最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

サッシの手入れと交換のタイミング

サッシ

窓を開ける際に直接触れることが多いサッシ。開け閉めがしにくいと、つい気になってしまうところです。しかし中には、そのまま気にせず放ってしまう人も多いのではないでしょうか。
「開けにくい」と感じたら早めに修理を行うべきです。そのまま放置してしまうと、突然動かなくなってしまう可能性があります。外出時に戸締りしようとして閉まらなくなったら防犯上の不安があります。

また、サッシは手入れをすることによって、問題を解決や寿命を延ばすことができます。気軽にできる方法がありますのでまずは試してみることも良いでしょう。
サッシにもガラス同様に種類や特徴があります。ガラスの交換の際はガラスだけに注視するのではなく、窓枠にも重点を置いてみましょう。



サッシには“寿命”があります

建物の耐久年数をご存じでしょうか。一般的な戸建住宅はおよそ30年、マンションなどは40年ほどという話を聞いたことがある方もいると思います。

建物の窓パーツの1つであるサッシの耐久年数は20年から30年ほどと言われています。
サッシは建物の部材内でも高寿命の部類なので、どうしても修理・交換を後回しにしがちです。しかし、建物の状態次第では耐久年数より劣化が進むケースもあるのです。

原因の1つとして、建造物の状態が悪くなっていることが考えられます。
例えば戸建住宅の場合、外壁に使用されるシーリング材は基本的に10年単位で補修が必要とされています。脆くなったシーリング材を補修しないでいると、亀裂の隙間から水分が侵入し構造材が腐食してしまうことがあります。

補修を行わなかった場合は建物の劣化を加速させるだけではなく、サッシにも影響を与えかねません。外壁と内壁の湿度が上がってしまい、金属サッシや木製サッシに結露が発生し、サビやカビの発生を促してしまう恐れがあるのです。

そのためサッシの定期的な掃除はもちろん、建物の原状を把握することも大切です。


サッシを長持ちさせるためには?

サッシを長持ち

サッシはメンテナンスによって長持ちさせることができます。サビやカビが発生しにくい状態にするためにも、定期的に行いましょう。
掃除の頻度は環境によって変化しますが、年に2回程度を目安に汚れが気になれば回数を増やすといいでしょう。

金属サッシの場合であれば水洗い可能なため、不要な歯ブラシで軽く掃いて水洗いをします。水分は新聞紙などで拭き取ると効果的です。アルミサッシの場合は表面を擦ると傷がつきやすいので布類を使用しましょう。
また、スポンジに数センチ角に切れ込みを入れると簡易掃除道具を作ることができます。切り込み口をレールにはめてこすると汚れが落ちやすくなり有効に活用することが可能です。

木製サッシもしっかりケアをしなければ、劣化を早める原因となりかねません。
基本的に風雨・直射日光にさらされているため、木を保護する目的で塗料を塗る必要があります。塗料が剥がれ落ちていると水はけが悪くなり、カビや腐食の原因になってしまうこともあります。塗料が落ちたと感じたら定期的に行ってください。塗布する塗料は市販の自然系塗料やオイルステインを使用しましょう。


サッシが動かなくなった!原因はいったい何?

「サッシが動きにくい」「動かなくなった」そんなときに考えられる主な原因を、確認方法も交えて以下で確認していきましょう。

【金属系サッシに共通して考えられること】

・建物自体が傾いている
市販されている水平器で確認が行えます。傾斜があまりにもひどい場合は地盤改良の業者へ連絡をする必要があります。

・サッシ自体がゆがんでいる可能性がある
サッシの上下レールに糸を平行に張り、糸とレールを比較してゆがんでいないか確認します。

・砂利や石が間にはさまっている
窓を開けた際にガタガタするかどうかで判断が可能です。

・サッシの戸車が破損している
サッシのレール部分にすれた跡の有無で見分けましょう。

・戸車が壊れてない、窓にものもはさまっていない
戸車の高さに問題がある可能性があります。窓の下部にあるネジで調節できます。

【木窓に考えられること】

・ゴム製部品が溶けて木枠に付着し固まってしまう
細長い金属を窓とサッシの間に差し込むか、外して直接確認すると判断できます。

・湿度や気温で収縮、膨張して動かなくなった
何度も発生するようであれば、カンナでほんのわずかに削ると改善される場合があります。しかし、削りすぎるとガタつきや隙間の原因になるため、発見したらすぐにガラス交換のプロである業者に相談することをおすすめします。


サッシ交換の費用は?

家自体が傾いている場合、傾斜が急な場合は地盤の改良をしなくてはなりませんが、それ以外の原因であれば比較的簡単に修理が行えます。
また、市販の工具や材料で直すことが可能なため、一度試してみることも有効です。自力で修理が行える程度であれば、業者に依頼をするよりも費用が抑えられる場合があります。

すべりが悪い場合は、市販のシリコンスプレーなどの潤滑剤を使用すると改善できる場合があるので、試してみるのもいいでしょう。

サッシの戸車が壊れていた場合、市販のものを取りつければ問題ありません。しかし、窓が古い場合は型の合う戸車が見つからないおそれがあります。窓は種類や型が多く、廃盤になるものが多いです。探しても見つからない場合は、一度ガラス交換のプロに問い合わせをしてみましょう。

サッシの状態が悪く耐久年数に近いのであれば、これを機に交換するのもいいでしょう。費用は交換方法によって変動します。以下で主要な2種類の方法をご紹介します。

・壁カット方法
壁カット方法は、窓枠をそのまま生かしてサッシと窓を交換する方法です。この方法は窓のサイズを維持したまま種類も変更できます。費用は後述のカバー工法より高めです。

・カバー工法
カバー工法は既存サッシの上から重ねます。サッシを取り外すなどの手間がないため、短期間で施工が行え、費用も少なくて済みます。しかし、窓枠は狭まります。

また、サッシの種類によっても費用は変動します。一般的な小窓では、はめ殺し窓が最も安価で、ジャロジー窓、両開き窓、出窓がやや高価になります。交換を考えている場合は、一度比較をして検討してみましょう。

サッシの交換に併せてガラスも交換する場合もあるでしょう。一般的なフロートガラス、網入りガラスは比較的安価ですが、複層ガラスや防犯ガラスなどの特殊ガラスは価格が高価になる傾向があります。

そのため長期的な使用を視野に入れて考えると、費用対効果が悪くなる場合があります。また、防犯ガラスの場合割れてしまった際に各メーカによるサービスが付属している場合もあります。
ガラスを選ぶときは様々な視点から選出し付随されているサービスも有効に活用することが大切です。


主なサッシの特徴

サッシの特徴

ガラス同様、サッシもたくさんの種類が存在します。素材や形状によって防犯性、断熱性、耐久性などそれぞれ特徴やメリット・デメリットが変化します。そのため用途に合わせて選ぶ必要があります。

・金属サッシ

主にアルミ製、ステンレス製などが存在します。強度があり、防火性に優れる一方で、熱伝導率が高く、夏間は高温になりやすいです。アルミ製の場合は軽量なので開け閉めが楽なのもメリットです。

腐食には強いですが、汚れが付着しているとその場所から錆びてしまうおそれがあるため汚れを長期間付着させないようにしましょう。

・樹脂サッシ

熱伝導が低く、断熱性が高いとされています。主に寒い地方で使用されています。しかし、耐久性能は高くないため複層ガラスに用いられ強度を上げて用いられることが多いです。

木製サッシは質感が良く、インテリアに調和しやすいです。しかし、金属や樹脂に比べて耐久性や腐食の面で弱く、耐久年数も短くなります。
また、湿度や年数によって木の狂いが発生する場合があります。最近ではそれらのデメリットを少なくする工夫を凝らした製品もあります。


まとめ

サッシに不都合が発生した場合多くは交換なしで修理が可能です。自身で修理を行えば短時間で安く行えますので、小窓など扱いやすいものであれば一度試してみてはいかがでしょうか。

しかし、窓はサイズや種類次第では重さが異なります。取り外す際に無理をすれば腰を痛めてしまう場合があるので、十分に注意を行いましょう。また、扱いを間違えれば割れてしまい角や破片で怪我をする恐れがあります。無理に作業を行おうとはせず、自身にできる範囲に留め、ガラス交換のプロに依頼しましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼