最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

ひびの入ったガラスは早めの交換を

住宅の窓や家具、自動車などガラスは様々なところで使われています。用途によって選ぶことができ、打撃に強い防犯性の優れたガラスや、熱に強く火災時の対策になるガラスなど、様々な種類があります。どんな場所のガラスにも共通で言えることですが、ひびが入ったまま放置しておくことは危険です。例えば、食器棚のガラス戸にひびが入っていたとして、毎日開け閉めしているうちに耐久性が弱まり、ある日閉めた途端に割れてしまい、飛び散ったガラスで怪我をするなんてこともありえます。また、自動車にも同じことがいえます。自動車に乗っているとフロントガラスに飛び石が当たるなんてことがあります。自動車はいろいろな道を走り振動が地面からの振動が直接伝わります。すると、気づかないうちにひびは大きくなり、ちょっとしたきっかけで割れてしまうことがあるのです。特に運転席や助手席はフロントガラスと顔の位置が近いため、怪我だけじゃ済まなくなることもあり得るのです。また、怪我の危険性だけではなく、防犯の観点から見ても危険性があります。窓ガラスのひび割れを放置しておくと、それを見つけた空き巣に防犯対策を怠っていることをアピールしてしまいます。空き巣は事前に狙う家を下調べするため、少しでも付け入りやすい場所があれば、狙われる可能性が高くなってしまいます。ひび割れを放置しておくと様々な面で危険があるのです。ガラスのひび割れに気付いたときは、早急にガラス屋に依頼し、ガラス交換やガラス修理をしてもらいましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼