最新情報・レポート

ガラストラブルに関する最新情報やレポートをご紹介いたします。ガラスに関する情報を皆様にわかりやすく配信していきます。

「熱割れ」は突然起こります

家に帰るとお部屋の窓ガラスが「突然割れていた」と言う経験はございませんか?これは周りのゴムが劣化して、躯体の歪み等が原因で割れる場合があります。又、「熱割れ」が原因で割れる事もあります。特に網入りガラスは普通のガラスに比べて熱割れしやすい構造だと言われています。 では、熱割れとは一体どのようなものでしょうか。
窓ガラスのうち日光が直接当たる部分は、吸熱して高温になって膨張します。その一方でガラスの周辺部はサッシに呑み込まれているので日光を受けず、サッシや躯体へ放熱される為、低温のままで膨張しないです。高温部の熱膨張を周辺部は拘束する状態になるので、ガラス周辺部に「引張応力」と言う引っ張る力が発生しています。これが直接当たる部分と周辺部との温度差に比例して、ガラスのエッジ強度を超える力が発生すると、ガラスが破裂してしまいます。
この現象を一般的に「熱割れ」と言います。熱割れは物理現象によるものなので、完全に防ぐ事はとても難しいです。更に施工状態が悪く、エッジ強度が低下している際には熱割れが起きやすくなります。熱割れが起きるのには、日影の状態やカーテンの有無、サッシ取り付け状態やガラスの大きさによっても異なります。
熱割れは突然起きるものなので、ビックリされる方も多いと思います。ガラス交換の際には当サイト「ガラス110番」で何かお役に立てたら幸いです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください! 0120-127-008
  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼