最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

網入りガラスのサビに注意

網入りガラスは、防火対策として設置されることが多いガラスで、住宅密集地帯や、防火設備の窓ガラスとして使用されることが多いものです。
但し、ガラス部分は通常のガラスと同じくらいの強度しかないので、様々な事が原因になって、網入りガラスを割ってしまうことがあります。
その1つが、サビ割れという現象です。
網入りガラスの中に入っている網がさびると、元の太さの網よりも膨張してしまいます。ガラスは固くても脆い素材なので、内部から想定されない圧力が加わると、ヒビが入ってしまうのです。
網入りガラスはその性質上、万が一にもひびが入ったとしてもガラスが下に脱落したりはしません。
ただ、割れたままにしておくのは気持ちが悪いですし、割れ方の程度によっては隙間ができてしまうかもしれません。
そうなると隙間風などに悩まされることになりますし、賃貸物件のオーナー様の場合、割れたままのガラスにしておいては新規入居者の獲得に支障が出たり、万が一の火災の事を考えれば、放置しておくことは出来ないでしょう、
網入りガラスの網がサビている場合は、早めにガラス交換をして、サビ割れを未然に防ぐこともご検討ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼