ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 防犯のためのガラス

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

防犯のためのガラス

防犯ガラスとは、一般的に「合わせガラス」のことを指します。 合わせガラスは2枚のガラスで中間膜を挟んだ構造になっていますので、万が一空き巣等が留守宅の開錠目的で窓ガラスを割ったとしても、中間膜があるため手を入れることができないのです。 このほかにも割れにくいガラスは存在しますが、「全く割れない」というわけではありません。しかし、侵入に時間がかかると、空き巣は侵入を諦める傾向にあるようですので、割れにくいガラスへの交換も有効な防犯対策です。 窓ガラスは空き巣の侵入経路として利用されることも多いため、窓の防犯を強化することで、空き巣被害に遭う可能性を減らすことになるかもしれません。
ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー