最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

不思議なガラス

実はガラスは、液体のような性質を持った固体だと言うのをご存知でしたか?元々、ガラスは「固体なのか?」「液体なのか?」で意見が分かれるほど、謎の多い物でした。そして現代でも、まだまだガラスの不思議はたくさんあります。そのため、今回はガラスの性質について、ちょっとした豆知識をご紹介したいと思います。

【ガラスは燃えるの?】
まずはこちらの疑問。ガラスは燃えるのか?についてです。結果から言うと、ガラスが燃えるようなことはありません。先ほど述べたように、ガラスは液体の性質も持っています。そのため、燃えるというよりは「溶ける」という表現が正しいと言えるでしょう。

【ガラスはなぜ透明なの?】
ガラスは元々、珪砂(けいしゃ)という砂を使用して作られています。そして珪砂は、水晶と同様の成分でできているのです。こちらの珪砂は溶かした後に、冷まして固めると結しょう構造が崩れます。そのため、遮るものがなくなったことで、水晶よりも透明な物となり、ガラスが完成するのです。

【ガラスが割れる原理とは?】
実はガラスは、最初から目に見えない程の小さな傷が、無数にあると言われています。そしてその傷に大きな力が加わると、一気に割れ目が走り、ガラスが割れるのだと言われています。また、ガラスは全体を支えるようにしてバランスを保っていますので、一部が破損しただけでも全損してしまう危険があります。

いかがでしたか?他にも、ガラスに対する素朴な疑問はたくさんあるかと思います。ガラスの特徴を知っておけば、日常生活や災害対策にも有効的な対策が行えるかもしれませんね。また、ガラス修理や交換で疑問に思った際には、業者の方に聞いてみると解決することができるでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼