最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

ガラスに潜む危険

ガラス交換はなかなか一人ではできません。特に女性はガラス交換を自分で行うことが出来ないために、ひび割れなど、本来すぐに交換しなければならないものがあってもそのままにしていることも多いかもしれません。 しかしこうした異常のあるガラスをそのままにしておくことは、様々な危険を招く原因になります。 例えばこれから増える台風。ひび割れたガラスは非常に脆く、そのままにしておくと台風で飛んできた物がガラスに当たり、すぐに破れてしまう可能性があります。台風通過中はすぐに修理が出来ないために雨風が家に入って危険です。 また、防犯的にもひび割れたガラスは良くありません。 「割れ窓理論」をご存知ですか?割れた窓をそのままにしていると、誰にも関心されていないものと思われ、その周りにある窓まで壊されるといった理論です。この理論には実験例があります。 窓が割れた状態でそのままにしてあると、その周辺ではまずポイ捨てが始まり、そこから大きな犯罪に繋がっていくといった実験結果があります。 日本で行われていない実験ですが、割れた窓がそのままになっている家はどう見ても印象が暗く、 犯罪を助長しやすくなります。ましてやひび割れで脆くなった窓を割られてしまったら、空き巣などの犯罪者に都合良く家に侵入されてしまいます。もしもご自宅のガラスがひび割れてそのままになっていたら、早急にプロにご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼