最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

もしもガラスで怪我をしてしまったら

ガラス交換が必要なほどにガラスが割れてしまった場合、そのガラス片で怪我をしてしまうかもしれません。こうしたことを起こさないためにも割れたガラスには下手に触らない方が良いのですが、もしも触れてしまって怪我をしてしまった場合にはどのようにすると良いのでしょうか。今回はその点についてご説明いたします。ガラス交換をしないといけないくらいにガラスが割れてしまったということは、ガラス片は大きなものと小さなものがあることでしょう。もしも小さなガラス片が沢山刺さってしまった場合には、その場で抜かずに病院へ行きましょう。大きな破片が刺さった時にも抜いてはいけません。特に大きなガラス片の場合は深く突き刺さっている可能性がありますので、抜いた途端に出血する場合があります。すぐに病院へ直行しましょう。ガラスの場合は刺し傷だけではなく、切り傷もあります。こちらは浅い傷と深い傷の場合がありますので、状況によって対応を変えないといけません。浅い傷の場合は軽く押さえて止血をして、滅菌ガーゼや消毒液を使って傷口を細菌から守りましょう。もし出血が止まらない場合は病院へ行きます。深い傷の場合は迷わずに病院へ行かないといけません。その前の応急処置としては、傷口に滅菌ガーゼを強く当てて止血をします。ガラス交換をしないといけないくらいにガラスが割れ、それよって怪我を起こすとこのように出血などの大変な事態になりますので、まずは下手に触らない方が良いでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼