ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > フロントガラスのヒビを放置したら、どうなるの?

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

フロントガラスのヒビを放置したら、どうなるの?

フロントガラスヒビ

「フロントガラスは強いから、ちょっとした傷ならそのままにしておこう」と思われる方も多いかもしれません。しかしじつは、フロントガラスの傷やヒビを放置しておくのは、リスクが高いことです。放置していた小さな傷が走行中に大きなヒビになったり、大きなヒビになってからの修理で高額の費用が必要になったりすることもあるからです。

フロントガラスは同じ厚さの普通のガラスに比べてとても強く、透視性に優れ、割れても簡単には破片が飛び散りません。しかし一方で、フロントガラスは傷つきやすく、少しの傷が致命傷になることもあります。普段運転するうえでは気付かないような小さな傷が、不意の衝撃でとても大きなヒビ割れになってしまうこともあるのです。

サイズも大きく、性能も高いフロントガラスは、交換しようとすると数万円単位の費用がかかることもあります。できるだけ安く修理してもらうために、ヒビが小さい早期のうちに業者に依頼するのが一番賢い方法です。

この記事ではフロントガラスにできるヒビの原因と対策について具体的にご説明します。「自分の車のフロントガラスに修理が必要か、自分で見極めたい」という方も、ぜひ参考にしてください。

ヒビが小さいうちにお安めのガラス修理を!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

気付かないうちにヒビが入っているかもしれません

何も心当たりがないのに、フロントガラスに突然ヒビが入ることがあります。原因不明のガラスのヒビにお困りの方は、以下の可能性を考えてみましょう。

物理的な損傷

フロントガラスは、強度が高いガラスではないとされているので、物理的な損傷の可能性も考えられます。物理的損傷には、いくつかの原因が考えられますが、主な原因として比較的多いのは「飛び石」による傷やヒビです。

飛び石とは、自分の車や反対車線の車が走行しているとき、自然と跳ね上げられる小石のことです。飛び石が車体に当たると強い衝撃力が加わり、キズがついてしまいます。

飛び石が車体に当たるタイミングは予想しづらく、運転中に避けることは難しいでしょう。自分の走行速度を落とすことで多少予防にはなりますが、ほかの車の走行で生まれた飛び石から身を守るのはとても難易度が高いことです。砂利道などで運転したり、砂利や石を運んでいる車の後ろを走行したりする際は、普段からとくに注意しておきましょう。

急な温度変化での損傷

耐熱性のないガラスに熱湯を注いだらグラスが割れてしまった。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。ガラスは急な温度変化に対して弱いため、そのような現象が起こります。急激な温度変化が原因となって損傷するおそれがあるのは、車のフロントガラスも同じです。

真夏の時期や、日差しが強い日には、フロントガラスの温度が高くなっている場合があり、洗車などで水をかけるとヒビが入ってしまうことがあるかもしれません。

外部での温度差だけではなく、車の内部との温度差も原因となるおそれがあります。猛暑日などで車内に冷房を効かせていると、徐々に外部との温度差が広がり、ガラスの耐久度を超えて割れてしまうかもしれません。また反対に、真冬でも同じことが考えられますので、注意が必要です。

温度差があるからといって簡単にヒビが入るおそれは低いですが、すでに飛び石などでヒビが入っている場合は、その部分からヒビが広がってしまうこともあるので、よくよく気をつける必要があります。ヒビを放置したらどのようなことが起こるかは、次の章でご説明します。

フロントガラスのヒビを放置すると危険

フロントガラスのヒビを放置すると危険

フロントガラスのヒビに油断していると、ガラスの交換で高額な出費が必要……なんて悲しい状況が起こりかねません。多少のヒビなら大丈夫だろうとお考えの方は、フロントガラスのヒビを放置するとどうなってしまうのかを知っておきましょう。

フロントガラスに傷や欠けがあると車検に通らないことも多いです。助手席ではなく運転席側のガラスに損傷がある場合は、それがいかに小さな傷でも、運転の際に視界が明瞭ではないとの理由で車検でひっかかってしまうことがあるのです。フロントガラスのヒビは、あまりにも大きいと修理ではなく交換が必要な場合があります。業者で修理すれば車検に通ったかもしれないのに、交換費用や、車両保険を使用することになったりと、余計時間がかかってしまう可能性があるので、ヒビの修理は早めにおこないましょう。

フロントガラスの淵にできた傷は見逃せない

ごくわずかなヒビでは、走行時に影響は少ないため、放置しがちな方も多いのではないでしょうか。先で紹介した温度差も考えられますが、強風による風圧や振動によりヒビが広がる場合があります。とくに高速道路の走行時や、台風の日の運転には要注意です。ヒビが広がると、走行時の視界を遮ることになり、交通事故にもつながります。

こういったリスクを減らすには、小さなヒビでも油断せず修理することが大切です。軽度のヒビが大事故に繋がる危険性を、今一度理解しておきましょう。また、被害に遭ったときの対策として、保険に加入したり、すでに加入している場合は保険の内容を確認したりするのも大切です。

フロントガラスに入ったヒビを直す方法は?

ガラスのヒビ

軽度なフロントガラスなら、補修することも可能とされています。現在では様々なリペアキットが販売されているので、うまくできればご自分での修復も可能かもしれません。リペアキットは、ガラスの表面を掃除し補修液を注入した後で加圧により修復するといったもので、比較的低価格で購入でき高い技術も必要ないとされています。

しかしながら、修復可能な範囲は数ミリ程度のヒビだといわれており、修復できたとしても完璧に元通りにはならない可能性があります。ヒビの大きさは場合によって異なるため、1センチメートル以上のヒビの修復はガラス修理のプロに任せるのが得策です。

注意したいのが、ガラス修理のプロでも「修理」できるヒビのサイズには限界があるということです。それ以上の大きさの損傷は、ガラス交換が必要になります。一部分の修理と、ガラス全部の交換とでは、後者のほうが金額が高くなります。フロントガラスのヒビが小さいうちに修理をしたほうが、安い費用で問題解決できるのです。

フロントガラスを守るための対策

飛び石や温度変化なども、日頃から気をつけることで、フロントガラスへの被害を減らせるかもしれません。すぐに実践できる方法をご紹介します。

走行に気をつける

運転で飛び石を避けることは難しいですが、走行に注意することで多少は予防できる部分もあります。車間距離を取るように心がけたり、砂利道の走行ではスピードに注意することで、フロントガラスにヒビが入るおそれを減らすことができます。

カバーを使ったり解氷剤を使うようにする

急激な温度変化も、普段の車の扱い方で対策ができます。猛暑日にはカバーをかけて直射日光からフロントガラスを守ったり、ガラス表面の温度が上昇しないように効果的な対策をしましょう。カバーをかければ社内が高温になる現象の防止にもなるので、一石二鳥ですね。

凍結時にも、フロントガラスに熱湯をかけて解凍するのではなく、解氷剤やスクレーパーなど、温度を変えずに作業できるものを使用しましょう。

まとめ

車のフロントガラスは、置かれた環境や、突然のアクシデントにより、ヒビが入ることがあります。ガラスにヒビが入ることを完全に避けることは難しく、多少のヒビは誰の車のフロントガラスにも生じ得るものです。たとえ小さなヒビでも、放置すると不意の衝撃で大きく広がってしまうこともあります。

ヒビが広がると、走行時の視界にも影響するだけでなく、車検が通らなくなるおそれもあります。また、小さな傷ならば軽度な「修理」で済んだものが、大きなヒビになったことでガラスを丸ごと「交換」しなければいけなくなることも多いです。このような場合、フロントガラスに採用されているガラスが特殊な種類が多いこともあって、ガラス交換の費用が数万円単位の高額なものになりやすい傾向にあります。被害が少ない小さな傷のうちから、ガラス修理のプロに修理してもらうのが賢い対処法と言えるのです。

弊社では、フロントガラスのヒビの修理・ガラス交換の両方に対応しています。日本全国から、早朝深夜・平日休日を問わずいつでもご相談いただけます。無料お見積り後でもご契約前であればキャンセルは0円です。累計お問い合わせ件数210万件以上、価格満足度・顧客満足度ともに第1位の弊社に、お気軽にご連絡ください。

フロントガラスのヒビをプロのガラス業者に直してもらうことで、ヒビの拡大や車検に落ちるおそれから解放され、きれいな車で快適な毎日を送りましょう。

車のガラスに関する記事はこちら

■フロントガラスのリペア方法!キズの状態によってはDIYもできる?
■車のガラスの傷にはどんな種類が?応急処置の手順も紹介します!
■フロントガラスの傷は車検に通らないことも!小さな傷も注意が必要

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー