最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

冬のガラスの結露に注意

朝目覚めると水滴が窓ガラスを伝い、窓枠に水が溜まっているのを目にすることがあります。これはいわゆる「結露」ですが、この結露を放置しておくと壁や建物だけでなく、健康に悪影響を及ぼすことをご存知でしょうか?「ただの結露」と思わず、きちんと対策をしておくことが大切です。そもそも結露は、空気中にある蒸気が冷やされ、液体に変わったものです。室内で暖められた空気と冷たい空気が触れ合うところや、湿度の高い場所で多く発生します。結露によって発生した水滴は、カビに汚染されているため、放置しておくと増殖します。さらにはカビをエサとするダニを呼び寄せてしまいます。カビはアレルギーだけでなく、気管支ぜんそくや肺炎を引き起こす原因ともなるため注意が必要です。結露を見つけたらきちんと拭き取って、アルコールをスプレーして、殺菌しておくことをお勧めします。
結露を防ぐにはいろいろな対策があります。自分でできることであれば、定期的に窓を開けて風通しを良くする、室内換気扇を有効活用する、部屋干しを避けるなどして水分を部屋にためないなどの方法があります。
また、最近では「真空ガラス」のように結露を防いで断熱効果があるガラスも出てきているので、窓ガラス自体を変えるという方法も1つの手段と言えます。
春になる前こそ、ご自宅の窓に結露がないか、また結露によるカビができていないかを一度チェックしてみるといいでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼