最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

結露はなぜ起こる?

寒い日に暖かい室内に入ると眼鏡がくもったり、ジュースを飲もうとグラスを持ったら、グラスが水滴で濡れていたという経験はないでしょうか?このような現象は結露と呼ばれています。一番皆さんが身近に感じる結露は、やはり窓ガラスの結露ではないでしょうか?冬場窓ガラスについた水滴は、この結露が原因で発生しているのです。窓ガラスが結露すると床が濡れてしまったり、視界が悪くなったりといいことはありません。では、結露はなぜ発生するのか、そして防ぐ手段はあるのでしょうか。冬は外気の影響でガラスが冷たくなります。それとは逆に部屋の中の温度は暖かいものです。結露の原因はこの温度差が原因なのです。私たちの周りにある目には見えない空気には、水蒸気が含まれています。空気は暖かくなれば水蒸気を沢山含むことができ、冷たければ水蒸気を含む量が少なくなります。温度差によって空気中にとどまりきれなくなった水蒸気が、水滴となる現象が結露です。窓ガラスで言うと外気によって冷やされた窓ガラスに室内で温められた空気がぶつかり、空気中の水蒸気が水滴となって窓ガラスについてしまうのです。そのような結露がおきにくくするため、熱を伝えにくくする窓ガラスというのもあります。結露でお悩みの方は業者にガラス交換の依頼をされてみてはいかがでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼