最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

網入りガラスの自然割れにご注意を

一口にガラスと言っても、その種類は多岐に渡ります。防犯ガラスや耐熱ガラスなど様々ありますが、その中に防火ガラスというものがあります。その防火ガラスの中でも代表的なものが「網入りガラス」です。網入りガラスとは、ガラスの内部に鉄製のワイヤーが入ったガラスの事を言います。ワイヤーが入っていることで、火災などでガラスが割れてしまってもガラスの飛散を防ぐ事ができるのです。しかし、網入りガラスは自然に割れてしまう事も多いのです。それはなぜでしょうか。
その原因となるのが、他ならぬワイヤーなのです。例えば、ワイヤーの錆びによる「錆割れ」という現象があります。実はワイヤーは、サッシの内部でむき出しになっています。そこに結露や雨水が入り込みますと、錆が発生してワイヤーが膨張します。それがガラスを割ってしまうため、主にガラスの縁が損傷してしまいます。また、「熱割れ」という現象もあります。鉄線はガラスより温まりやすく、また膨張率も異なるため、特に温度差の大きくなる冬場に発生しやすくなります。網入りガラスは防火において頼りになりますが、このような欠点も抱えているのです。
もしも網入りガラスを使用しているのでしたら、ガラス交換を考えてみても良いでしょう。網入りガラス以外にも防火ガラスはあります。中には、通常のフロートガラスの何倍もの強度を持ち、ガラスの破片が粒上になる防火ガラスもあります。自然割れにも強くなっていますので、火事などが発生しなくても安心の存在となってくれることでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼