ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 最新情報・レポート > サッシ交換のタイミングはいつ?不具合の原因を見きわめて対処を!

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

サッシ交換のタイミングはいつ?不具合の原因を見きわめて対処を!

サッシ交換のタイミングはいつ?不具合の原因を見きわめて対処を!

窓がガタガタしたり、スムーズに動かなかったりするときは、サッシに原因があることが多いです。しかし、必ずしもサッシを交換しなければならないというわけではありません

不具合の原因によって、サッシを交換したほうがよい場合と、しなくてもよい場合に分かれるからです。部品が壊れているだけなら、部品を交換するだけで直ります。サッシそのものがゆがんでいる場合は、サッシを交換する必要があります。

サッシを交換する前に、何が不具合の原因なのか調べてみましょう。今回は、サッシの不具合の原因や、交換費用の相場をご紹介します。窓リフォームに活用できる補助金制度も解説しますので、ぜひお役立てください。

ガラス交換・修理ならガラス110番!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

窓の建付けが悪くなる原因と確認方法

まずは「窓がガタガタする」「スムーズに動かない」原因と確認方法をご紹介します。

金属系サッシに共通する原因

金属系サッシに共通する原因

・建物が傾いている
傾きは市販されている水平器で確認できます。あまりにも傾きが大きい場合は地盤改良の業者へ連絡してください。

・サッシがゆがんでいる
そもそもサッシとは窓枠(ガラス以外の部分)のことです。サッシの上枠と下枠に糸を張り、糸と上下枠がそれぞれ平行かどうか確認します。どちらか一方でも平行にならない場合はサッシがゆがんでいるということなので、早めの交換をおすすめします。

・レール部分に砂利や石が挟まっている
窓を開けたときにガタガタしたら、レール部分に砂利や石が挟まっている可能性が高いです。

・戸車が破損している
戸車は引き戸の下についている、引き戸をスムーズに動かすための車輪のことです。戸車がレールを走ることで窓が左右に動きます。レール部分にすれた跡があったら、戸車の破損を疑いましょう。

・戸車の高さに問題がある
戸車に異常がない場合や、レールに何も挟まっていない場合は、戸車の高さに問題がある可能性があります。戸車の調節方法は次章でご紹介します。

木製サッシに共通する原因

・ゴムパッキンが溶けて木製サッシに付着し固まってしまう
窓ガラスと木製サッシを密着させるためのゴムパッキンが劣化すると、溶けてベタベタになり、木製サッシにくっついてしまうことがあります。ゴムパッキンが溶けると、窓ガラスとサッシの間にすき間ができて、そのすき間から雨漏りするおそれがあるため、早めに交換することをおすすめします。

・木製サッシが湿度や気温で膨張して動かなくなった
木製サッシは木でできているので、温度や湿度などの影響を受けやすいです。特に、湿気の多い梅雨時期は、湿気に含まれる水分をたくさん吸って膨張します。そのせいでサッシのサイズが微妙に変化し、窓が動かしづらくなることがあります。

窓が動かしづらい現象が何度も発生するようであれば、カンナで木製サッシの表面をほんのわずかに削ると改善される場合があります。しかし、削りすぎるとガタつきやすき間ができる原因になるため、できればガラス交換のプロに相談することをおすすめします。

部品が壊れているだけなら交換で済むかも!

サッシではなく、その周りの部品が壊れている場合は、部品を交換することで不具合を解消できます。

戸車

戸車が破損した場合は、新しいものと交換すれば機能が回復します。戸車はホームセンターなどで購入可能です。ただし、ご自宅のサッシに対応した戸車を探す必要があります。

古いものだと廃盤になっていることもあるので、自分で探しても見つからない場合は、建具の修理業者やリフォーム業者に相談してみましょう。メーカーから直接取り寄せてもらえる場合があります。

戸車の高さに問題がある場合は、プラスドライバーで戸車の調節ネジを回して引き戸の高さを合わせましょう。引き戸を上げたいときはネジを右に、下げたいときは左に回します。このときネジを完全に外さないように注意してください。窓の内部の部品が外れて元に戻せなくなるおそれがあるからです

クレセント錠

クレセント錠はおもに窓に使われている三日月形の鍵です。鍵をかけるときはクレセント錠を半回転させます。鍵をかけたつもりなのに窓が開いていた、鍵をかけていないのに閉まった場合は、クレセント錠が劣化して締め付けが悪くなっていると考えられます。

クレセント錠はホームセンターで購入でき、自分で交換することもできます。今使用しているものと同じ品番のものを探し、取り扱い説明書に従って交換してみましょう。

網戸

網に穴が開いていたり、ゴムが劣化していたりする場合は、それぞれ部品を交換しましょう。サッシによっては網がセットになっているものもありますが、網のみの交換も可能です。

サッシを交換したほうがよいケース

明らかにサッシがゆがんでいる場合や、前章でご紹介した部品を交換しても改善されない場合は、サッシの交換をおすすめします。また、寿命を迎えたサッシも早めに交換するのがよいです。サッシの寿命については、次章で解説します。

サッシには寿命がある

三井不動産レジデンシャル株式会社では、使用開始から10年をめどにサッシ・付属部品の交換を推奨しています。ただし、使用する環境やメンテナンスの頻度によって、サッシの寿命は変わります

さらに、サッシの寿命は建物の状態によっても変化します。サッシ回りの塗装にはシーリング材とよばれる外壁材が使われています。戸建住宅の場合、シーリング材は10年に1度の目安で補修が必要です。もろくなったシーリング材を補修しないでいると、シーリング材がはがれて亀裂が入り、そこから水分が侵入してサッシが腐食してしまうことがあるのです。

劣化したサッシを放置していると、サッシが変形して窓ガラスが外れやすくなり、大変危険です。窓そのものが外れてしまう危険性もあるので、早めに交換することをおすすめします。

サッシの種類と交換費用の相場

サッシにはたくさんの種類があります。素材や形状によって、防犯性、断熱性、耐久性などが異なるので、ご自身の用途に合わせて選ぶ必要があります。

金属サッシ

金属サッシ

アルミ製、ステンレス製などの種類があり、耐久性と防火性に優れています。特に、アルミ製の場合は軽量なので、小さなお子さんでも開け閉めしやすいです。一方で、アルミ製サッシは熱を伝えやすい特徴があります。真夏は手を触れる部分が高温になりやすいので注意しましょう。

木製サッシ

木製サッシは質感が良く、お部屋のインテリアに調和しやすいです。さらに、熱を伝えにくく、断熱性が高いため、結露が少ないというメリットがあります。しかし、木製サッシは定期的に表面を塗り直す必要があります。塗装がはがれてしまうと、せっかくの風合いが損なわれたり、腐食の原因になったりするからです。

サッシ交換の費用相場

サッシの交換方法は2種類あります。サッシの交換費用はどの方法を選ぶかによって変動します。

・カバー工法:約10~20万円(180cm×170cmのベランダ窓の場合)
既存の窓枠・サッシの上に新しいサッシを重ねる方法です。取り外し工事の手間がないので、短期間で施工できて費用も抑えられます。しかし、サッシを重ねた分だけ窓が小さくなってしまう点に注意が必要です。

・壁カット方法:約30~50万円(180cm×170cmのベランダ窓の場合)
既存の窓枠・サッシを取り外して、窓そのものを交換する方法です。元々あった窓枠を使うので、新しい窓は前と同じ大きさになります。大がかりな工事になるため、リフォーム費用は高額になります

サッシとガラスを一緒に交換するのがおすすめ!

サッシと一緒にガラスを交換するのもおすすめです。ガラスにはおもに以下のような種類があります。

・フロートガラス
一般的に使用されている透明なガラスです。

・網入りガラス
内部にワイヤーが入った防火用ガラスです。火災でガラスが割れたとき、破片が飛び散りにくい仕組みになっています。

・複層ガラス
別名断熱ガラスともよばれます。ガラスとガラスの間に空気層を作り、熱を閉じ込めることで、断熱効果や結露防止効果を高めたガラスです。

・防犯ガラス
ガラスとガラスの間に複数枚のフイルムが入っており、万が一ガラスを割られても貫通しくい仕組みになっています。外から割ろうとしても時間がかかるため、空き巣犯に犯行をあきらめさせる効果があります。

複層ガラスや防犯ガラスなどの特殊ガラスは価格が高くなりますが、その分得られるメリットも大きくなります。ガラスを選ぶときは、自分が求めている機能を明確にして、さまざまな商品を比較して選ぶことが大切です。

弊社はガラス修理・交換業者をご紹介するサービスをおこなっています。ガラスに関するご相談はお気軽に弊社までお問い合わせください。

補助金制度を活用しよう

窓のリフォーム費用を抑えたい場合は、窓リフォームを対象にした補助金制度を活用しましょう。補助金制度には国がおこなうものと、地方自治体がおこなうものがあります。

国がおこなう補助金制度として代表的なものは「高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業」と「次世代省エネ建材支援事業」です。2つとも、住宅の断熱効果を高める高性能建材や蓄熱建材を用いた断熱改修にかかる費用を補助し、住宅の省エネ化を促進することを目的としています。

補助金の利用には条件があるので、利用を希望する方は条件に該当するかどうか調べてみることをおすすめします。

サッシを長持ちさせるコツ

サッシを長持ちさせるコツ

サッシはメンテナンスによって長持ちさせることができます。サビやカビが発生しにくい状態にするためにも、メンテナンスは定期的に行いましょう。掃除の頻度は環境によって変化しますが、年に2回程度を目安に汚れが気になれば回数を増やすといいでしょう。

金属サッシの場合であれば水洗い可能なため、不要な歯ブラシで軽く掃いて水洗いをします。水分は新聞紙などで拭き取ると効果的です。アルミサッシの場合は、表面を擦ると傷がつきやすいので布類を使用しましょう。

また、スポンジに数センチ角に切り込みを入れることで、即席の掃除道具を作ることができます。切り込み口をレールにはめてこすると汚れが落ちやすく、掃除の手間を減らせるでしょう。

木製サッシも、しっかりケアをしなければ劣化を早めかねません。基本的に風雨・直射日光にさらされているため、木を保護するために塗料を塗る必要があります。塗料が剥がれ落ちていると水はけが悪くなり、カビや腐食の原因になってしまうのです。

塗料が落ちたと感じたら、定期的に塗り直しをしてください。塗布する塗料は、市販の自然系塗料やオイルステインを使用しましょう。

まとめ

窓の建付けが悪いときはサッシに原因がある場合が多いです。しかし、サッシではなくその周りの部品が壊れているだけであれば、部品を交換するだけで解決できます。

明らかにサッシがゆがんでいたり、見るからに劣化していたりする場合は、早めにサッシを交換しましょう。サッシの劣化が進んで変形すると、窓ガラスが外れやすくなる危険性があります。最悪の場合、窓そのものが外れてしまうこともあるのです。

窓ガラスの修理・交換に関するご相談は弊社までお気軽にご連絡ください。お客様のご要望をうかがい、最適な業者をご紹介いたします。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
ガラスのトラブルお電話1本で即日解決します! 今ならすぐにご対応可能です!24時間365日、日本全国対応! 無料通話 各種クレジットカードOK! 調査・見積り無料
メールで無料相談

現在、日本全国
最短10分で駆けつけます