最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

防犯ガラス性能のチェックポイント

住居内部と外部を分ける、窓ガラスを交換する時には気を付ける必要があるポイントがあります。そのポイントとは「防犯性能」です。住居や住人に危険を及ぼす、空き巣などの侵入者の侵入経路の中で、最も多いのがこの窓からの侵入になります。具体的には、一戸建て住居の場合、6割近くの被害が窓ガラスを破っての侵入になります。そのため、窓ガラス交換の際に最も気を付けるべきポイントとして、バールやドライバーなどの衝撃から耐えることが出来る、ガラスの防犯性能が挙がるのです。では、防犯性能の高い窓ガラスとは、どんなガラスなのでしょうか。ガラスの防犯性能を向上させる主な方法は2つ、防犯ガラスにガラス交換する方法と、防犯フィルムを張り付ける方法です。
まずは防犯ガラスをご紹介します。現在主流の防犯ガラスを簡単に説明すると、ガラスを複層に重ね、間に特殊なフィルムを挟む工法が用いられています。ハンバーガーで例えるならば、パンがガラス、ハンバーグがフィルムとなります。ハンバーグ部分のフィルムの性能が高ければハンバーガーを噛み切ることは難しくなりますし、ハンバーグがパンを固定しているならばパンが飛び散り難くなるでしょう。ハンバーグ部分となる、フィルムの厚みや材質が重要となるのです。
次に防犯フィルムについてご紹介します。防犯フィルムはガラス交換後に、後付けで張るフィルムになります。先ほどのハンバーガーに例えるならば、ハンバーガーの上にゴマを振りかける形でしょうか。ご家庭でも簡単にフィルムを買って、張ることが可能ですが、注意点としまして「防犯効果の無い」フィルム(飛散防止フィルムなど)と間違えてしまうことがあります。見た目が似ていますので、十分に気を付けてください。
ガラス交換の際にガラス業者を頼むメリットは、この防犯ガラスや防犯フィルムの品ぞろえが豊富な点になります。防犯性能の高いガラスに交換をご希望の方は、私たちガラス110番に相談されてみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼