最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

熱風が直接当たらないように気をつけましょう

最近急激に冷え込んできました。日によっては12月並の気温の時もありますから、体調を崩しがちです。 そろそろ暖房を付けてお部屋を暖かくしておきたい季節ですが、ガラスに関して、少し気をつけておきたいことがあります。 エアコンやファンヒーターの熱風が、直接ガラスに当たらないようにするということです。 外の気温が低い時に、室内の方からガラスに熱風を当ててしまうと、急激な温度差が生じて、ガラスが割れてしまう場合があります。 割れるまでは行かなくても、ヒビが入ってしまうことが考えられます。ガラスはとても固いものですが、その分伸び縮みに弱い性質があります。熱を加えると膨張し、冷やせば収縮するというのが普通の物質の性質ですが、ガラスも同様です。 冬は特に、温度差が大きくなるので注意が必要です。一度ヒビが入ったガラスは、完全に割れてしまうのも時間の問題ですので、早めにガラス交換をご依頼いただくことをおすすめしています。 また、温度差で割れるというのは何も暖房器具の問題だけではありません。ガラスに影が掛かっている場合、太陽光で暖められる部分とそうでない部分の2つがありますので、勝手にガラスが割れてしまうこともあります。 いずれの場合も、早めにガラス交換をしておくことがおすすめですので、その際はお気軽にガラス110番までお申し付けください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼