最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

結露による弊害

冬場に窓が結露しているのをよく見かけると思います。結露が起こると窓の周りが濡れてしまい、いい気持ちはしません。しかしそれだけではなく、結露は様々な問題を引き起こす可能性があるのです。まず、結露で濡れたことによりカビが発生してしまうという問題があります。カビは適度な湿度と温度、そして栄養があるところには基本的にどこでも繁殖します。カビが繁殖するのに最適な環境は温度が20℃以上・湿度70%以上と言われており、その環境条件を満たすと活発にカビが繁殖を開始します。そして、結露の弊害としてもう一つダニによる被害があげられます。ダニは高温・多湿を好むため、一般的には夏によく発生し冬はあまり被害にあわないイメージがありますが、最近では暖房機器や加湿器が広く普及し生活環境が変化したことから、冬でも家の中でダニが活発に活動することが多くなりました。ひとたびダニが発生すると、かゆみ、腫れ、ニキビ、喘息など、われわれ人間に様々な病気をもたらしてしまいます。この様な結露による被害を防ぐために、結露をしにくいガラスがあるというのはご存知でしょうか?窓そのものの断熱性を向上させると、窓ガラスで気温差が発生しにくくなり、結露の発生を大幅に軽減させることができます。結露による被害を未然に防ぐために、一度ガラス交換を考えてみてはいかがでしょうか?

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼