最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

ガラスを素手で触るのは危険です

ガラスは、意図しない衝撃で割れてしまうこともあります。長年の使用で細かな傷が付いて、そこからヒビが広がって割れたり、台風などの突風で飛ばされたゴミなどがぶつかって割れたりすることもあります。また、夏休みでお子様が家にいる時間も増えていますが、遊んでいる時にボールなどをぶつけたりしてガラスを割ってしまうことも多いようです。 ガラスが割れた場合、破片をそのまま放置しておくと、足で踏んづけたりして怪我の恐れがあるので、早めに片付けることが必要ですが、通常のガラスの断面は、鋭利な刃物のようになっています。 ガラスを片付ける際は、軍手をはめて、スリッパを履いてから片付けされることをオススメします。 また、ガラスは細かい破片になって散らばっています。目には見えにくい小さな破片も怪我の恐れがあるため、掃除機を掛けて吸い込んでしまうことが必要になります。 破片については、市町村により回収方法が異なりますから、その点についてはお住まいの地域のゴミ分別ルールをご確認ください。 ここまで片付けてから、ガラス修理の専門業者にご連絡して、早急なガラス交換をご依頼されてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼