ガラス交換・修理ならガラス110番トップページ > ガラスの種類とフィルム

最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

ガラスの種類とフィルム

住宅のガラスですと基本的には5種類に分類されます。

【合わせガラス】
2枚のガラスの間に樹脂を挟んであり割れにくくしたガラスです。
防犯や防音機能を持ったものもあります。

【ペアガラス】
2枚のガラスの間に空気層があり断熱性が高いガラスです。

【フロートガラス】
厚みが均一な一般的なガラスです。

【網入りガラス】
火災の熱で割れてもく連れ落ちないガラスですがフロートガラスよりは強度が低いです。

【強化ガラス】
フロートガラスの約3~5倍程度の強度がありますが尖ったもので叩くと割れてしまいます。

また、これらのガラスにフィルムを貼ることで、割れた時の飛散防止ができ、安全性を高めることが出来ます。
さらには赤外線防止やエアコンの省エネ効果などもあります。

小さい窓ガラスであればフィルムを貼るのは簡単なのですが、窓ガラスに合ったフィルムを選ばないと逆に熱により割れてしまう熱割れというのが発生してしまう恐れがあります。
また、大きめのガラスですとシワや気泡ができやすく難しいと思いますので、綺麗な仕上がりを望むのであればやはりプロの業者に頼むのが一番かと思われます。

小さいお子さんがいる家庭ですと、注意して見ていても思わぬ事で割れてしまったなんて事がよくあります。
そんな時にフィルムがあるのと無いのとでは安心感が段違いになるのではないでしょうか。
用途に合わせたガラス、ガラスに合ったフィルム。
今一度ご自宅のガラスを見なおしてはいかがでしょうか。

ガラス交換・修理ならガラス110番にお任せ!
通話
無料
0120-127-008 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー