最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

どうやってガラスを処分するのか

ガラス交換を終えた後には割れたガラスの処分をしないといけません。こちらは皆さまを担当する業者が処分をしますので、皆さまは特に何かをされる必要はありません。割れたガラスに手を触れるのは危険ですし、大きなガラスが残っている場合にはそれを小さくすることもありますので余計に怪我をする可能性が高くなります。またガラスを処分する際には、ただゴミ箱に捨てるといった方法ではダメです。割れたガラスは不燃ゴミとして処分しますが、その時には新聞紙や布などで割れたガラスを覆わないといけません。そうしないとゴミ袋がガラス片で切り裂かれてしまいますし、ゴミ袋を持ち上げた皆さまにそれが突き刺さることもあり得ます。他の人が触れた時に怪我をさせる、他の人が出したゴミ袋を破いてしまうといったリスクが考えられます。そのために自治体ではガラス交換後の割れガラスの処分について、ちゃんと布で覆ってゴミ袋に「割れたガラスが入っている」といった旨の張り紙をする必要があるといったところもあるのです。こうした作業が大変だということでしたら、ガラス交換などの業者におまかせください。ルールを守って、割れたガラスを処分してくれるでしょう。皆さまが自分を傷つけたり、他人を傷つけたりといったことがないようにするためにもおまかせしてしまいましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼