ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > フロートガラスよりも強いガラス

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

フロートガラスよりも強いガラス

フロートガラスは、一般的によく使われているガラスになり、一部からは「透明ガラス」と呼ばれています。
多くの窓ガラスで使われているのがこのフロートガラスになりますが、中には、このフロートガラスの代わりにもっと強い「倍強度ガラス」に取り付けられているところもあるようです。
倍強度ガラスとは、フロートガラスよりも耐風圧性に優れ、熱に対する強度は約2倍になっていると言われており、主に高層ビルで使われていることが多いです。また、素板に熱線反射ガラス・熱線吸収ガラスを使うことで、室内の温度が太陽の日射によって上がるのを防ぐことが出来るので、冷房の電気代も抑えることが可能です。
ただし、このガラスもフロートガラスと同じような割れ方になり、強化ガラスのように粉々に割れたりはしないので注意してください。割れたガラスは簡単に手に切傷を負ってしまうほど鋭くなっているので、大変危険だからです。

もし、倍強度ガラスが割れてしまったところがありましたら、早め早めにガラス交換を依頼しましょう。当サイトの「ガラス110番」でも、ガラス交換やガラス修理の相談を承りますので、ご都合が良い時にお問い合わせください。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー