神奈川県対応の弊社加盟店のご紹介

便利屋アームズ神奈川支店
便利屋アームズ神奈川支店は、神奈川を中心としたガラスのトラブルについて広く解決をしている工事業者です。ガラスのトラブルと一言にいっても様々な事柄があります。割れてしまったという問題はもちろんのこと、ヒビが入ってしまった、色が変わってしまった、汚れてみえて汚い、といった具合に人の数だけそのトラブル内容は様々です。その時々のトラブルに正確に対応した処置が必要となってきます。素人目でうちは大丈夫だからと考えているのは危険かもしれません。ガラスも結局は物ですので劣化をしているということもありえます。目で見えているところでは大丈夫に見えたとしても実は見えないところでダメージを受け続けているということもありえない話ではありません。不安な点などがあれば少しでも早く事前に業者に相談することをおすすめいたします。
有限会社松井自動車工業
有限会社松井自動車工業は自動車の板金塗装に加えガラスについての対応も多く受け付けている業者です。車のガラスのトラブルで車上荒らしがあります。車のガラスを割られてしまい、そこから車に侵入、物品を取られてしまうといった具合です。車のガラスにも防犯ガラスがあります。割れにくいものに加え万が一の場合において割れてしまったら危なくないようきれいに粉々になるものです。車の防犯としてハンドルロックや防犯ブザー、最近だと車載レコーダーといったものもおおくありますが、まずは侵入経路になってしまうような窓から固めていくということも大事なのかもしれません。車の窓って交換してもらえるのかというようなご相談やご質問もお気軽に業者にしていただくことを強くお薦めいたします。備えあれば憂いなし。対策をしておいて損になるということはないのです。
建ファーストビルド
建ファーストビルドは神奈川を中心としたガラスのお困りごとの相談を受け続けてきた会社です。ガラスの問題はもちろんのこと、それに関わる施工や補修についても広く解決してきました。ガラスはとてもデリケートなものです。素人が簡単に扱っていいものではありません。化学製品なので相応の知識に基づいた扱い方が必要になってきます。扱い方を一歩間違えるだけでケガのもとになってしまったり、重さもあるものなので非常に危険な凶器ともなりうるものです。正しい扱い方を心得てからでないと取り扱うことは非常に危険です。個人でDIYをされようとする方もごくまれにいらっしゃいますがとても危険な行為です。絶対にやめましょう。窓ガラスなどの交換が必要な際には専門の知識を持った工事業者に依頼することをお勧めします。個人では判断しかねる部分についても助けてくれることでしょう。
神奈川県のガラス修理交換サービス

神奈川県の二重窓ガラス普及率は?その効果について

神奈川県は日本の中間地点に位置する県ですが、意外にも台風の上陸数が多い都道府県ランキング10位の県です。神奈川県は台風による災害に無縁な県だと思われがちですが、このような統計結果から、しっかりと台風による災害に備えていかなければなりません。対策の一つとして挙げられるのが、窓の整備、修理、交換です。台風シーズンの到来の前に、割れそうな窓は、しっかりと修理、交換をしておきましょう。しかし、このように修理、交換を行っても勢力の強い台風の前では割れてしまって大きな被害を被ることもあります。そのためには空き巣対策などに使われる外側に貼るタイプの防犯フィルムが効果的です。空き巣対策商品としてガラスの間にフィルムを埋め込む防犯ガラスという物もありますが、台風などの衝撃に弱いため、外側に貼るフィルムタイプを使用したほうが良いです。また、窓を二重窓にするのもオススメです。強力な防音効果、空き巣対策としても使われるため、台風対策にもバッチリです。元から設置されている窓と新しく取り付ける窓の間に空気層が出来、熱が伝わりにくくなるため、これによる断熱効果もあります。窓は住まいの中で一番熱が出入りするため、二重窓にすることによって、夏は蒸し暑く冬は寒い神奈川県でも、夏は涼しく冬は暖かく快適な生活が送れるのです。また、窓の断熱性を良くすることで、結露対策にもなります。最近は何枚もの板ガラスを重ね、その間に乾燥空気、アルゴンを封入、または真空状態にしてさらに板ガラスを重ねて1ユニットを形成する「複層ガラス」が先進国で普及され始めています。これを使用することにより、さらに強力な台風対策、断熱、結露、空き巣等の対策となります。地球温暖化対策としてエアコン等エネルギーを使用しない断熱対策が求められる現代ですが、なんと、強力な断熱対策ができるこの複合ガラスの日本の普及率は先進国最低ラインなのです。神奈川県においても二重窓ガラスの普及はまだまだです。単に台風対策としてではなく、エネルギー量を減らすことによって地球温暖化対策になったり、エアコン等の使用率を減らすことで家計に優しくなるため、是非この機会に「窓」について改めて考えてみましょう。

ガラス110番の神奈川県地域における対応エリアについて

  • 横浜市鶴見区
  • 横浜市神奈川区
  • 横浜市西区
  • 横浜市中区
  • 横浜市南区
  • 横浜市保土ケ谷区
  • 横浜市磯子区
  • 横浜市金沢区
  • 横浜市港北区
  • 横浜市戸塚区
  • 横浜市港南区
  • 横浜市旭区
  • 横浜市緑区
  • 横浜市瀬谷区
  • 横浜市栄区
  • 横浜市泉区
  • 横浜市青葉区
  • 横浜市都筑区
  • 川崎市川崎区
  • 川崎市幸区
  • 川崎市中原区
  • 川崎市高津区
  • 川崎市多摩区
  • 川崎市宮前区
  • 川崎市麻生区
  • 相模原市緑区
  • 相模原市中央区
  • 相模原市南区
  • 横須賀市
  • 平塚市
  • 鎌倉市
  • 藤沢市
  • 小田原市
  • 茅ヶ崎市
  • 逗子市
  • 三浦市
  • 秦野市
  • 厚木市
  • 大和市
  • 伊勢原市
  • 海老名市
  • 座間市
  • 南足柄市
  • 綾瀬市

神奈川県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年11月16日
    エリア
    神奈川県座間市
    参考金額
    16,000円

    窓ガラスの交換希望のご相談で、見積りもご希望されていました。交換するガラスの種類はフロートガラスで、寸法は縦1,800ミリメートル、横900ミリメートルで、厚さは3ミリメートルとのこと。施工希望日はお客様よりお日にちをご提示していただきました。

  • 受付日
    2016年11月01日
    エリア
    神奈川県座間市
    参考金額
    19,100円

    介護施設の中に飾っていた額の中のガラスが割れてしまったと、職員の方からご連絡をいただきました。ガラスの種類はフロートガラスで、寸法は縦540ミリメートル、横720ミリメートル、厚さは不明。施工希望日は相談して決めたいとおっしゃっていました。

  • 受付日
    2016年08月27日
    エリア
    神奈川県秦野市
    参考金額
    18,519円

    戸建住宅のお客様から窓のサッシの下のガラスを割ってしまったと相談の電話をいただきました。ガラスは縦900ミリメートル横900ミリメートル厚さ4ミリメートルの網なしのすりガラスが1枚とのことで、ガラスの修理を希望されました。

  • 受付日
    2016年08月12日
    エリア
    神奈川県藤沢市
    参考金額
    19,000円

    ガラス交換の概算希望をされるお客様よりお電話がありました。食器棚の観音扉のガラスが割れてしまったようで、ガラスの種類はフロートガラスとのこと。寸法は縦800ミリメートル、横230ミリメートル、厚さは2~3ミリメートルとのことでした。施工希望日については最短を希望されていたとのことでした。

  • 受付日
    2016年07月29日
    エリア
    神奈川県平塚市
    参考金額
    15,000円

    腰窓ガラスの交換のお問い合わせをいただきました。種類はすりガラス、寸法は縦1メートル、横80メンチメートルほどで、厚さは約3ミリメートルだそうです。施工希望日は具体的なお日にちのご希望がございましたが、まずはお電話での概算見積りをご希望されていました。

その他の施工事例紹介はこちら

  • 0120-127-008
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼