最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

ワイヤーガラスの有用性

窓は住まいにとっては欠かせない重要なものです。もしも住まいに窓が無ければ、そこで快適に暮らすことは困難でしょう。窓があるからこそ換気をしたり、室内に光を取り入れたりできるのです。しかし窓ガラスはその性質上、強い衝撃や熱が加わると割れてしまいます。割れて飛び散ったガラスの破片を集めるのは意外と大変な作業です。ガラスは透明ですので細かな破片を見つけることは困難です。思わぬ所でガラスの破片を踏んで怪我をしてしまう恐れがあります。また、2階以上の建物で窓ガラスが割れた場合には、階下への破片の落下にも注意が必要です。窓ガラスの破損は、大きな事故に繋がる危険性を孕んでいます。そのため、割れガラスの飛散防止を目的に、ワイヤーガラスが使用されることがあります。ワイヤーガラスはガラス板内部にワイヤーが網目状に入っているガラスのことで、このワイヤーが割れたガラスの破片を支えて飛散を抑制します。このガラスは防火設備として延焼の恐れがある場所の開口部に利用されています。しかし、どんな窓ガラスにせよ、ひび割れや破損が生じている窓ガラスは脆く壊れやすい危険なものです。事故を起こさないためにも、もし窓ガラスが割れてしまったら、早目にガラス修理もしくはガラス交換を行うことをお勧めします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼