ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 最新情報・レポート > 防犯ガラスについて

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

防犯ガラスについて

防犯ガラスは、通常のガラスの間に、プラスチックのフィルムなどを挟み込んだものです。 空き巣犯の住宅への侵入方法の約7割がガラス窓を割って侵入しているとされ、様々なメー カーから防犯対策を施されたガラスが販売されていますが、大まかな構造は同じです。 空き巣犯は、侵入に時間がかかる家を嫌いますので、自宅のガラスを防犯ガラスに変えると 窓ガラスが割りにくいので、空き巣犯は侵入を諦めることが多いようです。 また、割る際にとても大きな音が発生するので、それも空き巣犯が嫌う理由のひとつです。 これとよく似たもので、編入りガラスという物がありますが、これは金属網によって、ガラ が割れても落ちないようにするための物で、防火ガラスとして用いられています。 防犯対策の為にガラス交換を行う際には、ガラスのタイプにも十分注意してください。 ご不明な事等がございましたら、専門業者へご相談されることをお勧め致します。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008