最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

装飾用のガラスにもさまざまな種類があります。

ガラスと言うと、見た目は同じように見えるものが多いですが、最近ではデザインガラスというものが出てきて、「透明なだけがガラスではない」という考えが広まってきています。 デザインガラスとは、美しくみえるように工夫を凝らし、さまざまな形で加工されたガラスのことを指します。有名なデザインガラス会社の1つに「サンゴパン」というものがあります。このサンゴパンは1665年にルイ14世からの特許状によって鏡を作り始めたことを起源とするフランスの会社です。 有名なデザインガラスとして、アルトドイッチェ、泡入りガラス、クラッケルなどがあります。アルトドイッチェは波模様を連想させるような流れる形でついた筋が特徴的なガラスです。泡入りガラスは、文字とおり細かい泡沫が均一の量でガラスの中に入っているものです。クラッケルとは、一般的にアンティーククラックガラスを指します。このアンティーククラックガラスとは、ガラス職人が制作する手拭きのガラスです。ガラスを作成する過程でガラスにヒビを入れることで、模様を作り、焼き直して1枚のガラスにします。光に当たるとヒビが入ったクラックの部分が反射して光るので、非常に綺麗です。 他にも色ガラスやアンティークガラス、レトロガラス、モールガラスなど、さまざまな種類の装飾用のガラスがあります。もちろん防犯ガラス、強化ガラスもありますので、ガラスの取替えをお考えの時は、用途にあったガラスをお選びください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼