最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

窓ガラスが劣化して割れる原因…費用負担は誰が?

窓ガラスが劣化して割れる原因…費用負担は誰が?

窓ガラスに衝撃をあたえていないのにもかかわらず、ガラスにヒビが入ったり、割れたりする場合があります。その原因の1つが「劣化」というものです。

 

「窓ガラスが劣化するって本当なの?」と疑問に思われる方もいるのではないでしょうか。今回はそんな疑問にお答えすべく、窓ガラスが劣化で割れる原因や自然に割れる原因をお伝えするとともに、防止対策をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

窓ガラスが劣化で割れる!?劣化による割れの原因

ガラス自体が劣化することはありません。しかし、長年窓ガラスとして使用されていると、耐久性が低くなるため割れてしまうことがあるのです。そして、その耐久性が低くなる現象のことを「経年劣化」と呼んでいます。

 

「経年劣化」が目に見えて分かるのが「ガラスのくもり」です。ガラスの表面に汚れのような白いくもりが出て、クリアな視界でなくなった時は経年劣化を疑いましょう。

 

窓ガラスは屋外に面しており、常に雨風の影響を直接受けている状態です。そのため、雨風にのってホコリなどが付着することで、ガラスに目に見えないほど小さな傷がつき、傷の量が多くなればなるほどガラスが割れやすい状態になるのです。通常であれば、割れることのない衝撃でも簡単に割れてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

窓ガラスが自然に割れる原因はおもに3つ

窓ガラスが自然に割れる原因はおもに3つ

窓ガラスが劣化して割れる現象の他にも、自然とガラスが割れる場合があります。その原因を3つ詳しく見ていきましょう。

 

 

【太陽の熱や暖房器具による膨張】

太陽の光を直接受けているガラスは、「熱割れ」という現象を起こすことがあります。とくに西日が強いとガラスが膨張することがあります。しかし、そのときにガラス全体が膨張するわけではありません。膨張しやすい中心部分とあまり膨張しない周囲の部分が引っ張り引っ張られる状態になることで、ガラスがその力に耐えきれず割れてしまう場合があるのです。この現象は温度差が大きいほど起こりやすいとされているので、注意が必要です。

 

また、室内のエアコンや暖房器具の温風が直接当たる場合には、知らぬ間にガラスが加熱されてガラスが膨張します。
その際、ガラス表面に防犯フィルムなどが貼ってあったり、家具などが触れていたりすると、膨張する際に割れる原因になるので注意が必要です。とくに、ストーブやファンヒーターなどの温風が直接当たる場合、その温度はとても高温になるので、気をつけましょう。

 

そして、金属のワイヤーが入った窓ガラスの場合は、金属のワイヤーがガラスよりも膨張しやすい性質なため、普通のガラスに比べて割れやすくなります。金属のワイヤーが入ったガラスを設置するときには、直射日光が当たらない場所を選ぶことをおすすめします。

 

 

【窓のサビ】

窓ガラスの種類によっては、ガラスの内部に金属のワイヤーが入っているものがあります。火災時にガラスが飛散するのを防止させる効果がありますが、その金属がさびてしまうことがあります。ガラスの側面についているゴムパッキンが劣化し、ガラス内部に雨水が入ることが原因でこのような現象が起きてしまうのです。

 

さびた金属は、どんどん膨張していきます。そして、その膨張にガラスが耐えられなくなると割れてしまうのです。とくにガラスに衝撃をあたえたわけでなくても、自然にわれてしまうことがあるので注意しましょう。

 

 

【飛来物】

どんなに、ガラスに衝撃をあたえないように気をつけていても、外部から衝撃を受けることで割れる場合があります。たとえば鳥や風にのって飛んできた石などの衝撃が挙げられるでしょう。ほかにも、時に予想もしなかったものが風にとばされてくることも考えられます。

 

これら3つの原因以外にも、台風や落雷・積雪など天候などによって割れてしまう場合もあります。
つまり、自分が何も衝撃をあたえていなくても、他から強い衝撃がガラスに伝わることでガラスが自然に割れてしまう原因となるのです。

 

ガラスが割れるのを防ぐ!効果的な対策

ガラスが劣化して割れたり、自然にガラスが割れたりするのを防ぐための対策をご紹介します。

 

 

【ガラスの経年劣化】

・ガラスの掃除とガラスへの交換
ガラスがくもってきて、経年劣化を感じ始めたら、まずは布などで拭き取りましょう。視界がクリアになります。ガラスに含まれているアルカリ成分はガラスが古くなるにつれて少しずつガラスの外に出てくるようになります。このアルカリ成分がガラスの表面を覆うために曇ってしまうのです。布などで簡単にキレイとれるでしょう。しかし、ただくもりがとれたからといって安心はできません。ガラス表面に傷が沢山ついている場合もあるので、割れやすくなっています。できれば新しくガラスを交換される方が安心でしょう。

 

 

【太陽の熱や暖房器具による膨張の対策】

・厚手のカーテンやブラインドを窓ガラスに密着しないようにする
カーテンやブラインドからの熱によって、ガラスが膨張しやすく、割れる原因になります。密着させないことが重要です。

 

・暖房器具の口の向きを変える
ガラスが膨張しないように、暖房器具の口の位置を変えましょう。ガラスの膨張を抑えることができます。

 

・強化ガラスやシャッターなどで太陽の光を直接当たるのを防止する
通常のガラスよりも4倍もの熱や耐風圧温度をもつのが強化ガラスです。もし割れたとしても飛散することがないように作られているため、怪我を予防できます。そして、雨戸やシャッターをつければ、太陽の光を直接当てずガラスの膨張を抑えるための対策になります。

 

 

【サビ割れへの対策】

・ゴムパッキンの交換をする
ガラスの側面のゴムパッキンが劣化していないかを確認し、交換しましょう。雨水の侵入を予防できます。

 

・ガラスを交換する
すでに、金属ワイヤーがさびている場合、ガラスが割れる可能性が高まっている証です。すぐに新しいガラスに交換することをおすすめします。

 

 

【飛来物】

・衝突防止シートを貼る
鳥などがぶつかってくる場合、窓に衝突防止シートを貼るとよいでしょう。鳥が窓にぶつかる原因は窓を認識していないことにあります。シートを貼ることで、ガラスに背景が映るので、鳥が衝突を回避するようになります。

 

・台風などの時には雨戸を閉める
台風など風が強い時には、雨戸を閉めましょう。とくに台風の時には何が飛んでくるかわかりません。ガラス自体に衝撃をあたえないようにすることで、割れることを防げます。

 

賃貸でガラスが割れた…誰が負担する?

賃貸でガラスが割れた…誰が負担する?

もし、賃貸住宅にお住まいでガラスが劣化して割れた場合、貸主の負担となります。そのため、借主がガラスの修理代を負担する必要はありません。

 

しかし、故意にガラスに衝撃をあたえたり、傷をつけたりした場合は借主負担になる可能性があるので注意が必要です。

 

しかし、「熱割れ」が起こった場合は例外です。熱割れは日差しによってガラスが勝手に割れてしまう自然現象ですので、入居者に過失はありません。ガラスが割れた原因が熱割れなのではないかと感じたら、ガラスの割れ方を確認して判断しましょう。

 

まとめ

ここまで、ガラスが古くなり割れる原因や自然にガラスが割れる原因、対策方法をご紹介してきました。ガラスは、長年使用しているうちに「経年劣化」し、くもるなどの症状を見せることがあります。さらに、雨風や砂などによって小さな傷がつくこともあります。傷が増えることで耐久性がなくなり、割れやすくなってしまいますので、ご紹介したような対策をしっかりと行うことが重要です。

 

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼