最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

ガラスをゴミとして捨てる際には

自分でガラス修理をした後に残った、割れてしまったガラスを放置しておくと誰かが怪我をしてしまうかもしれませんし、そういったことをする意味もないのですぐに片付ける必要があります。このガラスを処分する際には燃えないゴミとして出すように指定している自治体が多いようです。また他にも決まりごとがありますので、自分でガラスを処分するのであればこれらをしっかり守りましょう。まず割れてしまったガラス片を新聞紙などに包んであげます。そうしないと尖った先端でゴミ袋を引き裂いたり、人に怪我をさせてしまったりする可能性があるからです。人を傷つけないようにガラスを包んだ後は、それをゴミ袋に入れます。そしてゴミ袋にはガラスが入っている旨を書いた紙を貼っておきましょう。そうすることでガラスが入っているということが分かりますので、次のゴミを出しに来た人やゴミを回収しに来た人にとって非常に分かりやすくなっているのです。こうしたルールを守って、ガラスは処分しましょう。他人に怪我をさせてしまっては大変です。しかし、こうした作業が面倒だという方はガラス修理から業者におまかせしましょう。ガラス修理を担当している業者はガラスの回収もやってくれますので、皆さまがガラスの処分に悩む必要もないのです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼