最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

網入りガラスの誤解

ガラスの内部に鉄線が入った「網入りガラス」は、おそらく多くの人がご覧になったことがあるでしょう。その網入りガラスには、よく誤解されている事があります。それは、「防犯性能が高い」ということです。既にご存じの方も多いかもしれませんが、網入りガラスには防犯性能はほとんど期待できませんので要注意です。
網入りガラスは、二枚のガラスの間に鉄線が入った構造を持っています。そのため通常のフロートガラスより厚くなっており、さらに鉄線も入っているため、一見して頑丈そうに見えます。しかし実際はそのようなことはなく、強度も耐火性能もフロートガラスとほとんど変わりません。あくまで鉄線は、割れた際のガラスの脱落を防ぎ、炎の炎症を防ぐために入っているのです。
逆に、網入りガラスは空き巣などに狙われやすいとも言われています。というのも、ガラスの破片が飛び散りにくいため空き巣にとっても安全性が確保でき、さらに割る際の音も小さくなってしまうためです。内部の鉄線も、道具を使えば人の力で切断することも可能です。
網入りガラスは、あくまで耐火ガラスです。決して防犯性能に期待してはいけません。もしも防犯性能に重点を置くのでしたら、防犯用のフィルムを貼ったり、防犯ガラスなどにガラス交換するのがよろしいでしょう。その施工は、ガラス交換のプロにおまかせください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼