最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

網入りガラスの向き不向き

窓ガラスに使われるガラスには様々な種類があり、その中の1つに「網入りガラス」というものがあります。ガラスの中に金属製のワイヤー入っており、オシャレな見た目からテーブルトップや店舗などでデザインガラスとしても利用されることが増えています。この網入りガラスは主に防火目的で利用されますが、防犯性能も優れていると言われることがありますが、実は間違いなのです。網入りガラスはその特性上割れてもワイヤーにおさえられ、破片が飛散しないのです。これは火災時に窓ガラスが割れても飛散しないためけがや隣家への延焼を防ぐといった、安全性を保てるという点においては、優れているといえます。しかし、ガラスの破片が飛散しないということは、ガラスを割った際の音を最小限に抑えることが出来るということです。空き巣にとって進入時の物音はなるべく抑えたいものなので、防犯ガラスとして併用するのはあまり向いていないと言わざるを得ません。網入りガラスを導入し、防犯性も重視したいと言うのであれば、窓のクレセント錠付近に振動を検知するセキュリティー用品を設置したり、外出時に雨戸を閉めたり、防犯対策をしていることをアピールすれば、空き巣が狙う可能性を下げることにつながります。また、網入りガラスにはもう1つ弱点があります。それは「自然にヒビが入る」という現象です。原因は主に2つあり、1つは内部のワイヤーが劣化しサビが発生することで体積が増え、それが原因でガラスにヒビが入ってしまいます。もう1つは温度差によるひび割れです。南向きの窓に多く、特に冬は陽のあたる場所と当たらない場所の温度差が大きく、それによるガラスの膨張率の差でひびが入ります。このように網入りガラスは火災時には有効なガラスですが、不向きな点もあるのです。もし不向きな場所に網入りガラスがあるのなら、ガラス屋に交換してもらいましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼