最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

複層ガラスでワンランク上の断熱と遮熱を実現

暖房を点けているのに寒い。逆に、冷房を点けているのに暑いということはないでしょうか。それは、窓が原因なのかもしれません。住宅には大量の断熱材が使用されていますので、簡単には熱の出入りは行われません。しかし、窓は例外です。一般のフロートガラスはせいぜい厚さ5mm程度で、簡単に熱の移動が行われるのです。例えば冬の間は、住宅から逃げていく熱の約半分は窓から。夏の場合、外から侵入してくる熱の約7割が窓からと言われています。
そのため、暖房や冷房を点けて住宅内の温度を調整しても暑さや寒さに見舞われる事になってしまうのです。もちろん、その分冷暖房を強力にすればいいのですが、そうなれば今度は電気代などの負担が増大してしまいます。

そこで複層ガラスの出番です。複層ガラスは、二枚のガラスの間に中空層を挟んだガラスの事を言います。中空層は「伝導」と「対流」による熱の移動を防いでくれますので、高い断熱・遮熱性能を誇ります。さらにLow-E(Low Emissivity)金属膜をコーティングした複層ガラスになりますと、「放射」による熱の移動も軽減しますので、その性能は更に向上するのです。

まだまだ寒い日が続いています。冬の寒さや夏の暑さに対抗するためにも、複層ガラスへのガラス交換をご検討されてはいかがでしょうか。その施工は必ずガラス屋にお任せください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼