最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

ガラスの処分方法について

ガラス交換をしないといけないほどにガラスが割れてしまった時には、その割れたガラスを処分しないといけません。放っておくとガラスでケガをする人が出てしまいます。割れてしまったガラスは鋭くなっていますので下手に触ると傷ができてしまいますのでご注意ください。今回はそのガラスの処分方法についてお伝えいたします。自治体によって違っていますが、基本的にはガラス片は燃えないゴミとして出すところが多いです。その出し方が一般的な燃えないゴミとは違っていますのでご注意ください。まずガラス片を新聞紙やいらない布などで覆います。これをやらないとガラス片がゴミ袋を突き破ってしまうからです。ガラス交換が必要なほどに割れたガラスですので、凶器に近くなっています。覆ってカバーをしてあげないとゴミを回収する人や他の人がケガをしてしまうかもしれません。それを防ぐための対処です。またガラスが入ったゴミ袋であることを示すために「ガラス片が入っています」などの張り紙をしてあげるとより分かりやすいです。処分の際にも慎重になってくれるでしょう。こうした対処が面倒だということでしたら、ガラス交換を扱っているガラス屋におまかせください。皆さまが面倒だというガラスの処分もしっかりやってくれるかと思います。安全についてしっかり考えた処分方法で扱いますので安心しておまかせください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼