ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 最新情報・レポート > 台風の窓ガラス対策と応急処置|手軽な方法から業者依頼の方法まで

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

台風の窓ガラス対策と応急処置|手軽な方法から業者依頼の方法まで

台風の窓ガラス対策と応急処置|手軽な方法から業者依頼の方法まで

夏~秋にかけて発生数の増える台風は、強い雨風が吹き荒れるだけでなく、ものが吹き飛ばされて勢いよく窓ガラスにぶつかりガラスが割れることもあります。
「過去にガラスが割れてしまった」「ものがぶつかってヒビが入っている」という方もいるはず。

窓ガラスが割れる被害は、窓ガラスの修理や交換が必要になるのはもちろん、ガラスの破片でケガをしたり室内が雨で水浸しになったりとさまざまな2次被害をおよぼします。
台風が来る前にできる対策方法を覚えて被害を防ぎましょう!

本記事では、窓ガラスが割れるのを防ぐ方法や、窓ガラスが割れてしまった場合の対処法をご紹介します。
事前に台風の対策方法を知れば、いざ台風が来ても落ち着いて対応できるようになります。

ただし、台風被害で傷ついたガラスの修理や交換が必要な場合はプロにまかせるのが安全です。
ガラス110番では最短即日でガラス修理に対応!
おすすめの業者をご紹介しますので、お気軽にご相談ください。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

窓ガラスの台風対策は2次被害防止にもなる

窓ガラスの台風対策は、ただ窓ガラスを守るだけでなく、窓ガラスが割れた場合に発生する以下のような2次被害を防ぐために必要です。

  • 割れたガラスの破片でケガをする
  • 割れた窓から雨が入って室内が水浸しになる
  • 室内に降り込んだ雨で電化製品が濡れて漏電する
  • 割れた窓から強風が一気に流れ、ものが散乱したり屋根が飛ばされたりする

台風は発生する時期も規模も危険性もさまざまです。
しかし、対策不足で本来防げるはずの被害を受ける事態は避けたいですよね。
次章以降でご紹介する対策を取り入れて安全な生活を守りましょう。

窓に飛んできそうなものを片付けよう

一般的な窓ガラスは、風圧に簡単に負けるつくりにはなっていないため、ある程度の暴風雨には耐えられます。
しかし、強風で飛ばされたものがぶつかる衝撃には耐えきれずに割れてしまうことがあります。

窓ガラスが割れるようなものが飛ばされる平均風速は20メートルです。
小石や木の枝など普段なら危険と感じないものでも、強風で飛んでくる場合は窓ガラスに強い衝撃を与えます
「この程度の風なら大丈夫」と油断せず、窓ガラスが割れる原因になりそうなものは極力減らしておきましょう。

まずは家の周囲やベランダにある風で飛ばされそうなものがないか確認してください。
物干し竿やガーデニング用品などは屋内に片付け、大きな植木鉢や自転車など屋内に入らないものは太めの縄やワイヤーで柱などの動かない場所に固定しておきましょう。

さらに、通販サイトなどで購入できる防風ネットを使用するのもおすすめです。
窓やベランダ用、瓦屋根飛散防止用など、大きさや網目のサイズが異なる複数の種類があります。
窓ガラスがある場所や飛ばされる危険性のある部分を覆って保護しておきましょう。

飛散防止フィルムで大きな被害を防ごう

屋外のものが片付けば、台風で窓ガラスが割れるリスクは減ります。
しかし、万が一に備えて割れたガラスの被害を抑える対策も重要です。
飛散防止フィルムを窓ガラスに貼って、大きな被害が出ないようにしましょう。

飛散防止フィルムとは、その名のとおり割れたガラスの破片が飛び散らないよう保護するためのグッズです。
外から室内を見えにくくする防犯効果のあるもの、断熱・遮熱効果のあるものなど、ガラスの飛散防止以外にもさまざまな機能が付いた種類があります。
必要な機能を備えたフィルムを選択しましょう。

なお、飛散防止フィルムの貼り付けは自分でもできますが、準備するものも多く作業も少し難しいです。
必要な場合は業者に施工依頼するのをおすすめします。
ガラス110番でも飛散防止フィルムの貼り付けに対応できる業者を紹介可能です。
最短10分で現場に駆けつけますので、迅速な対応をご希望の方はぜひご利用ください。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ガラス交換やシャッターの取り付けは業者に依頼

繰り返しになりますが、台風で窓ガラスが割れる大きな原因は強風にあおられたものがぶつかる衝撃です。
では、そもそもガラスにものがぶつからない、もしくは衝撃に強いガラスを取り付けるのも有効な対策だと思いませんか?
より効果的な対策をしたい方は、以下のような方法で窓ガラスを守りましょう。

・雨戸やシャッターを取り付ける
ガラスに直接ものがぶつかるのは、雨戸やシャッターのない窓です。
あと付けの雨戸やシャッターの取り付けを業者に依頼して、物理的に窓ガラスを守りましょう。

・強度のあるガラスに交換する
薄いガラスやデザイン性に特化したガラスなどは、強度を重視していないことが多いため、比較的簡単に割れてしまいます。
厚みのあるガラスや防災機能の高いガラスなど、衝撃に耐性のあるガラスに交換しましょう。

台風に強い窓ガラスの種類

一般的に窓ガラスに使われることが多いのは、フロートガラスという種類です。
生活するぶんには特に不便もないガラスですが、強度は低いので台風などの災害時に役に立つわけではありません。
強度のあるガラスは強化ガラスや合わせガラスです。
それぞれの特徴をご紹介します。

強化ガラス
強化ガラスは、フロートガラスより3~5倍の強度があるガラスです。
厚みがあって衝撃に強いだけでなく、割れ方もフロートガラスとは異なります。
フロートガラスは衝撃が加わると大きく割れて鋭利な破片ができますが、強化ガラスは一瞬で細かくなり尖った大きな破片が残りません。
合わせガラス
合わせガラスは、複数枚のガラスが層になっていて、ガラス同士は特殊な樹脂の膜で接着されています。
強化ガラス同様衝撃に強く、ものがぶつかってもガラスが大きく割れて飛び散ることはほとんどありません。
穴を開けるのも難しいため、台風対策としてだけでなく防犯にも役立つガラスです。
3in1

なお、住宅の窓ガラスには複層ガラスが使われることもよくあります。
複数のガラスが層になっており、間には空気の層があるガラスです。
複数の層があるため、合わせガラスと間違えやすいかもしれませんが、性能は異なります。
複層ガラスは断熱性能など、生活に役立つ性能はあっても強度はあまり高くありません。
ガラス交換の際に注文を間違えないよう注意してください。

ガラスの交換作業はもちろん、ガラスの種類を選ぶところから業者に相談すれば、種類を間違えるミスは起こりません。
ガラス110番24時間365日ご相談を受け付けています
ガラス交換が必要な場合は、いつでもお問い合わせください。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

急ぎの場合は手軽なもので対策を

台風対策のグッズを購入したり、業者に工事を依頼したりする時間的余裕がない場合は、ひとまず簡単にできる対策をしましょう。

テープだけを使った対策方法
窓ガラスの周りをテープで囲い、内側に米の字にテープを貼りましょう。
ガラスが割れるのを防ぐことはできませんが、破片の飛散防止にはなります。 台風の窓対策

ガムテープだとあとが残ってしまうおそれがあるため、家にある場合は養生テープの使用をおすすめします。

テープと段ボールを使った対策方法
窓を覆えるだけのダンボールがある場合は、窓がみえなくなるようにダンボールをかぶせてテープで固定しましょう。
テープだけで窓ガラスを抑えるよりもより室内へのガラスの飛散を防止できます。

また、隙間なくダンボールをかぶせておけば、窓ガラスが割れても強風が一気に室内に入ることはありません。

養生テープではガラスの強化になりません

テープやダンボールを使った対策は、あくまでも簡易の飛散防止対策で、ガラスを強化する効果は期待できません。
風圧やものがぶつかった際の衝撃に強くなったわけではないため、強風が続く間はなるべく窓に近付かないように生活しましょう。

窓ガラスが割れたときの応急処置方法

窓ガラスへの対策方法をいくつかご紹介しましたが、絶対に割れないガラスは存在しません
対策が不十分だったり、ガラスが耐えられる強度を上回る衝撃を受けたりすると、ガラスにひびが入ったり完全に割れてしまったりする場合があります。
窓ガラスにおよぶ被害を未然に防ぐ対策だけでなく、万が一ガラスが割れてしまった場合の対処法もしっかり覚えておきましょう。

・ガラスにヒビが入った
完全に割れるのではなく、ヒビが入っただけで済んだ場合は、ヒビの部分にテープを貼って押さえておきましょう。

・ガラスが割れた
まず、破片でケガをしないよう厚手の靴下やスリッパなどをはきましょう。
そして、窓はダンボールやベニヤ板でふさいで雨風の侵入を防ぎます。
破片の掃除は、靴下やスリッパだけでなく、軍手も着用して素肌がガラスに触れないようにおこないましょう。

窓ガラスの修理・交換は【ガラス110番】におまかせ

ヒビの入ったガラスや割れたガラスをそのままにしておくわけにはいきません。
応急処置を終えたら早急に業者に相談してガラスの修理や交換をおこないましょう。

ガラスの修理・交換は素人が簡単にできるものではありません。
ケガをする危険性があるのはもちろん、サッシに窓ガラスを組み込むなどの難しい作業もあるため、プロに依頼するのが安全かつ適切にガラスを修復できる方法です。

台風による窓ガラスの被害は保険が使えるかも

住宅を借りたり買ったりする際に加入する火災保険は、火災や風災、水災など、さまざまな災害による被害の修理費を補償してくれます。
適用範囲は加入する保険会社やプランなどによって異なりますが、台風で窓ガラスが割れる被害はたいてい風災の適用範囲に含まれます

また、火災保険以外にも、家財保険やガラスへの被害に特化した別の保険があるため、ご自身が加入している保険いずれかの適用範囲に該当すれば補償を受けるのは可能です。

せっかく修理費が補償されるなら、プロの手で安全かつ不備のない修理・交換をしてほしいですよね。
ガラス業者を探す際は、ガラス110番におまかせいただければ、ご希望に沿うおすすめの業者をご紹介します。

ガラス110番のご紹介する業者では、さまざまな種類のガラスを取り扱っているため、台風に強い強化ガラスや合わせガラスへの交換も対応も可能です。
さらに、見積りは無料でおこなっているため、「保険が使えるかわからないし費用が心配」という方でも安心してご利用いただけます。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
ガラスのトラブルお電話1本で即日解決します! 今ならすぐにご対応可能です!24時間365日、日本全国対応! 無料通話 各種クレジットカードOK! 調査・見積り無料
メールで無料相談

現在、日本全国
最短10分で駆けつけます