最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

不均一な熱によってガラスが割れる

ガラスは衝撃で割れることがありますが、熱で割れることがあるのです。ガラスに熱が加わると膨張します。比較的短時間に熱が加わると、加熱されていない側は膨張していない状態になるので、ガラス内に不均一な力が加わって割れてしまいガラス修理が必要になります。耐熱ガラスにではないコップに、急に熱湯を注ぐと割れてしまうのはこのためです。温度差によってガラスが割れてしまう危険性があるのは、窓ガラスにも同じことが言えます。窓ガラスに直射日光が当たると熱で膨張しますが、日光は全体的に均一に当たるわけではありません。特にガラスを固定しているサッシからの放熱効果が影響して、ガラスに不均衡な力が加わることがあります。このため物がぶつかっていないのに、ガラスが割れることがあるのです。このような現象を熱割れと呼びます。窓ガラスの近くには、外から見えないようにブラインドやカーテンを設置することが多くなりますが、窓ガラスとカーテンの間に熱がこもるため、ガラスの温度が上昇しやすく熱割れが起きやすくなります。そのためカーテンを含め家具を窓ガラスよりも10センチ以上は離れるように設置すると、熱をうまく逃がすことができるので熱割れの予防になります。またエアコンからの風が窓ガラスに直接当たらないように調整することも重要です。窓ガラスが不均一な温度になることを防ぐことで、熱割れを予防することができるのです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼