ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > 窓の断熱で冷暖房費削減!断熱ガラスへの交換の基礎知識

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

窓の断熱で冷暖房費削減!断熱ガラスへの交換の基礎知識

19e3b45fdd5efd3bdadc5760ef45f10a_l

現在普通の窓ガラスを使われている方は、ぜひ断熱ガラスへ交換をご検討ください。従来のガラスは非常に熱を伝えやすい物質で、お部屋の窓から外、外からお部屋の中にはたくさんの熱が移動しています。

この熱の移動こそ、夏場は冷房の効きを悪くし、冬は暖房の効きを悪くする原因です。断熱ガラスを使用することでこの熱の移動を遮断し、お部屋の中を快適な温度に保つことが容易になるのです。ここからは断熱ガラスの特徴、メリット、交換方法についてご紹介しますので、ご参考までにどうぞ。

断熱ガラスの特徴

断熱ガラスの大きな特徴が、通常のガラスと異なり、2枚のガラスが隙間を空けて並べてあることです。

ガラスとガラスの間には、空気が入っていて、この空気こそ、断熱ガラスの特徴である熱を伝えないことに大きく貢献しています。ガラスに比べると、空気は熱を伝えにくい物質ですから、これにより冬は熱が外に逃げないので、お部屋の中は常に暖かく、なおかつ夏は外からの熱を中に伝えにくいので涼しいというわけです。

断熱ガラスで冷暖房費の大幅カット

屋根や壁からの熱の出入りよりも、窓など開口部からの出入りが重要というのをご存知でしょうか?

日本の住宅では、屋根裏や壁の中に断熱材を入れておきますから、これらの場所は意外と熱を通しにくいようです。しかし、窓だけは一枚板のフロートガラスだけ、という場所が多いです。これでは熱の出入り口が開きっぱなし、ということになります。

どんな住宅でも、建築基準法などにより窓を一定の数設けることになっていますが、これにより、できれば節約したい冷暖房費が高くなっていたのです。逆に言えば、この部分を断熱ガラスへ交換し、熱の出入りをシャットダウンしてしまえば、大幅な冷暖房費削減につながります。

熱の出入りが少ないということは、室内の温度を長時間キープできるということですから、冷暖房器具の負荷を減らすことにつながります。長い目で見れば、冷暖房器具の買い替え頻度の低下も期待できるかもしれません。

普通のガラスから断熱ガラスの交換は可能です

通常、断熱ガラスは専用に設計されたサッシとセットで用いられます。通常の板ガラスより分厚いのがその理由の1つです。

これだけ見ると、断熱ガラスを今お使いの窓ガラスと入れ替えるのは不可能に見えますが、実はそんなことはありません。既存のサッシを断熱ガラスへガラス交換する方法があります。

断熱ガラスを既存のサッシに取付けるためのアダプターを使えば、既存のサッシに断熱ガラスを取付けることが可能になります。ガラス屋に依頼すれば、このあたりは柔軟な対応が期待できますので、既存サッシを断熱ガラス交換について相談してみるのをおすすめします。

まとめ

bedroom-1872196_1920

断熱ガラスを使うことで、お家の冷暖房費は大幅な削減効果が期待できます。住宅の熱の出入りは窓などの開口部に集中しており、ここに断熱ガラスを配置すれば、それだけ熱の出入りを抑制できるという理屈です。

高機能な断熱ガラスを使うためには、サッシも専用のものに交換することがおすすめですが、既存サッシに取り付け出来るようにアダプターを取り付けて使用可能なタイプの断熱ガラスもあるので、このあたりはガラス屋に聞いてみて、使えるものをお探しになるのが良いでしょう。

ガラス修理の際など、ちょうどガラス交換を行うときなどに併せて断熱ガラスへ交換してもらえば一石二鳥というものです。地球環境にも家計にも優しい断熱ガラスへの交換は、ぜひ当サイトまでご相談ください。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー