最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

防火ガラスを使う場所

火災の際、被害が拡大するのは窓ガラスを割って吹き出た炎が、隣近所の家に燃え移るのも原因の一つだと言われています。日本の住宅街には木造住宅が立ち並び、いわば燃料が並ぶような状況になっているので、消火作業を迅速に行い、延焼を防ぐのが火災の被害を減らすために必要とされています。 このために、消防法などでは家を建てる時に防火設備を取りつけるように定められている部分もあり、その中の一つが防火ガラスです。 ガラスは、本来熱にあまり強いものではありません。ガラスは高熱にさらされると簡単に割れてしまうのですが、その弱点を克服したのが、防火ガラスと言われるものです。 防火ガラスには金属製の網を入れて、ガラスが割れてもそこから脱落しないようにしたものと、強化処理を施し熱に対して強くなったものの2種類が主に使われているようですが、中には2枚のガラス板の間に特殊な樹脂層を挟み込み、火災発生の熱で樹脂層が溶けて断熱層に変わるものもあるようです。 こういったガラスを使用している窓や扉が、割れたり傷ついたりしていると、本来の性能を発揮できない場合もあるので、早めに修理するようにしましょう。 ご依頼は当サイト相談窓口が24時間受け付け対応させていただきます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼