風のたびに貼る手間がかかりません。もしガラスが割れたとしても、フィルムがあれば飛散しないので安心です。ホームセンターなどで購入できるので試してみましょう。ただ、貼るときにできるシワなどを気にされる方は、業者に依頼することをおすすめします。中には紫外線カットのものもあるので、自分にあったものを選ぶとよいでしょう。

・段ボールで補強

段ボールを外側から窓にあてて、その上をガムテープなどで補強する方法です。ガラスにモノがあたっても割れるのを防いでくれます。たとえガラスが割れても室内に飛んでこないので安心ですよ。自分でも手額にできる方法でしょう。段ボールでは不安な方は木の板でもよいでしょう。特に古い窓のガラスは、薄く簡単に割れてしまうため補強が必要でしょう。

・カーテンを閉める

ガラスが割れたときに室内側から飛散を防ぐ方法もあります。それがカーテンです!カーテンのない箇所は突っ張り棒などを設置して、カーテンをつけておきましょう。これだけでも十分に効果は期待できます。

台風のガラス対策のご相談はお任せください!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

室内に雨戸を設置できる?

室内に雨戸を設置できる?

マンションなどの窓ガラスが割れないか不安という方には、室内に設置できる雨戸がおすすめです。日差しを調節したり、外からの視線をさえぎったりできるということから設置される方も増えています。ただ、場所によっては設置できないこともあるので事前に確認が必要です。また、内窓には設置できず、一般的な雨戸やシャッターと比べると色やデザインが少ないです。

雨戸は業者に依頼して設置してもらいましょう。設置できるのかどうかの確認も、素人では判断することができませんので、業者に任せる必要があります。

ベランダの手すりガラスにも注意!

ここまで、マンションの窓ガラスの台風対策をご紹介してきました。ただ、マンションなどのベランダでは、手すり部分がガラスになっているところがあります。

戸建住宅でもみられるベランダの手すりガラス。窓よりも風の被害を受けやすいといわれているので危険です。強化ガラスとなっていることが多いですが、室外機が倒れてヒビが入ったり、トタンや瓦が飛んできて割れたたりすることも考えられるでしょう。ガラスだけでなく、それを固定していた柱ごと倒れてしまう可能性もあります。

不安な方は、ベランダの内側から段ボールなどで補強をしておくと安心でしょう。また、ベランダにあるモノが風で飛ばされてあたるかもしれないので、洗濯竿などは外して床に置いてください。ゴミ箱や植木鉢なども飛ばないように固定しておきましょう。心配であれば室外機も、ロープなどで固定しておくことをおすすめします。

マンションの台風対策として、その他に注意しておくこととは?

ガラスが割れた!ベランダのガラスが割れた!そんなときは、業者に依頼しよう!

マンションの台風対策では、ガラス以外にも注意するべきことがあります。

ベランダなどの排水口をしっかり掃除しておくことです。台風時は雨も強くなります。そのため、排水口にゴミがつまっていてはうまく排水されずに詰まってしまうのです。

下の階まで影響を及ぼすこともあるので、台風が来る前に確認しておきましょう。そして、停電や断水が起こってしまう可能性もあるので、食料品や懐中電灯、ラジオなどの用意も必要です。スマートフォンは懐中電灯の役割もし、情報源ともなります。普段からしっかり充電しておきましょう。

ガラスが割れた!ベランダのガラスが割れた!そんなときはどうしたらいいの?

対策をしていても、絶対にガラスが割れないとはいいきれません。そんなときはどうしたらよいのでしょうか?

ガラスが割れたときは業者に相談しよう!

ガラスが割れてしまったら、処分や交換をガラス業者に依頼しましょう。素人が割れたガラスを掃除したりガラスを外したりすると、ケガをするかもしれません。部屋にガラスが飛散しているのであれば、手をつけずそのままの状態で電話しましょう。ガラスのプロであれば、処分までしっかり行ってくれます。

よい業者を選ぶコツとは?

業者に依頼するときに、よい業者を選ぶコツはあるのでしょうか?それは、複数の業者に見積りを依頼することです。複数の業者を比較することで、費用の相場が分かるでしょう。見積り後の追加費用が発生しないか、なども確認しておくと安心です。

また、業者のホームページを調べ、施工内容や口コミを確認しておくのもよいでしょう。信頼できるかどうかが分かります。

まとめ

今回は、マンションでのガラスの台風対策についてご紹介してきました。ほとんどの高層マンションには雨戸がありません。雨戸を設置すると風圧によって飛ぶおそれがあるため、代わりに強化ガラスを設置しているのです。

ただ、近年の台風は「経験したことのない」ようなモノばかりです。そのため、これまでは安全だった窓でも、新たに補強が必要になってくるでしょう。

窓ガラスが割れてしまったときは業者に処分・交換を依頼し、同時に室内の雨戸やシャッターの設置をおすすめします。台風時でも安心して生活できるように、今回紹介した対処法も試していただければ幸いです。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー