最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

ガラスに良くある勘違い

網入りガラスを防犯目的で使用している方がいますが、この使用方法には大きな誤りがあります。網入りガラスの耐久力は一般的なガラスとあまり変わらず、むしろ網が入っていることにより、独りでに割れてしまうことがあるのです。この「何もしていないのに割れる」という現象は、網とガラスの温度変化の差によって生じます。網の部分である鉄が温まり、ガラスは冷えたままだと、熱膨張によってガラスが割れるという現象が生じるのです。では、なぜいたるところに網入りガラスが設置されているのでしょうか?その理由は消防法に起因します。消防法の適応地域の場合、条件によって網入りガラスなどによる防火対策が義務付けられています。網入りガラスには、熱や軽度の衝撃によって破損したガラスの飛び散りを防ぐ役割があり、延焼などのリスクを下げる効果があります。そのため、安全性で言えば普通のガラスよりも若干マシではありますが、大きく割れてしまった場合は普通のガラスと同じですし、中の網も簡単にねじ切ることができますので防犯対策には不向きでしょう。防犯対策でオススメなのが防犯ガラスです。防犯ガラスには種類やグレードが豊富に存在するため、目的と費用から自分に合ったものを選びやすくなっています。強化ガラスや複層ガラスは、一般的なフロートガラスよりも耐久力が非常に高く、飛び散りも少なくなるため、破片による住人の怪我といった二次被害も防ぐことができます。防犯対策をお考えの時は、ガラスにも目を向け、ガラス交換の際には、ぜひ当社をご利用ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼