最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

応急処置は危険が伴います

ガラスが破損した時には早急なガラス交換を業者に依頼することがおすすめです。ですが、業者が到着しても窓の形状が特殊であったり、取寄せが必要な種類のガラスの場合は応急処置を施すことがあります。応急処置の方法は様々で、一般的な形であればガラス交換までの期間に代替ガラスを取り付けてくれることもあれば、ダンボールなどを丁寧に固定することで一時的な風よけなどにすることもあります。これらの応急処置はあくまで一時的なものですから、それなら自分でやればいいではないか、と思う方も時折いるようです。しかし、ガラスが破損した時に自分で応急処置をすることはおすすめできません。
ガラスの破損が小さな傷や穴状である時、応急処置としてガムテープなどが張られているのを目にすることがあります。この応急処置は方法としては間違っていないのですが、実は行う際に大きな危険が伴うのです。一部でも割れてしまったガラスは力のバランスが取れなくなっているので、ちょっとした負担で一気に破損が広がったり、粉々に砕けてしまうことも十分考えられる状態なのです。こうした大きな破損が起こるとサッシを痛めてガラス交換が難しくなってしまったり、破片でケガをする可能性も高くなってしまいます。ガラス修理業者の多くは丁寧な作業を行って、片付けなどもすべて任せられるところが多くあります、どうしてもという場面でなければ壊れたガラスにはあまり触らない方がいいでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼