最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

窓を断熱する必要性

熱は温度の高いところから低いところへ移動して、両者が一緒の温度になろうとする性質があります。そのため夏場に室内を冷房で冷やしても、外気温は高いので外気の高い熱がどんどん室内に移動して室内の温度を上げていきます。逆に冬場は、室内の暖かい熱がどんどん寒い外に移動してしまいます。基本的に住宅の壁などには断熱材が入っているので、熱が伝わりにくくなっていますが、住宅にも断熱が弱いところがあります。それは「窓」です。窓からの熱の侵入が圧倒的に多い事実があるのです。では、どのくらい窓の断熱が弱いのでしょうか?
調査によると、夏場に窓から入ってくる熱の割合は、夏に冷房の効いた室内から外の熱が入ってくる割合は、何と窓が71%もあります。逆に、冬場に窓から出て行く熱の割合は、暖房の効いた室内から熱が外に移動する割合は、窓が48%です。つまり、窓ガラスを断熱することが、最も効果的なのです。では、窓を断熱する方法はどのようなものがあるのでしょうか?スプレー、シート、コーティング、フィルム、断熱ガラスや二重窓への交換などが挙げられますが、施工方法も簡単なものから難しいものまでとあります。やはり、信頼のおけるプロの業者へ依頼するほうが安心ですね。断熱ガラスや二重窓への交換をはじめ、ガラス修理などにお困りの場合は、ガラス110番に一度ご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼